2011年4月26日火曜日

すました顔【すましたかお】澄ました顔

何でもないわ、とでも言うかのような表情。取り澄ましたような表情。澄まし顔。

頑張れ【がんばれ】ガンバレ

困難にもくじけず、物事を成し遂げるように、相手を激励するための、呼びかけ。「頑張る」の命令形で、支援・応援の掛け声として最も一般的な表現。

そばから,傍から,側から

間髪を容れずに次の動作に移っているさま。注意をうけてもつい繰り返してしまう様子について用いることが多い。例えば「言ったそばからまた見逃している」のように用いる。

創生期【そうせいき】

物事が初めて生じた時期。当初。「成立」に焦点を置く場合は「創成期」の表記も用いられる。

創成期【そうせいき】

物事が初めて成立した頃の時期。出来上がった当初。発生した最初の頃という場合は「創生期」の表記が用いられる場合もある。

胸が詰まる【むねがつまる】

(1)胸のあたりで食べたものがつっかえ、胸苦しい感じがするさま。
(2)感慨で胸がいっぱいになるさま。感情の昂ぶりを感じるさま。

セシュウム

セシウム(cesium)のこと。ちなみに英語では「cesium」の発音は「síːziəm」で、「シージアム」のように聞こえる。

放射性セシュウム【ほうしゃせいセシュウム】

セシウム(cesium)の放射性同位体。「放射性セシウム」の表記が一般的。なお、英語で「cesium」は「シージアム」のように発音される。

敬意を表す【けいいをあらわす・けいいをひょうす】

相手を敬い、重んじるという態度を表明する。「表敬」「敬意を表する」とも表現する。

扱える【あつかえる】

扱うことができる、という意味の表現。利用や制御が可能である、または、利用や制御が行いやすい、といった意味を表す。

ティーブレイク,tea break

お茶、特に紅茶を飲んでくつろぐこと。仕事を中断してお茶を飲むこと。コーヒーを飲む場合は「コーヒーブレイク」と言う。

コーヒーブレイク,coffee break

仕事を中断してコーヒーを飲むこと。小休止。紅茶を飲んでくつろぐ場合には「ティーブレイク」という。

赫々たる【かっかくたる】赫赫たる

強く光り輝くさま。または、名声や功績、栄華などが華々しい様子を表す表現。

満面の笑み【まんめんのえみ】

口元や目元だけの笑みではなく、顔全体で作る笑顔。心の底から満ち足りていることを示す表現であることが多い。

陰惨な【いんさんな】

暗い雰囲気があり、また、むごたらしい様子であること。凄惨な。「悲惨」「凄惨」とも言う。

省みず【かえりみず】

振り返ってよく考えることをせずに。ろくに顧慮しないで。「省みる」に打ち消しの「ず」を付けた形。

限らず【かぎらず】

前述の状況や条件を受けて、「それだけではない」という事を表すのに用いる表現。連語「限らない」の活用形。

敬意の念【けいいのねん】

敬う心。尊いと思うこと。敬意。なお、「敬意」だけで「敬う気持ち」を意味し、「念」は必要ない。「畏敬の念」などとの混同によるものか。

慎重を期す【しんちょうをきす】

慎重な姿勢で臨むことを強く思うこと。非常に慎重になること。

とめどない,止め処ない

終わりがないさま。際限がないさま。終わる地点である「止め処」がないことを表現する語で、副詞的に用いる場合は「とめどなく」のように言う。

し得る【しうる】

動詞の後に付き、「その動作をする事ができる」という意味を追加する表現。「地震は予測し得るか」などのように用いられる。

一段と【いちだんと】

他と比べた場合にはっきりと相違があるさまを表す表現。特別に。格別に。

衷心より【ちゅうしんより】

心の奥底から、心から、心底、といった意味合いの表現。

惨憺たる【さんたんたる】

見ていられないほど痛々しいさま。「惨憺たる結末」のように用いる。なお「惨憺」は「苦心惨憺」などのように腐心する様も表す。

腰が引ける【こしがひける】

(1)物事に対して消極的になる様子。逃げ腰になる。
(2)ゴルフでスイング時に重心が安定せず腰がぶれる。

切台

(1)物を切るために用いる専用の台。蕎麦の生地を細切りにする「麺切台」(麺切り台)など。
(2)「台盤」と呼ばれる台の長さを半分にした「切台盤」を、誤って「切台・盤」と分割した表現か。

潔さ【いさぎよさ】

未練たらしくなく引き際がよい様子。または、その度合い。

楽しさ【たのしさ】

心が明るく満ち足りる様子。または、どれほど楽しいかという度合い。

順じて【じゅんじて】

一般的には「準じて」もしくは「准じて」の誤用。ある規定・規則を指して、それに則るさま。

術式【じゅつしき】

外科手術の方式。手段・方法により区別される。まれに呪術の方式を指している用例もある。

ターンキー,turnkey

即利用可能であること。完成引渡し式であること。「ターンキーシステム」のような表現で用いられる。

柔和な【にゅうわな】

言動や姿形が穏やかで優しいさま。温厚でおとなしい様子。

圧電【あつでん】piezoelectric

水晶などの物体に圧力を加えると圧力に比例した電荷が生じる現象のこと。圧電効果。