2011年4月25日月曜日

お詫び申し上げます【おわびもうしあげます】お詫び申上げます

謝罪時に、詫び事を述べる表現。公の場で謝罪の意を示す際に一般的に用いる表現。

板につく【いたにつく】板に付く

積み重ねの結果として立場や境遇が似合ってくる、または、ふさわしい技術が身に付くこと。

頻繁に【ひんぱんに】

物事を比較的短期間に複数回繰り返して行うこと。ひっきりなしに行うさま。

未曾有の【みぞうの】

これまでには一度もなかったこと。いまだかつてない。

遅滞なく【ちたいなく】

遅れを生じさせず、期限の範囲内で行うさま。

まい進する【まいしんする】邁進する

目的や目標に向けてひたすらに進めること。

暗澹たる【あんたんたる】

暗くてよく見えにくい様子。タリ活用の形容動詞「暗澹(暗澹タリ)」の連体形。

伝手【つて】

物事を進めるにあたり、頼りにできそうな人物。単に「伝」とも表記する。

行動原理【こうどうげんり】

人の言動の根拠となっている信念や欲望。例えば、損得勘定、仁義、あるいは情欲など。

黙々と【もくもくと】黙黙と

喋りもせすに黙って作業を行うさま。多くの場合は集中して物事に従事するさまを形容する表現として用いる。

抽出日【ちゅうしゅつび】

データの抽出などの抽出作業を行った日。

デマンドチェーン

需要連鎖。顧客の需要という観点に即した生産や販売などの一連の活動。デマンドチェーンの管理・最適化を行う手法を「デマンドチェーンマネジメント」(DCM)と呼ぶ。「サプライチェーンマネジメント」と対をなす考え方である。

売切【うりきれ・うりきり】

(1)「売り切れ」の略記で、品物の在庫がなくなり販売できない状態。
(2)「売り切り」の略記で、在庫をあるだけ販売すること、または、払い戻し等を行わず販売のみ行うこと。

譲受人【ゆずりうけにん】

権利や財産の譲渡において、譲渡をうける客体となる側。譲渡人が譲渡を行う相手。

厳かに【おごそかに】

作法に則っており、威厳を感じさせるさま。形容動詞連用形で、動作を形容する。

関係者各位【かんけいしゃかくい】

当の案件にかかわりのある皆さん。告知などで相手の名前の代わりに用いられる。「関係各位」と表記される場合もある。

関係各位【かんけいかくい】

その事柄に関係する複数の人おのおのに呼びかける丁寧な言い方。通知や一斉に送る手紙などで相手の名前の代わりに用いる。ふつう、「関係者各位」の表現がより一般的な使い方とされる。

せねばならない

そのようにする他ない、しない訳にはいかない、といった意味の表現。余儀なくされる。「せざるを得ない」とも言う。

せざるを得ない【せざるをえない】

そうしないわけにはいかない。サ変動詞について連語となる。「せねばならない」という表現も用いられる。

貴氏【きし】

相手の個人を敬って言う語。貴君、貴殿、貴下などのように用いる。

包合

「抱合」の異表記。主に、言語学において多数の接辞と結合し、一つの文章に相当する意味を含む様子を指す。

雄々しく【おおしく】雄雄しく

形容詞「雄々しい」の連用形。「雄々しい」は力強く勇ましいさま。

発災【はっさい】

災害が発生すること。火災や震災などが起こり緊急事態になること。

歯がゆさ【はがゆさ】歯痒さ

思惑通りに事が運ばない場合などに感じられるもどかしい気持ち。歯がゆい心持ち。

もどかしさ

物事が期待通りに運ばない場合などに抱く、じれったい気持ち。歯がゆさ。

官能性【かんのうせい】

(1)化学の分野において、官能基を有すること。「functionality」訳語で、「機能性」とも訳される。
(2)性的な情欲を掻き立てる感覚的刺激。官能的であること。

新たに【あらたに】

従来はそうでなかった物事を始めるさま。「新しい」を意味する形容動詞「新た」の活用形。

四脚鳥居支柱【よんきゃくとりいしちゅう】4脚鳥居支柱

「鳥居支柱」と呼ばれる樹木を支えるための支柱のうち、柱4本で支えるタイプのもの。他に二脚鳥居支柱、三脚鳥居支柱などの形式がある。

二脚鳥居支柱【にきゃくとりいしちゅう】2脚鳥居支柱

「鳥居支柱」と呼ばれる樹木を支えるための支柱のうち、柱を2本用いるもの。三脚鳥居支柱や四脚鳥居支柱などよりも鳥居の元の形に近い形式と言える。

三脚鳥居支柱【さんきゃくとりいしちゅう】3脚鳥居支柱

「鳥居支柱」と呼ばれる樹木を支えるための支柱のうち、柱を3本用いるもの。二脚鳥居支柱や四脚鳥居支柱もある。

鳥居支柱【とりいしちゅう】

樹木を支えるためにあてがう「支柱」のうち、鳥居の柱と笠木のように木を台形に組む形式。柱を2本用いる「二脚鳥居支柱」の他に、柱を三本用いる「三脚鳥居支柱」、あるいは「四脚鳥居支柱」などもある。

檄似

「激似」の誤りか。「激似」とは非常に(激しく)似ている、そっくりであることを表す俗な表現。他方「檄」は「檄を飛ばす」などというように相手の行動を強く促すこと。

鬱陶しく【うっとうしく】

「鬱陶しい」の連用形。動作や様子について、うるさいとか邪魔であるといった感じを表現する。

力を注ぐ【ちからをそそぐ】

自分の持つ力や精神をそこに集中すること。「注力する」とも言う。

虚壁【きょへき】

何もなく虚しい絶壁。杜甫の律詩「禹廟」に、「雲気生虚壁」というくだりがある。

耐擦傷性【たいさっしょうせい】

擦り傷に強い、すなわち、こすれても傷がつきにくい性質。または、こすれによる傷のつきにくさの度合い。コーティングによって表面硬度を高めることで耐擦傷性の向上を図ることが多い。

前頸部【ぜんけいぶ】

首の前面のあたり。「頚部前面」などとも言う。甲状腺などがある。

ハリーコール,Hurry Call

病院内でのアナウンスで、患者の容態が急変するなどして緊急を要する場合に、院内で対応できる医者を召集するための緊急コール。

日本産紅茶【にほんさんこうちゃ】

日本国内で生産された紅茶。国産紅茶。大分県杵築市産の「きつき紅茶」などが代表的。茶葉の品種としては「べにふうき」「べにひかり」などがある。

きつき紅茶【きつきこうちゃ】杵築紅茶

大分県杵築市を産地とする日本産紅茶。高品質であることが知られていたが、安価な紅茶が輸入されるようになり一時生産が停止された。近年になり再び生産され、評価されている。