スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月 22, 2011の投稿を表示しています

露地物【ろじもの】露地物野菜

露地栽培によって栽培された野菜。ビニールハウスなどで保護・管理せず、自然の気候の中で栽培する。昼夜の寒暖差や風雨などにさらされるが、日光の恩恵などを享受しやすい。

施工業者【しこうぎょうしゃ・せこうぎょうしゃ】

建築工事を手がける事業者を指す言い方。主に発注者や設計者との対比において「実際に工事に携わる業者」という意味合いで用いられる。「施工」は「しこう」とも「せこう」とも読むが、同音異義語が少ない「せこう」の読み方で読まれることが多い。

予震【よしん】

(1)地震において本震の前に起きる比較的小規模な地震。「余震」と区別するために「前震」と呼ばれる。
(2)「余震」の誤記。「余震」は普通、本震の後に本震の震災地付近で発生する比較的小規模な地震。

いかばかりか

「いか」は「如何」で、分量や状態がどのようであるか、という意味。「ばかり」は程度を表す。直接計り知ることのできない事柄について、その程度はいったいどれほどの程度であろうか、と、半ば反語的に問う表現。いかほど。どれほど。

仮埋葬【かりまいそう】

仮の処置として遺体を埋葬すること。いったん土葬すること。後に掘り起こし、火葬して、正式な埋葬地へ納骨するなどの対応がなされる。

当面の間【とうめんのあいだ】

「当面」は目下、さしあたって、といった意味の表現。「当分の間」と同様、具体的な期間を特定せずに期間を示す表現として用いられる。「当面」のみでも同様の意味合いがあり、一般的に「当面の間」の表現は違和感を持たれることが多い。

チャプチェ

春雨を中心とした具材をゴマ油や砂糖醤油で甘辛く炒めた韓国の惣菜料理。「잡채」と表記する。