スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月 14, 2011の投稿を表示しています

私利【しり】

自分の利益のこと、を意味する表現。私利のみを追求しようという欲望は「私欲」「我欲」などと呼ばれる。「私利私欲」という言い方もある。

私利私欲【しりしよく】私利私慾

自分自身の利益だけを追求する身勝手な欲望、という意味の表現。「私利」は自分の利益、の意味、「私欲」は、自分だけが利益を得られるようにしようという欲望、の意味。

なお、同様の意味の表現としては、「我欲」などがある。

弾力的【だんりょくてき】

有る程度の融通を利かせる様子。かたくなにならず、その場の状況に即して柔軟な対応を取るさま。「弾力的に対応する」などのように言う。

余震確率【よしんかくりつ】

大地震で本震が発生した後、余震が発生する確率。「何日後までに、マグニチュード何以上の余震が発生する確率は、何パーセント」という表現形式で発表される。

帰宅難民【きたくなんみん】

公共交通機関が麻痺して帰宅することができなくなっている人々(帰宅困難者)を、戦火などを逃れるために住む土地を離れた「難民」に喩えた表現。

担当相【たんとうしょう】

内閣府に置かれる「特命担当大臣」のこと。「相」は「宰相」の略で「大臣」の意。金融担当相、行政刷新相、などのように各担当部門を付けて用いられる。

予備自衛官【よびじえいかん】

いわゆる非常勤の自衛官。主に自衛官を退官した民間人で、予備自衛官として登録している者をいう。普段は民間人として活動するが、有事の際には防衛力や災害救助の助力として活動する。

救助活動【きゅうじょかつどう】

人命救助のための活動。災害の被災者や遭難者などを何らかの形で助け、危険から保護するもの。特に、救助・救命の訓練を受けた専門家の部隊を「救助隊」という。瓦礫に埋まった人などを発見するため訓練された犬は「救助犬」と呼ばれる。

反射波【はんしゃは】

(1)波動のうち、進行波に対して逆向きに進行する波。現象としては高周波から津波まで、広く見られる。
(2)海洋の反対側にある大陸へぶつかり、跳ね返るようにして押し寄せる津波。例えば、太平洋上でアメリカ大陸に津波が到達し、はね返って、再び日本に到達するような津波が反射波に該当する。

引き波【ひきなみ】

(1)海が引き、水位を下げる現象。津波が来る前兆となる。
(2)推進する船舶の後方に発生する白波。航行の影響で生じる水面波である。

救助犬【きゅうじょけん】

「災害救助犬」の略称。土砂崩れや家屋の倒壊などにより土砂・瓦礫の下敷きになった人を、嗅覚を頼りに探し出すよう訓練されている。主に災害救助隊と行動を共にする。

救助隊【きゅうじょたい】

主に人命救助を目的として活動する部隊。活動内容などによって「災害救助隊」や「山岳救助隊」(山岳遭難救助隊)などのようにも呼ばれる。

全壊【ぜんかい】

家屋のほぼ全部が損壊し、補修による再使用が困難となること。「住家がその居住のための基本的機能を喪失したもの」と定義される。災害などで住家全部が倒壊、流失、埋没、焼失した場合が該当する。家屋が損壊して機能の一部を喪失するさまを「半壊」という。

半壊【はんかい】

家屋などが、半ば損壊した状態のこと。修復すれば居住・再使用が可能な程度に留まるものをいう。大半が損壊した状態は「全壊」、部分的な損壊に留まるものは「一部損壊」、半壊のうち大規模な補修を必要とするものを「大規模半壊」という。

原発回帰【げんぱつかいき】

1980年代~1990年代にかけて世界各地で原子力発電プラントの事故が相次ぎ、安全面の不安からプラントの建設が忌避されていた経緯を経て、「クリーンエネルギーである」という観点などから原子力発電が再評価され、有力な発電手段として再浮上している傾向。原子力ルネッサンス。