スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月 4, 2011の投稿を表示しています

やぶさかでない,吝かでない

ためらいがないさま、むしろ進んで行おうとするさま、などを意味する言い回し。「やぶさか(である)」は、ためらうこと、惜しむことなどを意味し、二重否定の形で遠回しに積極的姿勢を表明する言い方。「やぶさかでない」(吝かではない)とも言う。

離型油【りけいゆ】

離型を促すための潤滑剤(離型剤)として用いる油。たこ焼きなどの食品では、サラダ油、特に炒め油を離型油として使用することが多い。

時宣

「時宜」の誤りか。「時宜」とは、ちょうどよい時期、適当な時期、よいタイミングといった意味の表現。

お断り【おことわり】

「断る」の名詞「断り」に丁寧表現の「お」をつけたもの。主に相手の申し出や働きかけを拒絶する際などに用いられる表現。

ごまん

「ごまんと」で、あり余るほど多く、といった意味の副詞として用いられる。

こんがらがる

絡まった糸や物事の筋道などが、もつれて、ほどけなくなること。「こんがらかる」とも言う。

難発【なんぱつ】

発しにくいこと、発することが困難であること。特に、吃音の症状のうち言葉がうまく出ない「難発性吃音」(なんぱつせいきつおん) と呼ばれる吃音症のこと。その他、植物が発芽しにくいことを「難発種子」と言ったりする。

偽計【ぎけい】

計略をめぐらして人を騙すこと。「詭計」とも言う。偽計により業務妨害を行うことを「偽計業務妨害」と言う。