スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月 2, 2011の投稿を表示しています

おぼこ

あどけなく、幼ない様子。まだ世慣れた感じのしない様子。「おぼこ顔」と言えば雛人形や五月人形において顔立ちがあどけない童顔であることを指す。「おぼこ娘」と言うと処女、男を知らない娘を指す。最近ではおぼこ娘の意味で単に「おぼこ」と言う場合も多い。

金太郎飾り【きんたろうかざり】

五月飾りの一種で、足柄山の金太郎をかたどった人形。童髪、おかっぱ頭、太り肉、まさかりを持っている、といった点をおおむね共通の特徴とする。甲冑を纏った「子供大将」の姿で造形されている場合もある。

外飾り【そとかざり】

五月飾りのうち、戸外に飾るものを指す呼び名。鯉のぼりなど。室内に飾る「内飾り」に対する語。鯉のぼりは戸外に飾るのが一般的だが、最近では屋内に飾る「室内鯉」なども登場している。

内飾り【うちかざり】

五月飾りで室内に飾るもの。外飾りに対していう。大将飾りや兜飾り、鎧飾りなどは内飾りである。外飾りとしては鯉のぼりがある。

有職人形【ゆうそくにんぎょう】

古来の朝廷や武家などの文化、服装や調度、儀式などに基づいて作られた人形。平安時代の朝廷を模した雛人形や、武家の武人や甲冑を模した大将飾りなどを例として挙げることができる。

胡狼

イヌ科の中型動物「ジャッカル」の漢字表記または中国語名。

平和裏【へいわり】

平和な状態のままで。平和のうちに。争いや武力衝突に発展させることなく。「裏」は「盛会裏」などの場合と同様、「~のうちに」といった意味。

お熱【おねつ】

「熱」の丁寧表現。主に、異性やアイドルなどに熱を上げるさまを指す表現として用いられる。

家きん【かきん】

飼われた鳥。「家禽」と書くが、鳥を意味する「禽」が表外漢字であるため「家きん」と表記されることが多い。

愉しむ【たのしむ】

「楽しむ」の異表記。意味は同じだが、特に「愉快な」といった意味を強調する意味で用いられることが多い。

羊駝

「リャマ」の別名。「ラマ」「アメリカラクダ」とも呼ばれる。同属の「アルパカ」を指している場合もある。

ピプラート

「ビブラート」の誤りか。ビブラートは、歌唱や楽器演奏において音を震わすように細かく上下させること。

繁盛期【はんじょうき】

商取引が盛んな時期。商売が繁盛する時期。旅客運送業などでは多客期とも言う。製造業などでは「繁忙期」の表現がより一般的。対義語は閑散期。

冷えた視線

一般的には「冷たい視線」あるいは「冷めた視線」と表現される。いずれも、愛情や友好関係の薄れた、または同情のない冷淡な様子を感じさせる眼差しを意味する表現。

ぶーたれる,ブーたれる

不平不満を漏らす。ぶうぶう文句を言う。人を罵る意味で用いる「垂れ」を使用した「ぶう垂れ」が、動詞化したものか。

阿らない【おもねらない】

人に気に入られようとして媚びたりへつらったりしないこと。名声のために信念を曲げるような行いをしないさまを「世におもねらない」などと表現する。

ローストターキー

七面鳥の丸焼き。ローストチキンに七面鳥を使用したもので、北米のクリスマス料理の定番として知られる。