スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月 26, 2011の投稿を表示しています

インスコ

「インストール」を略した俗な表現。インターネットスラングの一。「早速インスコする」などのように用いる。

逆隣

「逆鱗」(げきりん)の誤りか。「逆鱗」は竜が触れられるのを嫌うというウロコのことで、主君の激しい怒りを買うことのたとえ。最近では上司などの目上の人の怒りを買うことを指す。

ロゼット化【ロゼットか】

葉が広がって地表に接するような姿になったもの。ロゼット(rosette)はもともと「ばら」を意味する語。菜っ葉などの越年草に見られる。寒じめホウレンソウ(ちぢみほうれん草)は、ホウレンソウを「寒じめ」によりロゼット化させたもの。

寒じめ栽培【かんじめさいばい】寒締め栽培

ホウレンソウや小松菜などの菜っ葉類、あるいはイチゴなどを「寒じめ」と呼ばれる手法を用いて栽培すること。ハウス栽培で育てたあと、出荷前に寒気にさらすことで、葉肉の厚みや甘みを凝縮させる。寒じめ栽培で育てたホウレンソウは特に「ちぢみほうれん草」とも呼ばれる。

寒じめ野菜【かんじめやさい】

冷たい冬の空気に野菜をさらす「寒じめ」と呼ばれる栽培技術を使って育てられた野菜のこと。「寒じめちぢみほうれん草」や「寒じめ菜(寒じめをした小松菜)」などがある。

寒じめ【かんじめ】寒締め

ホウレンソウをはじめとする野菜の育成方法で、冷気に晒すことでひきしめること。葉がロゼット化して肉厚になり、うまみも増すという。ちぢみほうれん草(寒じめホウレンソウ)の栽培方法。

なお、「寒じめ」は、「農林水産省東北農業試験場」で考案されており、同試験場は2011年2月現在では「独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター」という名称になっている。

加盟国【かめいこく】

国際機関や国際的な取り決めなどに参加している国。例として国連加盟国、EU加盟国、WTO加盟国、ジュネーブ条約加盟国など。

わんさか

「わんさ」に同じ。たくさん集まっている様子。「人がわんさか居る」などのように用いられる。

饐えた【すえた】

「饐える」の連体形で、「饐えたにおい」の表現で用いられる。腐ったような酸っぱい臭いのするさま。

酢水【すみず】

酢を少量混ぜた水のこと。食材のアクを抜いたり、または色を白く仕上げたりするのに使われる。

粉っぽい【こなっぽい】

小麦粉などを元にして調理した麺やパン、またはスポンジなどについて、生の小麦粉がそのまま残ったままであるような部分があること、または食べた際に、そのような口ざわりや味などがすること。

サイコロステーキ

牛肉などをサイコロ状にしたものを焼いたステーキの総称。多くの場合は、ミンチにした牛ハラミや牛脂などを混ぜ合わせ、結着剤で固めてサイコロ状に成型した肉が使われる。

リファラル

referral。「参照」や「差し向けること」といった意味。小さい診療所と連携して患者を引き受ける病院は「リファラル病院」、病院間連携の仕組みは「リファラルシステム」と呼ばれる。また、Web上で商品紹介ページなどを通じて訪問者を誘導することをリファラルと呼ぶこともある。

バニラ・オイル

バニラ・ビーンズを油脂に漬け込んで香り成分を溶かしたもののこと。バニラ・エッセンスは加熱によって香り成分が飛びやすいため、焼き菓子などの場合にはバニラ・オイルが使われることが多い。

バニラ・ビーンズ

バニラの種子、または種子鞘のこと。バニラ・エキストラクト(バニラ・エッセンス)やバニラオイルの原料となる。

バニラ・エキストラクト

バニラを酒類などに直接漬け込んで作られた香料のこと。いわゆる「バニラ・エッセンス」とほぼ同義であるが、「バニラ・エッセンス」の場合は、人工的に合成されたバニラの香り成分をアルコールなどに溶かしたものを指すのに対して、「バニラ・エキストラクト」は、酒類にバニラ・ビーンズを直接漬けて作ったものの事を指す。

知恵詣り【ちえまいり】

「十三参り」の別名。智恵や知識に関するご利益があるとされる虚空蔵菩薩を詣でること。旧暦3月13日に行われる行事。「知恵もらい」ともいう。

行事食【ぎょうじしょく】

それぞれの年中行事に合わせて食べる慣わしのある食事。四季折々の旬のもの、健康によいもの、神事に由来するものなど、由来はさまざま。桃の節句の菱餅、春の彼岸のぼた餅、大晦日の年越しそば、など。

カウガール

北米の牛飼い業に従事する女性。女性の牧童。または、カウボーイ風の服装をした女性のこと。ファッションを指すことが多い。