スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月 23, 2011の投稿を表示しています

可々

「呵呵」の誤りか。「呵呵」はワッハッハ、カッカッカッといった笑い声を音写した表現。声を上げて大笑いする事を「呵呵大笑」などとも言う。

場当たり的【ばあたりてき】場当り的

物事に直面したとき、そのときの思いつきで対応すること。事前に準備したり計画を立てたりしていないこと。「場当たり」も同じ意味だが、「犯行」を形容する場合に「場当たり的な犯行」と表現されることが多い。

似て非なる【にてひなる】

一見、よく似ているように思われるが、その実は全く異なるという様子を表す表現。「主体性の尊重と放任とは似て非なるものです」などのように用いられる。

良くも悪くも【よくもわるくも】

よい意味でも悪い意味でも。同一の事柄が観点によって好ましいとも好ましくないとも評価できる様子を意味することが多い。「彼の言動は良くも悪くも世間の耳目を集める」などのように用いる。なお、「良かれ悪しかれ」は、より結果に着目して用いられることが多い表現。

浮かばれない【うかばれない】

無念の思いや、つらい苦しい思いなどが晴れない、報われないという情念を表現する語。多くの場合は死霊などの怨めしい思いを表現する際に用いられる。なお、心配事などで気が沈んだ様子などは「浮かない顔」などと表現する。

努力目標【どりょくもくひょう】

目標のうち、達成する可能性は比較的低いものの、達成を目指して努力することを主な目的として設定された目標のこと。対して、必ず達成すべき水準として設定される目標は「達成目標」「必達目標」等と呼ばれる。

クリック感【クリックかん】

マウスやキーボードをはじめとする装置で操作を行った時のカチカチといった手応え。「クリック」はもともとは英語で「カチッ」のような音を表す擬音語。

弧を描く【こをえがく】

まるい曲線の形になること。虹のようにアーチ状になっているさまや、投げた物体が放物線を描いて飛ぶように軌跡が円弧になる様子などを指すことが多い。

貴行【きこう】

銀行を指す二人称で、相手を敬っていう場合の用いる。会社を「貴社」というのと同様。同じく、学校を「貴校」、病院などを「貴院」などと言う場合もある。

並存【へいぞん】

複数のものが相並んで存在していること。「好悪の相反する感情が併存している」などのように用いる。

浮石沈木【ふせきちんぼく】

石が水に浮き、逆に木が水に沈むなどのように、物事が道理とは逆になっているさま。多くの場合は世論について用いられる表現。「石が流れて木の葉が沈む」とも言う。

浮かない【うかない】

心が晴れやかでないさま。心情が暗いさま。外面的にそれと見て取れる表情をしている様子を「浮かない顔をしている」などと表現する。

同機【どうき】

(1)前述の航空機を指す代名詞。会社について「同社」と言うような場合に同じ。
(2)同じ機会。同時。鶏の卵が孵化する際に内・外両側から殻をつつき割ることを「啐啄同機」という。
(3)「同期」の誤り。異なる電子機器間で保存されているデータの内容を等しくすること。

組立【くみたて】

「組み立て」を簡素に表記したもの。一般的には組み立てる作業を指す。「組立式」「組立加工」などのように他の語と併せて用いられることが多い。

チャラい【ちゃらい】

身なりや態度がちゃらちゃらしているさま。主に副詞として用いられる「ちゃらちゃら」を省略して形容詞的に用いる表現。「ちゃらちゃら」は、軽薄な感じ、安っぽい感じなどを表す語。

おのず

「おのずと」で「自ずと」、または「おのずから」で「自ずから」と書く。もともとは「己つ」が転じて「おのず」となったとされるが、現在では「おのず」のみでは用いられない。「自ずと」や「自ずから」は、外部からの働きかけがなくても変化や行動がある様子。

幾千万【いくせんまん】

何千万かの、または、数千万もの。「幾」は数量が定かでなく、「いくつかの」または「いくつもの」といった意味を加える語。