スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月 21, 2011の投稿を表示しています

伽話【とぎばなし】

一般的には「お伽話」(おとぎばなし)の言い方で用いられる語。主に、寝る前に語って聞かせる話などを指す表現。「伽」は寝室での相手をすることを意味する。

低反発【ていはんぱつ】低反撥

反発力が大きくないさま。「低反発枕」のように、枕やマットレスなどの寝具によく用いられる。「体にフィットする」といった意味で用いられていることが多い。

特濃【とくのう】

他のものと比較して特別に濃度が濃いさま。または、味わいが濃厚であるさま。牛乳では「4.5牛乳」などが特濃と呼ばれることがある。またアイスクリームなどでも特濃という表現がしばしば用いられる。

忌垣【いがき】

神社など神聖とされる場所の周りにめぐらせた垣。むやみに乗り越えて中に侵入してはならないとされる。

時間差【じかんさ】

時間的な差。多くの場合、動作のタイミングを少し早める、または少し遅らせることによって、相手の予測をかわす戦略を指す。

破れ屋【やぶれや】やぶれ屋,破れ家

手入れの届いていない、はげしく傷んだ家屋。誰も住まなくなった家屋。弊舎。寺社の場合は「破れ寺」と言う。自分の家のことをへりくだって言う場合に弊舎と表現する場合もある。

弊舎【へいしゃ】

はげしく傷んだ家屋。破れ屋。または、自分の家屋についてへりくだって言う表現。「弊社」は組織を指すが「弊舎」は建物・施設を指す表現。

弊院【へいいん】

病院、医院などが一人称で意味で用いることがある表現。「弊社」や「弊行」と同様、へりくだった表現として用いられるが、「当院」や「当医院」などの語が用いられる場合も多い。

当庁【とうちょう】

官庁などにおける一人称。こちらの庁。銀行が「当行」、学校が「当校」と言う場合に同じく、外部に対する場合に用いられる。施設としての庁舎を指す場合は「当庁舎」とも言う。

足つぼ【あしつぼ】足ツボ

足裏のつぼ。足の裏にはつぼが集中しているとされる。足つぼを押さえるマッサージを「足裏マッサージ」や「足つぼマッサージ」などと呼ぶ。

お加減【おかげん】御加減

「加減」の丁寧な言い方。風呂加減など、相手が味わっているものの加減を指すときなどに用いる。「お加減はいかがですか」などのように言う。