2011年2月18日金曜日

花粉症用ゴーグル【かふんしょうようゴーグル】花粉症対策ゴーグル,花粉防止ゴーグル

花粉症対策用メガネの一種。一般には、メガネよりも全体的にサイズが大きく、顔と密着するタイプのものを指すことが多い。

エルダーフラワー

ハーブの一種。ハーブティーとして利用されることが多い。また、風邪や花粉症の際にも用いられることがある。

スギ花粉症緩和米【スギかふんしょうかんわめい】エピトープペプチド集積米

花粉症対策として研究されている遺伝子組み換え食品のひとつ。口から直接アレルゲンを取り入れる際に起こるとされる経口免疫寛容現象を利用して、花粉症の症状を改善すると言われている。

花粉症用メガネ【かふんしょうようメガネ】花粉症対策メガネ,花粉症眼鏡,花粉症対策眼鏡,花粉防止メガネ,花粉防止眼鏡,花粉症用めがね,花粉症対策めがね,花粉防止めがね

花粉症の対策用として専用に用いられるめがねの総称。主に、花粉が目に入るのを防ぐことを目的としているため、メガネと顔の隙間が少なくなるように設計されているものが多い。なお、顔と密着するタイプのものは、花粉症用ゴーグルなどとよばれる。

フィトンチッド効果【フィトンチッドこうか】

植物が持っているとされる殺菌作用の効果のこと。特に、植物や樹木などを傷つけた際に発せられる揮発性の物質による作用を指すことが多い。

小児花粉症【しょうにかふんしょう】

おおむね15歳頃までに発症する花粉症の総称。成人の花粉症が増えているのと同様に、小児花粉症も増加傾向にあると言われている。

点眼薬【てんがんやく】点眼液

眼球に直接投与する薬剤のこと。一般には目薬のことを指す。なお、鼻に直接投与するものは、点鼻薬と呼ばれる。

鼻洗浄器【はなせんじょうき】鼻腔洗浄器

鼻洗浄をするための専用の器具のこと。花粉症対策として利用されることも多い。

欠陥品【けっかんひん】

欠陥のあるもの、不備のある品、などの意味の表現。

在学証明書【ざいがくしょうめいしょ】

自分が学校に在学していることを証明するための書類。学歴を示すものとして、または学生の身分証明書として用いられる。

家庭ごみ【かていごみ】家庭ゴミ

家庭から排出されるゴミの通称。「家庭系一般廃棄物」に分類される廃棄物を指すことが多い。

家庭系一般廃棄物【かていけいいっぱんはいきぶつ】家庭系ごみ,家庭系ゴミ

ごみ(廃棄物)分類のうち、家庭から排出される廃棄物のこと。いわゆる「家庭ごみ」に同じ。家庭系一般廃棄物に対して、事業所から排出される一般廃棄物(産業廃棄物に該当しないもの)を「事業系一般廃棄物」という。

事業系廃棄物【じぎょうけいはいきぶつ】事業系ごみ,事業系ゴミ

事業活動により排出される廃棄物の総称。「事業系一般廃棄物」と「産業廃棄物」に分類される。事業系一般廃棄物は、事業所から排出されるもので、ごみの内容はおおむね家庭系一般廃棄物(家庭系ごみ)と同様。

就学通知書【しゅうがくつうちしょ】

新たに小学校または中学校に入学する児童の保護者に対して送付される通知書。主に、児童の名前や入学する学校名などが通知される。

国保加入者【こくほかにゅうしゃ】

「国民健康保険に加入している者」を略した表現。「国民健康保険加入者」も同じ。

ペット葬【ペットそう】

ペットの死に対して執り行われる葬式。ペット供養とも言う。

高張提灯【たかはりちょうちん】高張り提灯

長い竿を用いて高く吊るし上げた提灯。祭り、あるいは葬儀において用いられる。

葬祭費【そうさいひ】

葬祭を営むための費用。特に、保険加入者が死亡した場合に保険事業者から支給されるもの。葬祭を行った人に対して支給される。

新築届【しんちくとどけ】 新築届け

建物を新築・改築した際に必要となる届出。届出と通じて住居番号が割り振られ、建物の所在地(住所)が決定する。

協定葬儀【きょうていそうぎ】協定葬

葬儀において、地方公共団体や生活協同組合などが地元の葬儀社と協定関係を結び、割安な料金で葬儀サービスを提供すること。一般的に、地方公共団体であれば当地域の住人、組合であれば組合員とその家族を対象に提供している。

金襴覆【きんらんおおい】金襴覆い

収納容器(骨壷)を包む「覆い」のうち、金糸の刺繍が施されたもの。白覆などに比べて、華やかで荘厳。模様や色合いは多種多様。

白覆【しろおおい】白覆い

収納容器(骨壷)を包む「覆い」のうち、純白を基調としたもの。最も一般的な覆いの一つ。他には金襴覆、黒(キリスト教式)なども一般的。

収骨容器【しゅうこつようき】

骨壷のこと。斎場などでこのように呼ばれることが多い。単に「容器」とも呼ばれる。円筒型が一般的。通常、遺骨を収納した後は、容器は桐箱に収められ、覆(おおい)によって包まれる。

設計書【せっけいしょ】

建築物やシステムに関する構造、形、機能などを定義したもの。図面で表したものを設計図という。

支払総額【しはらいそうがく】支払い総額

商品やサービスの対価、納入した税金、資金援助などにおける、支払い額の合計。

横滑り【よこすべり】

車などが、滑って横方向に移動すること。または、閣僚などが現在の役職を辞任し、同程度の地位の他の役職に就任すること。

貫通石【かんつうせき】

トンネル開通の際に生じた砕石。古くから安産のお守りとして用いられた。最近では、「貫き通す」や「難関突破」などの意味をかけた受験生の合格祈願のお守りとしても人気がある。

100円ショップ【ひゃくえんしょっぷ】100均

店内の商品が原則的に全品100円均一であるような小売店のこと。「100均一」「100均(ひゃっきん)」などと呼ばれることもある。同様の業態として、「300円ショップ」などもある。

妥結【だけつ】

双方の歩み寄りによって利害関係上対立している話に折り合いをつけ、話を取りまとめること。

300円ショップ

100円均一のショップなどと同様に、原則的に店内の商品が300円均一で販売されているような小売店のこと。

花嵐【はなあらし】

桜の咲く頃に吹きつける強い風。または、桜の花が強風によって舞い散るさま。初夏の青葉に吹く強い風は「青嵐」という。ちなみに、「鼻嵐」と書いた場合は荒々しい鼻息を意味する。

暴風【ぼうふう】

非常に強い風。平均風速がおおむね毎秒15~20メートル以上の強い風が吹く場合をいう。直立しておれずに転倒するレベルの風であり、暴風が予想される場合は気象庁より暴風警報が発表される。暴風より弱い風は強風と呼ばれ、注意報が発表される。

強風【きょうふう】

強い風。平均風速がおおむね毎秒10~15メートル以上の場合をいう。春一番などは強風となることも多い。強風が吹くと予測される場合は気象庁より強風注意報が発表される。より強い風は暴風と呼ばれる。

平均風速【へいきんふうそく】

単位時間内に吹いた風の平均的な風速。気象庁では10分間の平均値を用いている。瞬間風速は平均風速の倍程度になることがある。通常、平均風速が毎秒10~15メートル以上の風を「強風」、毎秒20メートル以上の風を暴風と呼び、強風注意報、暴風警報などが発表される。

肉味噌【にくみそ】

豚のひき肉と、粗みじんにした生姜やニンニク、玉葱などの具材を入れて炒め、味噌と砂糖などの調味料で似たもの。茄子の炒め物やジャージャー麺などさまざまな料理に合わせられる。

オロチョン族【オロチョンぞく】オロチョン民族

中国内モンゴル自治区などに住んでいるツングース系の少数民族。オロチョンは漢字文化圏では「鄂倫春」のように表記される。

なお「オロチョン」はサンヨ-食品株式会社の登録商標である。

ラーメンの一種に「オロチョン」の名を冠するものがある。多くは辛味噌を利かせた激辛ラーメンの類であるが、オロチョン族との直接な関連は希薄と見なせる場合が多い。

ねぎソース

粗みじんにしたネギを炒めて砂糖、醤油などを加えて作られるソース。肉料理などにかけて食べる。

粗みじん【あらみじん】粗みじん切り,粗微塵切り

みじん切りよりも幾分、目を粗く刻む切り方。野菜床などに用いる野菜くずなどでは粗みじんにすることが多い。

香味野菜床【こうみやさいどこ】

香味野菜を主に使用した野菜床。野菜床は野菜くずを使用した漬け床のこと。生姜、ニンニク、ネギなどの香味野菜と、ニンジンの皮などの野菜くずを粗みじんにして漬け床にする。鶏肉などを漬ければ、香味野菜の風味や旨みがよく染み込む。

捨て漬け【すてづけ】捨てづけ

ぬか床を作るために、野菜くず(くず野菜)などを漬け込むこと。ぬか床の水分を保ったり発酵を促したりといった役割を持つ。取り出した後は食べずに廃棄される。

くず野菜【くずやさい】屑野菜

人参の皮、キャベツの芯、大根の葉などといった、通常は食べずに捨てるような野菜の部分のこと。ぬか漬けなどにおいて、ぬか床の水分を保つためなどの「捨て漬け」などに利用されたり、細かく切り刻んで野菜床などに使われたりする。

オロチョンラーメン

「利しり」が提供するラーメンの商品名。

「オロチョンラーメン」の語は同店経営者の登録商標(第4679159号)であり固有名である。なお「オロチョン」単体ではサンヨ-食品株式会社の登録商標(第1969722号)である。

捕殺【ほさつ】

捕獲した上で殺すこと。「保健所による野犬の捕殺」「調査捕鯨におけるクジラの捕殺」など。

反捕鯨団体【はんほげいだんたい】

捕鯨に反対し、商用捕鯨や調査捕鯨などの捕鯨活動を中止すべきだと主張している団体。

磁気嵐【じきあらし】マグネティックストーム

地磁気が太陽フレアによるコロナ質量放出などの影響を受けて攪乱される現象。太陽嵐の発生に伴って生じることも多い。磁気嵐は通信システムや送電システムに悪影響を及ぼす可能性がある。他方、各地では美しいオーロラが観測される。

太陽嵐【たいようあらし】ソーラーストーム

太陽が大規模なフレア(太陽フレア)を発生させた際に発生する、多量の電磁波や粒子線の放射、コロナ質量放出。太陽活動の極大期に見られる。地球上に到達した場合には磁気嵐を引き起こすなどして無線通信システムなどに影響を及ぼす懸念がある。2003年に大規模な太陽嵐が観測されている。

青嵐【あおあらし・せいらん】

初夏の青葉の頃に吹く、やや強い風。青葉に吹き付け、青葉を揺らす風。

花信風【かしんふう】

初春に吹く風。「信風」は季節風のことで、花の咲く季節が来たことを告げる風の意。春のあたたかな陽気のもとに吹く風を「光風」とも言う。

東風【こち・こちかぜ】

東から吹く春風。春の朝方に吹く東風は特に朝東風という。ちなみに春一番は南風。

春三番【はるさんばん】春3番

俗に、その年に3番目に吹いた春一番と同様の風。または、桜の散り頃に吹く強風。春一番は、その年初めて吹いた南よりの強い風。春一番は正式な気象用語だが、春二番、春三番などは俗な呼び名。

春二番【はるにばん】春2番

その年の春一番が吹いた後に再度吹いた、春一番と同様の、南よりの強い風。春二番は俗称であり、春一番のような正式な気象用語ではない。3番目に吹く風を春三番ということもある。

カルピスバター

カルピス食品工業で発売されているバターのこと。

春一番【はるいちばん】春1番

おおむね立春を過ぎた頃に吹く、その年初めての強い南風。気象庁では春から春分までの間に吹く南よりの風としている。春一番と同様の強い風が続けてきた吹いて来た場合には、春二番、春三番などと言う場合がある。

吃音矯正【きつおんきょうせい】

吃音症(どもり)を矯正するための治療や訓練の総称。

キャスティングボートを握る【キャスティングボートをにぎる】

政党の勢力争いにおいて、二大政党の勢力が同程度で拮抗している場合、少数議席の党派がどちらの陣営につくかによって政局が左右される状態。その少数党派がキャスティングボートを握っていると表現される。

キャスティングボート

多数決において相対する勢力が拮抗している場合に、どちらかに決定する力や権限。最近では、政界における政党の勢力争いで、少数議席の政党がどちらの陣営につくかで政局を左右する、といった状態を「キャスティングボートを握る」などと表現する。

内輪揉め【うちわもめ】内輪もめ

同じ集団や団体、または政党などに所属するメンバー同士での揉め事の総称。内部抗争、内紛、お家騒動。

どん詰まり【どんづまり】ドン詰まり

何かに行き詰まること、完全に行き詰まって前に進むのが難しくなること。

党執行部【とうしっこうぶ】

政治政党などにおける執行部のこと。

政界再編【せいかいさいへん】

既存の政党の離散や集合が行われ、政界における勢力が編成しなおされること。

お家騒動【おいえそうどう】

企業や家族、または政党などにおける内部抗争の総称。元来「お家騒動」は江戸時代において大名家の内紛を指す言葉であったが、現代でも比喩的に用いられることが多い。

風通しが悪い【かぜとおしがわるい】

風の通りが悪い、または、比喩的に、組織や団体などにおいて個人の意見が言いにくい雰囲気がある、などの意味の表現。

風通しを良くする【かぜとおしをよくする】風通しをよくする

マンションや一戸建てなどといった住宅において、風の通りを良くして空気の入れ替えをしやすくすること。または、組織や団体などにおいて、様々な人の意見が通りやすくすること、個人が自分自身の意見を言いやすいような雰囲気などを作ること。

免震レトロフィット【めんしんレトロフィット】

既存の建物に免震装置を設置して免震化すること。古い物を改造して新式にすることをレトロフィットという。

レトロフィット

古くなった、あるいは劣化した機械や装置を改造して新式の技術を組み込むこと。既存の建物の基礎部分に免震装置を設置して免震構造にすることを「免震レトロフィット」という。

免震装置【めんしんそうち】

免震化のために設置される装置。対象となる建物や美術品などの基礎・土台部分に設置し、地震が来ても揺れが対象に直接伝わらないようにする。なお、免震と耐震、制震の違いは、免震が地震の揺れを直接受けないようにすること、耐震が地震に負けないよう強化すること、制震が地震の揺れを吸収して制御すること、といった点にある。

制震化【せいしんか】制振化

地震の揺れを受けても、揺れの力を抑えることで被害を低減する構造を取ること。横揺れの振動を吸収する技術などにより実現される。基礎部分に取り付けた装置により地震の揺れを直接には受けないようにすることは「免震化」、構造そのものを強化して倒壊を防ぐことは「耐震化」という。

耐震化【たいしんか】

地震を受けても倒壊しないように構造を強化すること。地震の揺れを免れる構造をとることは「免震化」、揺れを受けても抑える構造をとることは「制震化」という。

免震化【めんしんか】

基礎・土台部分と地面との間に揺れを吸収する装置を置き、対象物が地震の揺れをなるべく受けないようにすること。なお、地震を免れるようにする免震化に対して、地震を受けても倒れないよう強化することは「耐震化」、地震により受けた揺れを抑えるような構造をとることを「制震化」という。

下積み時代【したづみじだい】下積時代

まだ名前も売れておらず、下働きや見習いをしている時代。俳優・女優の下積み時代は「大部屋時代」などとも言う。

鳩首協議【きゅうしゅきょうぎ】

人々が実際に集まって協議をすること。この場合の「鳩」は「集める」という意味。「集める」という意味で「鳩」という漢字が使われている他の表現としては「鳩合(糾合)」などがある。

下積み時代【したづみじだい】下積時代

まだ名前も売れておらず、下働きや見習いをしている時代。俳優・女優の下積み時代は「大部屋時代」などとも言う。

大同団結【だいどうだんけつ】

細かな意見の食い違いや不一致などは差し置き、派閥や党派などの違いを超えて、一つの共通の目的の元に結束したり、糾合したりすること。「大同団結する」などという具合に使われる。

糾合【きゅうごう】鳩合

志(こころざし)や目的などを同じくする人々を広く集めること、などを意味する表現。団結、結束、結集。「推進派の勢力を糾合して取り組む」などのように言う。

分裂状態【ぶんれつじょうたい】

分裂した状態、一つのまとまりのあるものやグループなどが、実際には分裂したも同然の状態に陥っていること、などを意味する表現。

分党【ぶんとう】

政治政党などを複数に分割すること。特に、主義主張の不一致などから分裂してしまうことではなく、主義主張が一致している派閥やグループごとに意図的に分割することなどを幅広く指す表現。

大部屋時代【おおべやじだい】

俳優や女優などについて、端役などでのみ出演しているような下積み時代のこと。下級の出演者には大部屋が楽屋として割り当てられることから、このように呼ばれる。

大部屋俳優【おおべやはいゆう】

端役などでのみ出演している余り売れていない俳優のこと。下級の俳優や女優には一まとめに大部屋が楽屋部屋として割り当てられていたことから、このように呼ばれる。女優の場合は、大部屋女優と呼ばれる。

大部屋女優【おおべやじょゆう】

端役などでのみ出演している余り売れていない女優のこと。下級の俳優や女優には一まとめに大部屋が楽屋部屋として割り当てられていたことから、このように呼ばれる。俳優の場合は、大部屋俳優と呼ばれる。

大部屋女優【おおべやじょゆう】

端役などでのみ出演している余り売れていない女優のこと。下級の俳優や女優には一まとめに大部屋が楽屋部屋として割り当てられていたことから、このように呼ばれる。俳優の場合は、大部屋俳優と呼ばれる。

内閣退陣【ないかくたいじん】

内閣が退陣すること、内閣総辞職が行われること、などを意味する表現。政局などに関して言及する文脈において「3月退陣」などという具合に使われることもある。

掴み取り【つかみどり】

掴んで取ること。商品や現金などを掴んで取ることができるようなサービスやイベントなどのこと。

掴み金【つかみがね】つかみガネ,つかみきん

金額の総額や算出根拠などを明示しないままに、漠然と与えるお金のこと。「つかみがね」とも「つかみきん」とも読む。

前例踏襲主義【ぜんれいとうしゅうしゅぎ】

学問や仕事などにおいて、前例の踏襲を第一とするやり方をすること。または、前例踏襲しないやり方を全て退けるような手法や主義のこと。または、前例に問題点があっても、前例となっているということを主な理由として、その改善や改良などを先送りするような考え方のこと。

墨守【ぼくしゅ】

以前からの慣例や習慣などを良く守ること。前例などを堅く踏襲すること。

前例踏襲【ぜんれいとうしゅう】

前例に倣うこと。先例を踏襲すること。

踏襲【とうしゅう】蹈襲

以前から行われているやり方や方針などを引き継ぎ継続すること、前例などに倣い、受け継ぐこと、などを幅広く意味する表現。前例踏襲。

速読トレーニング【そくどくとれーにんぐ】

文章を早く読む「速読」をするためのスキルを身につけるための訓練を行うこと、または、そうした速読のトレーニングのための教材やツールなどのこと。