スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月 16, 2011の投稿を表示しています

粉食【ふんしょく】

穀物を粉状(穀粉)に加工してから食べること。パンやパスタなどは粉食に該当する。粉食に対して粒の状態で食べることを粒食という。日本食において米は粒食が主だったが、最近では米粉パン、米粉ケーキ、米粉うどん、米粉パスタ、といった粉食メニューも多く一般的になっている。

粒食【りゅうしょく】

穀物を粉状(穀粉)には加工せずに食べること。米を米粉にせず米粒のご飯として食べることを指す場合が多い。それに対して、穀物を米粉に加工して食べることを粉食という。

新粉【しんこ】

精白米を挽いて作った米粉のうち、目が比較的粗いもの。目が細かいと、上新粉、上用粉などと呼ばれる粉になる。うるち米の米粉という点では「上新粉」と総称されることもある。

上新粉【じょうしんこ】米の粉

米粉のうち、うるち米(精白米)を挽いて粉状にしたもの。粒子の細かさによって「新粉」「上新粉」「上用粉」と分類され、上新粉は中間程度の細かさのものを指す。うるち米に対して、もち米でできた米粉は「白玉粉」という。

お好み焼き粉【おこのみやきこ】お好み焼粉,おこのみ焼粉

小麦粉をベースに、お好み焼きをおいしく作るための具材や調味料を加えたミックス粉。粘り気を増す山芋粉、だし風味を増すカツオブシやコンブの粉末、などが加えられていることが多い。たこ焼き粉の代わりにたこ焼きを作る材料として使用されることもある。

お受験【おじゅけん】

低年齢の子供の幼稚園や小学校への進学を目指す受験競争。おおむね、当人よりもその保護者が積極的に関わって受験対策を推進するような場合を指す表現として用いられる。

姑息的【こそくてき】

一時的であるさま。間に合わせの。医療においては、疾患の根治を目的とするのではなく症状の軽減や苦痛の緩和などを目的として行われる治療を「姑息的治療」(姑息治療)という。