2011年2月12日土曜日

反旗をひるがえす【はんきをひるがえす】反旗を翻す

今まで従っていた主君や支配者の命に背き、反逆すること。

分をわきまえる【ぶんをわきまえる】分を弁える

自分の身の程や分際を承知して、出過ぎたまねをしない。でしゃばった行動を控える。多くは「分をわきまえたまえ」のように相手に呼びかける形(命令形)で用いられる。

本店所在地【ほんてんしょざいち】

登記上必要な、法人の主たる事務所の所在地。

破産者【はさんしゃ】

破産した者、破産手続開始申立てを行った者。

法的根拠【ほうてきこんきょ】法的な根拠

ある事案に関して、法律が定義していること。どの法律にも該当の事項が記載されていないことを「法的根拠がない」などと言い、法的な強制力がないことを意味する。

問題山積【もんだいさんせき】

片付けるべき問題がとてもたくさんあること。問題が山積みになっていること。

現場主義【げんばしゅぎ】

主張や立脚している考え方が、管理部門ではなく実務部門に根差しているさま。

真っ只中【まっただなか】まっただ中,真只中,真っただ中

それそのものの中にあるさま。場所と時間のどちらについても用いられる。

以上、よろしくお願いします

ビジネスメールなどで結びの言葉として用いる表現。本文内容について相手に改めてお願いする、といった意味を含む。

取り急ぎ【とりいそぎ】とり急ぎ

手紙文などで、ひとまず急いで行うといった意味で用いられる表現。

連絡事項【れんらくじこう】

伝えておく事柄。連絡する内容。

前付【まえつけ】

文書や本などで本文の前に置かれている部分。題字や献辞など。凡例や目次なども前付に該当する。

部署名【ぶしょめい】

業務上、割り当てられた場所や役職の名称。部署の呼び名。

鶴は千年【つるはせんねん】

鶴は千歳まで生きる、長寿の鳥である、というめでたい表現。「亀は万年」とあわせて、「鶴は千年亀は万年」または「鶴亀」などのように、縁起の良い言葉として用いられる。

商売繁盛【しょうばいはんじょう】

商売がにぎわい栄えること。商売が栄えますように、という祈願の文句でもある。「家内安全、商売繁盛」と併せて祈願することが多い。

還暦祝い【かんれきいわい】還暦祝

還暦の年祝い。60歳に行われる長寿の祝い。

長寿祝い【ちょうじゅいわい】長寿の祝い

長寿を祝うこと。またはその祝賀の席。年祝い。

年祝い【としいわい】歳祝い

長寿の祝い。還暦をはじめ、喜寿、米寿、卒寿などの名がつけられている。長寿祝い。賀寿。

願いごと【ねがいごと】願い事

こうなって欲しいと考えている事柄。

お願いします【おねがいします】

相手に依頼する際に用いる表現。「お願い致します」「お願い申し上げます」などとも言う。

お願い申し上げます【おねがいもうしあげます】

相手に依頼などをする際に述べる言葉。「お願いします」に「申し上げる」を加えた謙譲表現で、一段とへりくだった言い方。

貴サイト【きサイト】

相手方の運営するウェブサイトを敬って言う語。貴社、貴校、貴行などと同様。

広域地方公共団体【こういきちほうこうきょうだんたい】広域自治体

広い範囲を治める地方公共団体。都道府県を指すことが多い。

都府県【とふけん】

北海道を含まない広域地方公共団体。規模的または地域的に北海道が対象外である場合、用いられる表現。

幸いに存じます【さいわいにぞんじます】

嬉しく思う、そうしてもらえると助かる、といった意味を丁寧に伝える表現。単に「幸いです」とも言う。

遺伝的体質【いでんてきたいしつ】

親世代から遺伝した体質。

あばれ木【あばれぎ】暴れ木

林業において、隣の木に悪い影響を与える木。周囲の木に比べて著しく成長の悪い木、または成長が良すぎる木、形の悪い木など。間伐の対象にされる。

抜き伐り【ぬききり】

木を間引くこと。間伐。

ウエットシート

水分を多く含んだ拭き取り用の紙や不織布。洗浄液などに浸されている。肌の清拭や掃除など、用途に応じた商品がある。

スギ花粉【スギかふん】杉花粉

スギの木から飛散する花粉。花粉症の多くの割合を占めるスギ花粉症を引き起こす。

花粉予報【かふんよほう】花粉予測

「花粉情報」に同じ。日中および数日間の花粉の飛散状況を推測した情報。

目鼻だち【めはなだち】目鼻立ち

目や鼻の形、および位置。顔のつくり。顔立ち。

顔だち【かおだち】顔立ち

顔のつくり。顔かたち。目鼻立ち。

美青年【びせいねん】

顔立ちや容姿が非常に整っていて美しい青年。

紅顔の美少年【こうがんのびしょうねん】

血色のよい、顔かたちの美しい少年。美少年。

検討材料【けんとうざいりょう】

物事を検討する際に考慮すべき事項。または、検討するに当たり手がかりとなる素案。たたき台。

緊迫感【きんぱくかん】

緊迫した感じ、緊迫した様子、などを幅広く指す表現。

今一【いまいち】イマイチ

余り良くないこと、今ひとつであること、などを幅広く意味する表現。

遮光性【しゃこうせい】

光を透過しない性質、またはその度合い。カーテンでは主要な機能の一つとされる。

お勤め【おつとめ】御勤め

(1)勤めること。任務を果たすこと。
(2)勤務先。
(3)懲役刑を受刑すること。

終宴【しゅうえん】

宴会、祝宴が終ること。婚礼の宴などでは「終る」という言葉を避けて「お開き」など別の表現を用いる。

お開き【おひらき】御開き

会合や祝宴が終ること。終宴。「終る」という忌み言葉を避ける表現。

ご足労【ごそくろう】御足労

来て頂くこと、足を運んで頂くこと、を意味する丁寧な言い回し。

架電の件【かでんのけん】

「以前電話を架けた時に話した内容について」「先ほど電話した件について」などの意味の表現。「架電」は、「電話を架ける」という意味でビジネス現場などでしばしば使われる表現。

牛乳パック【ぎゅうにゅうパック】

牛乳を入れる紙製の容器。主に針葉樹の端材などから作られる。ミルクカートン。

離席中【りせきちゅう】

離席している最中であること、席を離れていること、など広く意味する表現。

個包装【こほうそう】

袋入りのお菓子などで、中身が1個1個包装されているもの。

山くじら【やまくじら】山鯨

イノシシの肉。江戸時代などに用いられた呼び名。獣肉全般を指す場合もある。

輸入先【ゆにゅうさき】

輸入における貿易相手国。すなわち、輸入する商品の原産国。

原糖【げんとう】

精製していない粗精の糖、特にショ糖。粗糖。原料糖。原糖は産地で作られる。

十穀米【じゅっこくまい】10穀米

米や麦をはじめ、10種類の穀物や雑穀をブレンドした米。玄米、赤米、黒米、小麦、大麦、はとむぎ、粟、稗、黍などが主にブレンドされるが、種類は一定しない。5種類の穀物をブレンドした五穀米も一般的。

五穀米【ごこくまい】5穀米

米をはじめ、麦、粟(あわ)など合計5種類の穀物・雑穀をブレンドした米。一般的には米、麦、粟、黍(きび)、豆の5種とされるが、時代などにより異なる。種類を増やした「十穀米」などもある。

原料糖【げんりょうとう】粗糖

精製する前の糖。精製工程を経たものは精製糖、白砂糖などと呼ばれる。

精製糖【せいせいとう】

ショ糖などの糖を精製したもの。粗製品である粗糖に比べて、きめ細かい上品な甘味になる。

純ココア【じゅんココア】ピュアココア

砂糖などを加えていないココアパウダー。カカオマスからココアバターを搾った後に粉末状に加工して作られる。クッキーなどの記事に練りこんで風味を加えたり、ミルクに砂糖と混ぜて飲んだりと活用できる。

ココアパウダー

カカオマスから脂肪分(ココアバター)を搾り取った後、粉末状にしたもの。ココア独特の風味を持つ。砂糖を加えてココア飲料の素にしたり、お菓子の風味付けに用いたりする。

ゼラチンパウダー

粉末状にしたゼラチン。粉になっているため溶かしやすい。料理やお菓子作りで利用される。

降雪量【こうせつりょう】

一定期間以内に降った雪の量のこと。一定時間に降雪した量のこと。

呵々大笑【かかたいしょう】呵呵大笑

大声で「あははは」と笑うこと。「呵々」は大声で笑う様子を形容する表現。

雪質【ゆきしつ】

雪の性質や状態のこと。粉雪、牡丹雪、綿雪などという具合に、雪質に応じて、様々な表現がある。

べた雪【べたゆき】

水分が多く、降った後にすぐにとけて道路などでべちゃべちゃになるような雪のこと。

餅雪【もちゆき】もち雪

水分が比較的多いためくっつきやすく、降り積もった時「雪玉」や「雪だるま」などを作るのに適している雪のこと。

綿雪【わたゆき】わた雪

水分が比較的多く、綿をちぎったような形をもつ雪のこと。

灰雪【はいゆき】はい雪

灰が降って来るかのようにひらひらと降る雪のこと。

粉雪【こなゆき】こな雪

水分が比較的少ない、さらさらとした粉状の雪。

玉雪【たまゆき】たま雪

降って来る時の雪片が比較的丸い雪のこと。

雪化粧【ゆきげしょう】


雪があたり一面に降り積もっている風景や景色のこと。

牡丹雪【ぼたんゆき】ぼた雪,ボタン雪

水分が多くぼたぼたと降るような、雪片の比較的大きな雪のこと。「ぼた雪」とも呼ばれる。