2011年2月10日木曜日

2合袋【にごうぶくろ】二合袋

米が2合入る袋。280~300グラムの米を入れることができる。「2号袋」と表記すると多くはゴミ袋の規格を指す。

払込み【はらいこみ】払込,払い込み

主に預金口座などを通じて、金を相手に納入すること。

注意されたし【ちゅういされたし】注意されたい

注意して欲しい、という意味の表現。注意を促す際に用いる。

三倍返し【さんばいがえし】3倍返し

受け取ったり借りたりしたものを3倍にして返すこと。

取り引き先【とりひきさき】取引先

商業上、取引をしている相手。取引相手。

提供主【ていきょうぬし】

提供を行う主体。提供者、提供元とも言う。

宿泊先【しゅくはくさき】

外泊の際、寝泊りに利用する施設やその提供主。泊まり先。

転居先【てんきょさき】

転居を行う際の目的地。引っ越し先、移転先などとも言う。

移転先【いてんさき】

移転の際の行き先、目的地。転居の際には引っ越し先などとも言う。

引っ越し先【ひっこしさき】引越し先 ,引越先

引っ越しにおける行き先で、引っ越しの目的地となる場所。転居先。移転先。

半熟カステラ【はんじゅくカステラ】凹カステラ

カステラの一種。中身をスポンジケーキ状にせず、半熟卵のようにとろりとしたクリーム状に焼き上げる。濃厚でしっとりとした口当たりが特徴。

群読【ぐんどく】

複数の読み手による朗読。単独での朗読や唱和などを組み合わせることで、迫力や芸術性を生む。小学校の卒業式の呼びかけは群読の行事である。

卒業式の呼びかけ【そつぎょうしきのよびかけ】卒業式呼びかけ

小学校の卒業式などで行われる、卒業生や在校生による群読。「門出の言葉」や「送答の言葉」と言う場合や、単に「呼びかけ」「よびかけ」と言う場合もある。

校歌斉唱【こうかせいしょう】

学校における式典で各校の校歌を斉唱すること。校歌の斉唱。入学式や卒業式、運動会、高校野球全国大会の試合終了後などに行われる。

逆ホワイトデー【ぎゃくホワイトデー】

ホワイトデーに女性から男性にお菓子やプレゼントを贈ること。バレンタインデーに男性から女性へチョコレートなどを贈る「逆チョコ」に対応するもの。

不調法物【ぶちょうほうもの】無調法者

何かと細かいことに気がつかず、配慮の行き届かない者。不調法な者。

申請者【しんせいしゃ】

申請を行う主体となる者。多くの場合は、申請にあたり書面などを提出する者(提出者)と同義。

リンク先【リンクさき】

インターネット上でリンク(ハイパーリンク)が参照するウェブページ。リンクをクリックするとリンク先のページが読み込まれて表示される。飛び先、飛び先ページなどとも言う。

飛び先【とびさき】

主に、インターネット上でリンク(ハイパーリンク)をクリックした際に、コンピュータに読み込まれて表示されるウェブページ。リンク先。リンクをクリックしてページを移る動作は「ジャンプする」などと表現される。

返信先【へんしんさき】

手紙や電子メールなどで返信に用いる宛先。送り手が返信時の宛先として、あらかじめ指定する場合などに用いられる表現。

版元【はんもと】出版元

図書などを刊行、販売する事業者。出版社。

送り元【おくりもと】

配送物や手紙、電子メールなどを送る主体となる側。送られる側は送り先などと言う。

提供者【ていきょうしゃ】

提供を行う側の人。提供元。提供する相手は「提供先」などと言う。

提供元【ていきょうもと】

物や資源などを相手に提供する主体となる側。提供者。提供を受ける側は提供元にとって「提供先」となる。

提供先【ていきょうさき】

資源を提供する相手、宛先。提供を行う主体は提供元という。

配送元【はいそうもと】

物を送り届ける際に送り届ける主体となる側。送り主。送る宛先は配送先、送り先などという。

配送先【はいそうさき】

書類や贈り物を送り届ける宛先。配達先。送り先。送る側となる主体を配送元という。

就職先【しゅうしょくさき】

就職・入社して所属することになった企業のこと。勤め先。勤務先。

送り先【おくりさき】

書類や贈り物などを送り届ける先。送付先。

提出先【ていしゅつさき】

申請書などを提出する宛先。郵送などで提出する場合は送付先とも言う。

振込先【ふりこみさき】振込み先,振り込み先

銀行などで口座振込を行う際に、金銭を振り込む対象となる口座。またはその口座の所有者。

送付先【そうふさき】

書類や品物を送る宛先。送り先。目的によって、申請先や提出先などとも言う。

再配達【さいはいたつ】

宅配サービスなどで、配達先が不在であった場合に、時間をあらためて再度配達すること。

配達先【はいたつさき】

新聞や宅配サービスなどで配達を行う宛先。届け先。配送先。

卒先

普通は「率先」の誤りとされる。率先とは、人に先立って物事を行うこと。

お先に【おさきに】

先んじること。「先に」の丁寧表現。「お先に失礼します」や「お先にどうぞ」などのように、相手についても自分についても用いる。

一足先【ひとあしさき】

通常の流れに先んじて行動するさま。一足先に。お先に。

尖塔【せんとう】先塔

突端(屋根)が細く尖った形をしている塔。ミナレットやゴシック建築の様式などで多用されている。

すっ飛ばす【すっとばす】素っ飛ばす

勢いよく飛ばす。投げたり打ったりした物、あるいは運転する自動車などについて用いることが多い。

ぶっ飛ばす【ぶっとばす】打っ飛ばす,打ち飛ばす

強く打つなどして勢いよく飛ばす。殴り飛ばす。車などを勢いよく走らせる場合などにも用いる。

すっ飛ぶ【すっとぶ】素っ飛ぶ

勢いよく飛ぶ。かっ飛ぶ。または、大急ぎで駆けつけるという意味にも用いる。

先っちょ【さきっちょ】

物の先端の部分。先っぽ。突端、突先などとも言う。

先っぽ【さきっぽ】

ものの先端の部分を指す表現。突先、突端、さきっちょ、尖端などとも言う。

突端【とっぱな】

突き出た先端。先が細く尖った物や地形などの先っぽの部分。突先(とっさき)。

尖った【とがった】とんがった

先端が細くなっており鋭いさま。物の形状のほか、感情を表す表現としても用いる。尖った先端の部分を突先(とっさき)や突端(とっぱな)などと言う。

突先【とっさき】

先端部分。尖っている、または突き出した格好になっているもの。岬など地形でよく用いられる。「突端」(とったん)とも言う。