スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月 9, 2011の投稿を表示しています

特別牛乳【とくべつぎゅうにゅう】

生乳に含まれる細菌の数が少なく、熱殺菌処理をしなくても飲用牛乳として提供可能な牛乳。特別牛乳は「乳等省令」によって規定されている。全く加熱殺菌を行わない生乳を特に無殺菌牛乳という。

無脂肪牛乳【ていしぼうぎゅうにゅう】

成分調整牛乳のうち、牛乳に含まれる脂肪分を除いて乳脂肪分0.5%未満にしたもの。脂肪分0.5%~1.5%程度に調整したものは無脂肪牛乳という。3.5牛乳や3.8牛乳などは、成分調整を行っていない牛乳であり、生乳と呼ばれる。

低脂肪牛乳【ていしぼうぎゅうにゅう】

成分調整牛乳のうち、牛乳に含まれる脂肪分を除いて乳脂肪分0.5%~1.5%程度にしたもの。さらに脂肪分を除いて0.5%未満にしたものは無脂肪牛乳と呼ばれる。成分調整を行っていない牛乳は生乳という。3.5牛乳や3.8牛乳は生乳を使用している。

成分調整牛乳【せいぶんちょうせいぎゅうにゅう】

牛乳のうち乳脂肪分などの成分を調整しているもの。通常は数%ほど含まれる乳脂肪分を1.5%未満にした低脂肪牛乳、同じく入試棒分を0.5%未満にした無脂肪牛乳などをが成分調整牛乳に該当する。3.5牛乳や3.8牛乳などは成分調整を行っていない生乳である。

3.8牛乳

牛乳に乳脂肪分が3.8%含まれる牛乳。同様に3.5%の乳脂肪分を含む3.5牛乳などもある。3.8牛乳や3.5牛乳は生乳と呼ばれる成分を調整していない牛乳から作られる。低脂肪牛乳や無脂肪牛乳といった牛乳は成分を調整したもので、生乳に対して成分調整牛乳という。

3.5牛乳

牛乳に含まれる乳脂肪分が3.5%の牛乳。3.8%牛乳の場合は3.8%の乳脂肪分が含まれていることになる。ふつう3.5牛乳や3.8牛乳は成分を調整していない生乳が使用される。成分を調整した牛乳は成分調整牛乳という。低脂肪牛乳や無脂肪牛乳などが成分調整牛乳に該当する。

アーモンドホール

アーモンドの粒そのままで、砕いたり挽いたりといった加工をしていないもの。英語で表記すれば「Almond Whole」。Wholeは「全体の」といった意味。香ばしさなどを特徴として、お菓子のトッピングなどに用いる。アーモンドは用途などによってアーモンドパウダーやアーモンドダイスなどにも加工される。

アーモンドパウダー,アマンドプードル

アーモンドを細かな粉末状にしたもの。お菓子の生地などに利用される。アーモンドの風味が加わり香ばしさが増す。アーモンドパウダー(almond powder)は英語であり、フランス語名のアマンドプードル(amande poudre)という場合もある。

アーモンドダイス

アーモンドを細かい粒に砕いたもの。お菓子のトッピングとして用いられる。食感と香ばしさを加えることができる。塩は加えない。更に細かく粉末にしたものをアーモンドパウダーという。

塩鶏【しおどり】

鶏むね肉を主に塩味で味付けした料理。シンプルさと手軽さが特徴。2011年2月現在、テレビでも紹介されるなどして人気を博している。

チョコレート生地【チョコレートきじ】チョコ生地,チョコレートの生地

チョコレートの主原料に水を加えて練ったもの。カカオ豆から作られたカカオマスやココアバター、ココアケーキ、またはココアパウダーを原料とし、適宜、砂糖や香料などを加えたもの。カカオ分が全重量の35%以上、水分が全重量の3%以下であるものを「チョコレート生地」と呼び、よりカカオ成分が少ないものは「準チョコレート生地」と呼ばれ、準チョコレートの生地になる。

生チョコ【なまちょこ】生チョコレート

チョコレート生地にクリームや洋酒などが練りこまれたタイプのチョコレート。クリームが全重量の10%以上、水分が10%以上、などの規定に当てはまるものが生チョコと呼ばれる。板チョコなどに比べて繊細であり、賞味期限が短く、形も崩れやすい。形としては石畳チョコなどが一般的。

チョコレートバー

棒状、もしくは板状のチョコレート。板チョコ。あるいは、表面をチョコレートでコーティングしたスナック菓子やキャンデーを指すことも多い。

秋彼岸【あきひがん】秋の彼岸

春の彼岸に対して、秋の彼岸を明示的に指して言う言葉。特に俳句においては、彼岸が春の季語となっているため、秋彼岸という言葉が秋の彼岸を指すために使われる。

低脳

「低能」の誤り、もしくは故意に「低能」を書き違えたもの。能力が低いさま、知能の成育が遅れているさま。

一見すると【いっけんすると】

ちょっと見たところでは。ぱっと見た印象では。「一見」「一見して」とも言う。「一見すると穏やかな物腰だが、その実は激しい性格である」などのように用いる。

それなりに

そこそこは。相応には。問題や不満がないわけではないが、ある程度の満足は得られている様子を表す。

第二次成長

一般的には「第二次性徴」と言い、思春期に身体が発育し成人の体格になることを指す。

白羽の矢【しらはのや】

人身御供の伝説で犠牲者を指名する際に用いられたとされる矢。転じて、多くの人の中から特定の人が指名されることを「白羽の矢が立つ」という。

主宰者【しゅさいしゃ】

ある組織やプロジェクトの中心となっている人物。単に主宰とも言う。催し物を行う際の中心となっている物は主催者と表記する。

波紋を呼ぶ【はもんをよぶ】

周囲や世間の変化、動揺を招く。水に物を投げると波紋が生じるように、影響が周囲に及ぶ様子に喩えた表現。波紋を投ずる。一石を投ずる。反響を呼ぶ。

こんにちわ

日中に交わされる最も一般的な日本語の挨拶。「今日は」に由来しており、通常は「こんにちは」と表記する。