2011年2月8日火曜日

中日【ちゅうにち】

彼岸の期間の真ん中の日のこと。現代では、春と秋の彼岸の中日は、それぞれ春分の日と秋分の日になっている。

彼岸の明け【ひがんのあけ】彼岸明け,彼岸明,お彼岸の明け,はしりくち

彼岸の期間が終わる最後の日のこと。彼岸の期間とは、一般に、春分の日、および秋分の日の前後の3日間をあわせた合計7日間を指す。また、彼岸の期間の真ん中の日は、中日(ちゅうにち)と呼ばれる。

彼岸の入り【ひがんのいり】彼岸入り,彼岸入,お彼岸の入り

彼岸の期間に入る初日のこと。春分の日、および秋分の日の前後3日の合計7日間の一般に「彼岸」と呼ぶ。また、彼岸の真ん中に当たる日を中日(ちゅうにち)と呼ぶ。

初午祭【はつうままつり・はつうまさい】初午祭り

二月の最初の午の日に行われる祭事。全国の稲荷神社で行われることが多い。特徴的なお祭りとしては、馬が足踏みをして踊りを踊っているように見えることで有名な、鹿児島県霧島市の鹿児島神宮の初午祭がある。

恋愛商材【れんあいしょうざい】

コンプレックス商材のうち、女性を口説く、異性にモテる、といった恋愛関連のコンプレックス感情に訴えかける商品やサービスの総称。

コンプレックス商材【コンプレックスしょうざい】

消費者のコンプレックスに訴求するタイプの商材。薄毛を治したい、口臭をなくしたい、やせたい、モテたい、胸が大きくなりたい、といった、感情に訴えかける商品やサービスを指す。異性にモテる方法、口説き落とす方法、といった恋愛関連のコンプレックス商材は特に恋愛商材という。

電気ロースター【でんきロースター】

電化されたロースター。主に魚焼きロースター(フィッシュロースター)を指すことが多い。自動で焼き加減の調整や排気などを行う機能が付いていて、手軽に焼き魚を調理できる製品が多い。

電動鉛筆削り機【でんどうえんぴつけずりき】電気鉛筆削り機,電動シャープナー

電力で駆動し鉛筆を削る機械。昭和の半ばに登場し普及した。

局見世【つぼねみせ】切見世,切店

江戸時代の女郎屋の一種。下級の女郎が短時間の時間決めで相手をするもの。

アパレルメーカー

いわゆるアパレル業におけるメーカー。