2011年1月27日木曜日

中央集権国家【ちゅうおうしゅうけんこっか】

中央集権の体制の国家。「中央集権」とは、統治権および財源が国の中枢機関に集中している体制のこと。例えば古代エジプト王朝、神聖ローマ帝国など。中央集権国家に対して、地方語地に一定の権力が分散されている状態を地方分権という。

大衆芸術【たいしゅうげいじゅつ】大衆美術

ポップアート(ポピュラー・アート)の訳語。1960年代アメリカを中心として世界中に広まった、大衆文化に根ざした芸術の潮流。

大学紛争【だいがくふんそう】

大学闘争に同じ。

営巣地【えいそうち】

鳥が巣作りをする場所や区域。巣の中で雛鳥を育てる。営巣に利用される樹木は営巣木、同じく物体は営巣物という。

可変性【かへんせい】

変えることができること。または、変えることができる度合い。住居について用いることが多い。

双璧をなす【そうへきをなす】

一対の璧(宝玉)。転じて、人や物のことがある物と同じように優れていること。比肩する。勝るとも劣らない。

典型7公害【てんけいななこうがい】典型七公害

環境基本法で公害と定義されている7種類の事象。すなわち、大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、騒音、振動、地盤沈下、悪臭。

全盛期【ぜんせいき】

最も勢いがあり活発である時期。最も盛んな時期。

先の【さきの】

比較的近い過去を指す語。以前の、前回の、さっきの。

二重船殻構造【にじゅうせんかくこうぞう】二重船殻,ダブルハル

タンカーなどで、船底や側壁が二重化された構造のこと。船が座礁したり衝突したりして、船体外部に穴が開いても、内容物を海中に流出させずに済む。

仮面夫婦【かめんふうふ】

夫婦の仲が冷めきっているか、もしくは、不倫のように離婚の理由となる問題を抱えているが、離婚せずに踏みとどまっている状態の夫婦のこと。

健忘症【けんぼうしょう】

「健忘」に同じ。自分のしたことを忘れること。物忘れが多くなること。

些細な【ささいな】

程度がちっぽけであるさま。とるに足らないさま。

モッズコート,フィッシュテールパーカー,青島コート

1960年代前後にイギリスで流行したモッズ(mods)文化で好まれたコート。ラフに着こなせるファッションアイテムの一つとして人気がある。

マスコットキャラクター,マスコット

組織やプロジェクトのシンボルと位置づけられる人や物、キャラクター。「マスコット」は元来、開運のお守りとしての意味を持つ。英語圏では単にマスコットと言う。

ペリー提督【ペリーていとく】

マシュー・ペリーの通称。黒船を率いて日本の浦賀に来航、日米和親条約を締結し、日本の鎖国を解いた。提督と呼ばれるが、正確には「代将」の階級にあったとされる。

ブラウニー,brownie

生地にチョコレートやココアパウダーをまぜて四角い形に焼いたケーキのこと。生地にはクルミなどの木の実が混ぜられることがある。なお、チョコレートなどを使わずに、ブラウンシュガーを使ってブロンド色に焼かれたケーキはブロンディーと呼ばれる。

マンディアン,mendiant

チョコレートを薄く丸く延ばし板状にしたものの上に、ナッツやドライフルーツなどをのせた洋菓子の一種。

アンナトルテ,annatorte

チョコレートスポンジに、オレンジリキュールを含ませて、ヘーゼルナッツクリームを挟み込んだケーキのこと。同様の洋菓子に、アンズのジャムを使ったザッハトルテがある。

ザッハトルテ,Sachertorte

チョコレートスポンジに、アンズのジャムをはさみ、チョコレートで覆ったケーキのこと。アンズのジャムが外側に塗られている場合もある。ウィーンのフランツ・ザッハによって考案された。同様の洋菓子に、オレンジリキュールをしみこませたアンナトルテがある。

シュニッテン,schnitten

切り口、切られた部分という意味のドイツ語。洋菓子で「シュニッテン」と呼ばれる場合、「切り分けられたもの」や「切菓子」などを意味することが多い。例えば、「ショコラーデン・シュニッテン」は、切り分けられたチョコレートのお菓子を意味する。