スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月 21, 2011の投稿を表示しています

方相氏【ほうそうし】

平安時代から続いている「追儺」と呼ばれる鬼払いの儀式の際に、鬼を追い払う役目を負った役職の人のこと。当初は鬼を追い払う役目であったが、次第に鬼として追われるようになり、現代行われている節分の豆撒きの原形となったとされている。

鬼門【きもん】

北東の方角のこと。陰陽道において鬼が出入りするとされる方角のこと。八卦では、丑(うし)と寅(とら)の間の方角であるため艮(うしとら)と呼ばれる。なお、鬼門は常に北東と決まっており、方位神が移動することによって毎年方角が変わる恵方とは異なる。

節分お化け【せつぶんおばけ】

もともとは、節分の当日の夜に行われる厄除けの儀式。通常とは異なった服装で寺社へ参拝する。現代では、節分のイベントとしての仮装行列的な側面が強い。

小括【しょうかつ】

要約(サマリー)といった意味合いで慣用的に用いられる表現。「総括」に対して、部分的、暫定的といった意味合いを含んでいることが多い。

委任契約【いにんけいやく】

業務の処理を委託・承諾が交わされる契約。処理することそのものが契約内容である点が、仕事の完成を契約内容とする「請負契約」と異なる。法律行為の処理を行う契約を委任契約と言い、法律行為ではない処理を行う契約を準委任契約と言う。

啓蒙主義【けいもうしゅぎ】

「啓蒙時代」とも呼ばれる17世紀~18世紀ヨーロッパで広まった、神学に代表される旧来の伝統や権威を理性のもとに批判し、民衆を啓蒙しようする思想。

包括一罪【ほうかついちざい】

刑法における罪数の概念のうち、複数の罪(一罪)が構成要素としてあるように見えるが、全体として一罪として扱うこと。包括して扱わない一罪は包括一罪との対比において「単純一罪」という。包括一罪や単純一罪は1回的に評価される一罪であり、本来的一罪と呼ばれる。

傲慢不遜

一般的には「傲岸不遜」(ごうがんふそん)が正しい。「傲岸」も「傲慢」も似たような意味だが、「傲岸」は驕る、角立つ、といった意味を持つ。

ペクチェ

「百済」の韓国語読み。日本語では主に「くだら」または「ひゃくさい」と読む。朝鮮半島南部で4世紀に興ったとされる古代国家。

その節【そのせつ】

過去のある時点、ある出来事。話し手と聞き手が共に関わっている事柄を指し、「その節はどうも」などと言うように用いられる。