2011年1月17日月曜日

鬼は外【おにはそと】

節分の豆撒きの際に豆を撒きながら発する言葉。「鬼は外」の後ろに「福は内」が続き、「鬼は外福は内」となる。なお、地方によっては「鬼も内」や「鬼は内」とするところもある。

寒明け【かんあけ】寒の明け

一年でもっとも寒い「寒」の時期が明けること。2月4日、5日頃。二十四節気では、「小寒」の後に、もっとも寒い「大寒」を経て「立春」を迎えることで寒が明ける。

寒入り【かんいり】寒の入り

一年でもっとも寒くなる「寒」の時期に入ること。1月5日、6日頃。「寒の入り」とも言う。なお「寒」は、二十四節気のうちの「小寒」から始まり、もっとも寒い「大寒」を過ぎて「立春」になるまでの期間のことを指す。

登録稲門会【とうろくとうもんかい】

早稲田大学卒業生の団体「稲門会」のうち、早稲田大学校友会に届出を行っている活動しているもの。通常「稲門会」と言うと登録稲門会を指す。

稲門会【とうもんかい】

早稲田大学の卒業生により結成された団体。早稲田大学校友会に届出を行って活動しているものは「登録稲門会」という。地域別、職種別、年次別など、1000を超える登録稲門会が存在する。

現場責任者【げんばせきにんしゃ】

工事現場や工場などにおいて、その作業場のできごとや成果について責任を負う立場の人物。

宿直室【しゅくちょくしつ】

宿直が仮眠や待機に用いる部屋。

定格電圧【ていかくでんあつ】

電気器具について、定格として定められている上限の電圧。定格電圧を超えて機器を使用した際の安全性は保証されない。

商談会【しょうだんかい】

主に商談の場として提供される催し。取引相談したい相手を見つける、または相談を行う場となる。

偏移【へんい】

偏ること。特に位相偏移などについて用いられる表現。

仮死状態【かしじょうたい】仮死

呼吸や心拍の一方または両方が停止し、意識もなく、外見上死んだかのように見えるが、自然にまたは適切な処置により蘇生する余地のある状態。仮死。

三奸四愚【さんかんしぐ】

3名の腹黒い「奸物」と、4名の愚かな「愚物」。東条英機の腹心の部下とされる7名の通称とされる。

ロイヤルワラント

王室に商品を納入していることを示す証。特に、英国で与えられている認定を指す。王室御用達。英国では、ロイヤルワラントが与えられた企業や個人は店先に英国王室の紋章を掲げることが認められる。

レギンス,レギンズ,レギング

脚部にフィットする、伸縮性のある素材で織られたボトムス。本来はスパッツと同義だが、若い女性を中心にファッション用語として定着した。ジーンズなどのより一般的なボトムス(パンツ)に近いレギンスを「パギンス」と呼ぶ場合もある。

ベントキャップ

通気孔の外部出口に取り付けられる、蓋のような形状のパーツ。主に、通気孔に異物が入り込むことを防ぐ目的がある。

スモン病【スモンびょう】スモン,亜急性脊髄視神経症

整腸剤「キノホルム」の薬害として発症する、激しい腹痛や視力障害を伴う疾患。1950年代に患者が多発し、キノホルムの販売が停止されたことによって新規罹患はなくなったが、後遺症に苦しむ患者は多い。特定疾患に指定されている。

発泡スチレン【はっぽうスチレン】スチレンフォーム

発泡スチロールのこと。スチレン(スチロール)に空気を含ませて形成した合成樹脂で、弾力性や高い断熱性が特徴。包装材などに多用されている。

スターブレイザーズ

Star Blazers。1979年に米国で放送された「宇宙戦艦ヤマト」の洋題。

コピー機【コピーき】複写機

印刷物などを複写(コピー)する装置。スキャナやプリンタ、あるいはファクシミリなどの機能を併せ持つ複合機の形で利用されることが多い。複合機は代表的なOA機器の一つ。

ぴしりと,ぴしっと,ピシリと,ピシッと,

副詞。主に、何かを張った様子を表す擬音語として用いる。「ぴしりと平手打ちをくらわす」「氷がぴしりとひび割れる」などのように用いる。

関係性【かんけいせい】

関係しているということ。または、関係している度合い。単に「関係」と換言可能な場合も多い。