スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2011の投稿を表示しています

タメ語【タメご】ため語

常体のなんでもない口調で話すさま。本来は尊敬語や丁寧語を用いるなどして、敬意を表したり気を配ったりするべきところを、何の気遣いもないぞんないな話し方をするさま。

社会の窓【しゃかいのまど】

俗に、ズボンの前側についているファスナーを指す表現。ファスナーを閉め忘れ、口が開いた状態になっていることを「社会の窓が開いている」のように言う。

どうともない

「何ともない」と同様に、特に問題ない、大丈夫だ、などの意味で用いられる表現。どうってことない、とも言う。

給湯式【きゅうとうしき】

主に風呂の湯を温める方式を指す語で、加熱装置で湯を沸かしてから浴槽に注ぐ方式。湯船に貯めた水を湯沸かし器で熱する方式は「湯沸し式」という。

湯沸し式【ゆわかししき】

主に風呂の湯を温める方式を指す語で、湯船に貯めた水を湯沸かし器で熱する方式のこと。対して、温水器であらかじめ熱した湯を浴槽に注ぐ方式を給湯式と呼ぶ。

及ぼず

「及ぶ」「及ばず」「及ぼす」などの表現を混同した誤りか。

勝負パンツ【しょうぶパンツ】

下着の中で異性に見られることを意識して選定・着用するものを指す表現。意中の相手と性的な関わりを持つことが予想される場合に、気合を入れる意味合いで用いる。

かなぐり

動詞「かなぐる」の連用形。放り出す、取り去る、といった意味合いの表現。「かなぐり捨てる」の言い回しで用いることが多い。

勝つる

「勝つ」を意味する俗な言い方。文法上は誤用。「これで勝つる」の言い回しがオンラインゲーム関連の電子掲示板から発生し、インターネットスラングとなっている。

それより

話題を変える際に接続詞的に用いる表現。今の話題よりも重要であるといった意味合いを含めて用いられる。

逆転負け【ぎゃくてんまけ】

当初優勢だったものが途中で劣勢になり結果として負けること。勝負や争いごとの半ばで勢いを失い敗北することなどを意味する表現。逆に結果として勝つことを「逆転勝ち」という。

逆転勝ち【ぎゃくてんがち】

途中まで劣勢だったものが結果として勝つこと、勝負や争いごとの半ばで勢いを盛り返して勝利することなどを意味する表現。逆に結果として負けることを「逆転負け」という。

死亡フラグ【しぼうフラグ】

後の話の流れにおいて死ぬことになるという伏線が張られること。普通の流れだと死ぬことが予測される言動、状況を「死亡フラグが立った」などと言う。

面的な【めんてきな】

(1)特定の一点だけでなく、また点から点へと続く線でもなく、縦と横の広がりを持った面として物事を扱うさま。「面的な評価」などのように言う。
(2)数量を表す語と共に用い、特定の方向や側面に重きをおくさまなどを意味する表現。「一面的な」「多面的な」などのように言う。

面的【めんてき】

縦と横にそれぞれ一定の広がりを持つさま。または、特定の範囲全体を対象とするさま。「除染は特定箇所だけではなく面的に行う必要がある」などのように用いる。

おわコン,終わコン,オワコン

話題性が薄れ、魅力がなくなり、既に興味を引かなくなったコンテンツなどを意味する表現。俗に「終わったコンテンツ」を略した表現として用いられるインターネットスラング。主にゲームやアニメ、マンガなどについて言うが、人物に対して用いる場合などもある。

美しすぎる【うつくしすぎる】美し過ぎる

ある限度を超えた美しさを備えているさま。常識的な認識・見解における水準を超えた美しさ、といった意味で用いられることのある表現。例えば、一国の首長という役柄にしては不釣合いなほどの美貌を持つ女性首相を「美しすぎる首相」などといったりする。

サンドリヨン

童話「シンデレラ」の異称。フランスの詩人で童話作家であるシャルル・ペローが記した「Cendrillon」に基づく呼称。

宮家【みやけ】

皇族が天皇から宮号を下賜されて創設された家。具体的な例として秋篠宮、常陸宮などがある。

珠玉【しゅぎょく】

特に優れたもの、傑作などを意味する表現。元は真珠と宝石を意味する語。文学や音楽など幅広い物事について言う。

うさ耳【うさみみ】

ウサギの耳、またはそれをかたどったもの。特に、ウサギの耳を模した装具を指すことが多い。カチューシャなどの形で装着できるタイプのものが多い。バニーガールの衣装としても使用される。

漏斗胸【ろうときょう】ろうと胸

胸郭が変形し、内側に陥没している状態。程度によっては心臓や呼吸器に影響を与えるため手術などで改善する必要がある場合がある。漏斗胸とは逆に胸郭が前方へ出っ張っている状態をハト胸(鳩胸)という。

ハト胸【ハトむね】はと胸,鳩胸

胸骨が前方に出っ張っている様子を指す語。肋骨などの発達が主な要因であり、程度が甚だしいと身体的な症状を伴う場合がある。逆に胸部が陥没したようになっている状態を漏斗胸という。

午の刻【うまのこく】

時刻の数え方で、現在の昼12時前後2時間頃を指す語。12時ちょうどを「正午」という。24時間を十二支に割り当てたうちの第7番目。

まどマギ

2011年に放送されたテレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の略称。いわゆる魔法少女ものに分類される。

タイバニ

2011年に製作・放映されたテレビアニメ「タイガー&バニー」の略称。いわゆるヒーローもの。同種の略称としては「マドマギ」などがある。

パブコメ

「パブリックコメント」の略。パブリックコメントは、公的機関などが広く意見を募る際に寄せられた意見、または、そうした制度のこと。

癸亥【みずのとい】

干支の一つで、第60番目の組み合わせ。十干は「癸」、十二支は「亥」である。癸亥の前には「壬戌」があり、壬戌、癸亥、甲子、乙丑、と移っていく。2011年現在、最近訪れた癸亥の年は1983年(昭和58年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる癸亥の年は2043年となる。

壬戌【みずのえいぬ】

干支の一つで、第59番目の組み合わせ。十干は「壬」、十二支は「戌」である。壬戌の前には「辛酉」があり、辛酉、壬戌、癸亥、甲子、と移っていく。2011年現在、最近訪れた壬戌の年は1982年(昭和57年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる壬戌の年は2042年となる。

辛酉【かのととり】

干支の一つで、第58番目の組み合わせ。十干は「辛」、十二支は「酉」である。辛酉の前には「庚申」があり、庚申、辛酉、壬戌、癸亥、と移っていく。2011年現在、最近訪れた辛酉の年は1981年(昭和56年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる辛酉の年は2041年となる。

庚申【かのえさる】

干支の一つで、第57番目の組み合わせ。十干は「庚」、十二支は「申」である。庚申の前には「己未」があり、己未、庚申、辛酉、壬戌、と移っていく。2011年現在、最近訪れた庚申の年は1980年(昭和55年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる庚申の年は2040年となる。

己未【つちのとひつじ】

干支の一つで、第56番目の組み合わせ。十干は「己」、十二支は「未」である。己未の前には「戊午」があり、戊午、己未、庚申、辛酉、と移っていく。2011年現在、最近訪れた己未の年は1979年(昭和54年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる己未の年は2039年となる。

戊午【つちのえうま】

干支の一つで、第55番目の組み合わせ。十干は「戊」、十二支は「午」である。戊午の前には「丁巳」があり、丁巳、戊午、己未、庚申、と移っていく。2011年現在、最近訪れた戊午の年は1978年(昭和53年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる戊午の年は2038年となる。

丁巳【ひのとみ】

干支の一つで、第54番目の組み合わせ。十干は「丁」、十二支は「巳」である。丁巳の前には「丙辰」があり、丙辰、丁巳、戊午、己未、と移っていく。2011年現在、最近訪れた丁巳の年は1977年(昭和52年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる丁巳の年は2037年となる。

丙辰【ひのえたつ】

干支の一つで、第53番目の組み合わせ。十干は「丙」、十二支は「辰」である。丙辰の前には「乙卯」があり、乙卯、丙辰、丁巳、戊午、と移っていく。2011年現在、最近訪れた丙辰の年は1976年(昭和51年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる丙辰の年は2036年となる。

乙卯【きのとう】

干支の一つで、第52番目の組み合わせ。十干は「乙」、十二支は「卯」である。乙卯の前には「甲寅」があり、甲寅、乙卯、丙辰、丁巳、と移っていく。2011年現在、最近訪れた乙卯の年は1975年(昭和50年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる乙卯の年は2035年となる。

甲寅【きのえとら】

干支の一つで、第51番目の組み合わせ。十干は「甲」、十二支は「寅」である。甲寅の前には「癸丑」があり、癸丑、甲寅、乙卯、丙辰、と移っていく。2011年現在、最近訪れた甲寅の年は1974年(昭和49年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる甲寅の年は2034年となる。

癸丑【みずのとうし】

干支の一つで、第50番目の組み合わせ。十干は「癸」、十二支は「丑」である。癸丑の前には「壬子」があり、壬子、癸丑、甲寅、乙卯、と移っていく。2011年現在、最近訪れた癸丑の年は1973年(昭和48年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる癸丑の年は2033年となる。

壬子【みずのえね】

干支の一つで、第49番目の組み合わせ。十干は「壬」、十二支は「子」である。壬子の前には「辛亥」があり、辛亥、壬子、癸丑、甲寅、と移っていく。2011年現在、最近訪れた壬子の年は1972年(昭和47年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる壬子の年は2032年となる。

辛亥【かのとい】

干支の一つで、第48番目の組み合わせ。十干は「辛」、十二支は「亥」である。辛亥の前には「庚戌」があり、庚戌、辛亥、壬子、癸丑、と移っていく。2011年現在、最近訪れた辛亥の年は1971年(昭和46年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる辛亥の年は2031年となる。

庚戌【かのえいぬ】

干支の一つで、第47番目の組み合わせ。十干は「庚」、十二支は「戌」である。庚戌の前には「己酉」があり、己酉、庚戌、辛亥、壬子、と移っていく。2011年現在、最近訪れた庚戌の年は1970年(昭和45年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる庚戌の年は2030年となる。

己酉【つちのととり】

干支の一つで、第46番目の組み合わせ。十干は「己」、十二支は「酉」である。己酉の前には「戊申」があり、戊申、己酉、庚戌、辛亥、と移っていく。2011年現在、最近訪れた己酉の年は1969年(昭和44年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる己酉の年は2029年となる。

戊申【つちのえさる】

干支の一つで、第45番目の組み合わせ。十干は「戊」、十二支は「申」である。戊申の前には「丁未」があり、丁未、戊申、己酉、庚戌、と移っていく。2011年現在、最近訪れた戊申の年は1968年(昭和43年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる戊申の年は2028年となる。

丁未【ひのとひつじ】

干支の一つで、第44番目の組み合わせ。十干は「丁」、十二支は「未」である。丁未の前には「丙午」があり、丙午、丁未、戊申、己酉、と移っていく。2011年現在、最近訪れた丁未の年は1967年(昭和42年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる丁未の年は2027年となる。

丙午【ひのえうま】

干支の一つで、第43番目の組み合わせ。十干は「丙」、十二支は「午」である。丙午の前には「乙巳」があり、乙巳、丙午、丁未、戊申、と移っていく。2011年現在、最近訪れた丙午の年は1966年(昭和41年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる丙午の年は2026年となる。

乙巳【きのとみ】

干支の一つで、第42番目の組み合わせ。十干は「乙」、十二支は「巳」である。乙巳の前には「甲辰」があり、甲辰、乙巳、丙午、丁未、と移っていく。2011年現在、最近訪れた乙巳の年は1965年(昭和40年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる乙巳の年は2025年となる。

甲辰【きのえたつ】

干支の一つで、第41番目の組み合わせ。十干は「甲」、十二支は「辰」である。甲辰の前には「癸卯」があり、癸卯、甲辰、乙巳、丙午、と移っていく。2011年現在、最近訪れた甲辰の年は1964年(昭和39年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる甲辰の年は2024年となる。

癸卯【みずのとう】

干支の一つで、第40番目の組み合わせ。十干は「癸」、十二支は「卯」である。癸卯の前には「壬寅」があり、壬寅、癸卯、甲辰、乙巳、と移っていく。2011年現在、最近訪れた癸卯の年は1963年(昭和38年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる癸卯の年は2023年となる。

壬寅【みずのえとら】

干支の一つで、第39番目の組み合わせ。十干は「壬」、十二支は「寅」である。壬寅の前には「辛丑」があり、辛丑、壬寅、癸卯、甲辰、と移っていく。2011年現在、最近訪れた壬寅の年は1962年(昭和37年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる壬寅の年は2022年となる。

辛丑【かのとうし】

干支の一つで、第38番目の組み合わせ。十干は「辛」、十二支は「丑」である。辛丑の前には「庚子」があり、庚子、辛丑、壬寅、癸卯、と移っていく。2011年現在、最近訪れた辛丑の年は1961年(昭和36年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる辛丑の年は2021年となる。

庚子【かのえね】

干支の一つで、第37番目の組み合わせ。十干は「庚」、十二支は「子」である。庚子の前には「己亥」があり、己亥、庚子、辛丑、壬寅、と移っていく。2011年現在、最近訪れた庚子の年は1960年(昭和35年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる庚子の年は2020年となる。

己亥【つちのとい】

干支の一つで、第36番目の組み合わせ。十干は「己」、十二支は「亥」である。己亥の前には「戊戌」があり、戊戌、己亥、庚子、辛丑、と移っていく。2011年現在、最近訪れた己亥の年は1959年(昭和34年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる己亥の年は2019年となる。

戊戌【つちのえいぬ】

干支の一つで、第35番目の組み合わせ。十干は「戊」、十二支は「戌」である。戊戌の前には「丁酉」があり、丁酉、戊戌、己亥、庚子、と移っていく。2011年現在、最近訪れた戊戌の年は1958年(昭和33年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる戊戌の年は2018年となる。

丁酉【ひのととり】

干支の一つで、第34番目の組み合わせ。十干は「丁」、十二支は「酉」である。丁酉の前には「丙申」があり、丙申、丁酉、戊戌、己亥、と移っていく。2011年現在、最近訪れた丁酉の年は1957年(昭和32年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる丁酉の年は2017年となる。

丙申【ひのえさる】

干支の一つで、第33番目の組み合わせ。十干は「丙」、十二支は「申」である。丙申の前には「乙未」があり、乙未、丙申、丁酉、戊戌、と移っていく。2011年現在、最近訪れた丙申の年は1956年(昭和31年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる丙申の年は2016年となる。

乙未【きのとひつじ】

干支の一つで、第32番目の組み合わせ。十干は「乙」、十二支は「未」である。乙未の前には「甲午」があり、甲午、乙未、丙申、丁酉、と移っていく。2011年現在、最近訪れた乙未の年は1955年(昭和30年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる乙未の年は2015年となる。

甲午【きのえうま】

干支の一つで、第31番目の組み合わせ。十干は「甲」、十二支は「午」である。甲午の前には「癸巳」があり、癸巳、甲午、乙未、丙申、と移っていく。2011年現在、最近訪れた甲午の年は1954年(昭和29年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる甲午の年は2014年となる。

癸巳【みずのとみ】

干支の一つで、第30番目の組み合わせ。十干は「癸」、十二支は「巳」である。癸巳の前には「壬辰」があり、壬辰、癸巳、甲午、乙未、と移っていく。2011年現在、最近訪れた癸巳の年は1953年(昭和28年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる癸巳の年は2013年となる。

壬辰【みずのえたつ】

干支の一つで、第29番目の組み合わせ。十干は「壬」、十二支は「辰」である。壬辰の前には「辛卯」があり、辛卯、壬辰、癸巳、甲午、と移っていく。2011年現在、最近訪れた壬辰の年は1952年(昭和27年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる壬辰の年は2012年となる。

辛卯【かのとう】

干支の一つで、第28番目の組み合わせ。十干は「辛」、十二支は「卯」である。辛卯の前には「庚寅」があり、庚寅、辛卯、壬辰、癸巳、と移っていく。2011年現在、最近訪れた辛卯の年は2011年(平成23年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる辛卯の年は2071年となる。

庚寅【かのえとら】

干支の一つで、第27番目の組み合わせ。十干は「庚」、十二支は「寅」である。庚寅の前には「己丑」があり、己丑、庚寅、辛卯、壬辰、と移っていく。2011年現在、最近訪れた庚寅の年は2010年(平成22年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる庚寅の年は2070年となる。

己丑【つちのとうし】

干支の一つで、第26番目の組み合わせ。十干は「己」、十二支は「丑」である。己丑の前には「戊子」があり、戊子、己丑、庚寅、辛卯、と移っていく。2011年現在、最近訪れた己丑の年は2009年(平成21年)で、干支は60年周期であるから、次に訪れる己丑の年は2069年となる。