2014年9月18日木曜日

一択【いったく】1択

俗に「他を選ぶ余地がない」「迷わずこれを選ぶ」といった意味で用いられる表現。選択肢が(実質的に)ひとつしかない、と表現することで、「複数の選択肢があっても他を選ぶことなどあり得ない」という意味合いが示される。

一択と表記の似た語に「択一」があるが、択一は「どれかひとつを選びとる」といった意味の語。

「一択」は「二択」「三択」「四択」などの言い方をもじった表現といえるが、その「二択」や「三択」はそれぞれ「二者択一」「三者択一」を略した表現である。たとえば「二択」は「二つある事項のうちどれかひとつを選びとる」という意味になる。