2011年7月31日日曜日

されるがまま,されるが儘

相手から干渉を受けるが、抵抗・反応せずに、そのままにするさまなどを意味する表現。「なすがまま」とも言う。

さめた目で見る【さめためでみる】醒めた目で見る

感情移入したり親身になったりせず、心理的に引いて物事を見るさま、などを意味する表現。

サプリメン

supplementの音写で一般的には「サプリメント」と書く。主に誤記である他、「men」と掛けて「(元気)づける男子」のような意味合いで用いる例もある。

さばさば,サバサバ

態度や性格が、物事にこだわらずさっぱりしているさまなどを意味する表現。

颯爽と【さっそうと】

動作などがきりっとしてすがすがしい感じであるさまを意味する表現。「颯爽と現れる」などのように用いる。

ざっと読む【ざっとよむ】ザッと読む

大雑把に、あらかた把握する感じで読むさまなどを意味する表現。

差し色【さしいろ】さし色

差した色。特に必要と思って加えられた色。「差す」は色が現れる意味合いを持つ表現。

苛まれ【さいなまれ】

「苛む」に受け身や尊敬などの意味の助詞「れる」が付いた形の、未然形、または連用形。「苛まれる」は心労を催す事などに苦しめられることを意味する表現。

さいですか

「そうですか」の訛った表現。特別な含みを持たせて「そうですか」という場合などに言うことの多い表現。

コーラルピンク

桃色の赤珊瑚の色合い。淡い赤みを帯びた乳白色のような色合い。

コージネイト

coordinateの音写。一般的には「コーディネート」と表記する。物事の組み合わせ、特に衣服をうまく組み合わせることなどを意味する表現。

ご承知おき【ごしょうちおき】御承知おき,御承知置き

「ご承知おきください」で、承知しておいてください、といった意味を表す言い回し。

ご助力【ごじょりょく】御助力

「助力」に丁寧の「御」をつけた表現。相手の手助け・力添えをうやまって言う表現。「ご支援」「お力添え」などとも言う。

ご支援【ごしえん】御支援

「支援」に丁寧の「御」をつけた語。相手の支援などを敬っている表現。

ご査収下さい【ごさしゅうください】ご査収ください,御査収下さい

サ変動詞「査収」に丁寧の「御」を付けて補助動詞「下さい」を加えた表現。査収することを丁寧に依頼する表現。「査収」は調べ吟味した上で自分のものとすること。

ご健闘【ごけんとう】御健闘

「健闘」に丁寧の「御」をつけた表現。よく頑張って事に当たったさまなどを意味する表現。

ご苦労さん【ごくろうさん】

「ご苦労さま」をやや軽くいう砕けた表現。目下の者の労をねぎらう表現。

ご機嫌いかがですか【ごきげんいかがですか】ご機嫌如何ですか,御機嫌如何ですか

相手の様子、気持ちや状況などをうかがう呼びかけ。出会った際の挨拶として用いられる。

ご勘弁【ごかんべん】御勘弁

「勘弁」に丁寧の「御」を付けた表現。許すこと、見逃すこと、責めずに済ませること、などを意味する表現。

ご加護【ごかご】御加護

「加護」に丁寧の「御」をつけた表現。神仏の力添えを意味する表現。

ご閲覧【ごえつらん】御閲覧

「閲覧」に丁寧の「御」をつけた表現。「ご高覧」などとも言う。

ご栄転【ごえいてん】御栄転

「栄転」に丁寧の「御」をつけた表現。地位・役職が今よりもよい位置につくこと。

これ幸いと【これさいわいと】此れ幸いと

物事を行うにあたり、恰好の契機が訪れ、その機に物事を行う、といった脈絡を意味する表現。「そのとき丁度バスが来たので、これ幸いと乗り込んだ」などのように用いる。

これ幸い【これさいわい】此れ幸い

事を行うに恰好の状況だと考えて事を行う、といった様子を示す言い回し。「これ幸いと」(此れ幸いと)の形で動詞に付く。

これ以上ない【これいじょうない】

それよりも良いと言えるものがない、と思われるさまを表す言い回し。最高・最上・極上、といった意味の表現。

これを契機として【これをけいきとして】

前述の事柄を何事かの契機にする、きっかけにする、などの意味の表現。「これを機に」などとも言う。

これでは

或る状況を指して、その状況下で対応が異なるといった事柄を述べる際に用いる接続詞的表現。「これでは作戦が実行できないじゃないか」のように用いられる。

コミッショニング

commissioning。試運転や委任などを意味する英語。

クチャラー

食べ物などを噛む場合に、外部に音を漏らす食べ方をする人を指す俗な表現。クチャクチャ音を立てて物を食べる人。

下さいませ【くださいませ】

相手への依頼を示す丁寧表現「下さい」に丁寧の助動詞「ます」の命令形「ませ」を加えた言い方。丁寧に相手に指示・依頼する表現。

肝が座る

「肝が据わる」の誤り。「据わる」は安定していて動じない、といった意味合いの字。

肝の据わった【きものすわった】肝のすわった

度胸があって並大抵のことでは動揺したり不安がったりしないさまなどを意味する表現。

肝が据わった【きもがすわった】肝がすわった

度胸があって並大抵のことでは動じない、動揺しないさまなどを意味する表現。肝が据わる様子。

肝が据わる【きもがすわる】肝がすわる

度胸があるさま。並大抵のことでは驚いたり動揺したりしないさまを意味する表現。

きっぱりと,キッパリと

動作や態度が明確で意思の強さを感じさせるさまなどを示す表現。

軽く【かるく】

程度が軽いさま。「軽い」の連用形。

カムユニット

カム機構を内蔵し運動変換の機能をもったひとまとまりの部品。

カニバる

カニバリゼーション(カニバライゼーション)を発生させること。カニバリゼーション(cannibalization)を日本語化した表現。「カニバリゼーション」は市場で自社製品と競合したり、既存ブランドのシェアを奪ったりするさまなどを意味する語として用いられる表現。

カニバリ,カニバり

カニバリゼーション(cannibalization)の略。食い合い、特に市場で同じ消費者をターゲットとすることなどを意味する表現。日本語の動詞と化して「カニバる」などと表現することもある。

かっこい

「格好いい」(かっこういい)を略した言い方。「かっこいい」「かっけー」なども同じ。

がっかりする

期待が外れて気落ちするさま、落胆するさまなどを表わす表現。「がっかり」はサ変動詞ではなく副詞。

かたぐるしい

「かたくるしい」(堅苦しい)の誤読。「堅苦しい」は形式ばっていて落ち着かない様子などを意味する表現。

がたがた,ガタガタ

ものが細かく揺れたり音を立てたりするさまなどを表す表現。物が動く音、ふるえ、些事についてうるさく述べ立てるさま、などについて言う。

ガタが来る【ガタがくる】がたがくる

年を経て調子が悪くなること、建て付けが悪くなることなどを意味する表現。

がしがし.ガシガシ

物事に対して強い力で働きかけることなどを表現するオノマトペ。わしづかみにして擦ったりといった行為について用いる。

ガサ入れ【ガサいれ】がさいれ

警察や検察などが公権力のもとに建物などを捜索することを指す俗語または隠語表現。家宅捜索。

かかずりあう

「かかずらう」の誤用。「かかずらう」は「係う」と書き、面倒なことに関わる、関係する、といった意味の表現。

お力添えがあってこそ【おちからぞえがあってこそ】

何事かを達成・実現したことに対して、相手の支援や助力が大きな要因となったことを表明する言い回し。物事の成果に関して相手に謝意を伝える場合の表現。

居られる【おられる】

「居る」に助動詞「れる」をつけた表現。多くは尊敬を表す。「いらっしゃる」などの意味。

織り交ぜ【おりまぜ】織りまぜ

物事の中に別種のものを細かく織り込ませることなどを意味する表現。

オリエンテッド

oriented。何事かに対して方向付けられていること、などを意味する表現。

お座なり【おざなり】お座成り

その場の思い付きなどの適当な言い訳や発言をすること。「お座成り」とも書く。

お座なりな【おざなりな】お座成りな

その場その場で適当に事に当たるさまなどを意味する表現。行動などがおざなりであるさま。

疎かにする【おろそかにする】

物事をいい加減に扱うさまなどを意味する表現。「疎か」は形容動詞。

お気楽人間【おきらくにんげん】

いわゆる「お気楽な人」を軽くあざけって言う表現。

おぼつく

誤って「おぼつかない」の原型と考えられている表現。「おぼつかない」は「おぼつかない」で一つの形容詞を成す。

覚束ず【おぼつかず】 

「覚束ない」の意味で動詞や句を修飾する表現。

おられます

「いる」「ある」の尊敬語「おられる」に叙述の際の丁寧語「ます」をつけた形。話題に上っている第三者と話し相手の双方に敬意・丁寧を表す表現。

慮って【おもんぱかって】

「慮る」に助詞「て」の付いた形。

おめでと

「おめでとう」を略した表現。ややぶっきらぼうな意味合いを含めて祝福する表現。

お豆【おまめ】

豆に丁寧の「お」をつけた表現。豆類、あるいは豆っぽい何かを比ゆ的に指す表現。女性の乳頭などを差す場合も多い。

仰って【おっしゃって】

「仰る」に助詞「て」が付いた「仰りて」が転訛した言い方。相手が何事か言うことを敬って言う表現。

おちゃんぽ

(1)「おちんぽ」をぼかした表現。男根のこと。
(2)「おさんぽ」を訛った風に言った表現。散歩のこと。

おかれまして

「おいて」(於いて)の尊敬表現。「貴君におかれましては」のように用いられる。

おかない

(1)「置かない」の意味でそこに置くことをしないという意味。
(2)「おっかない」を略した形。

覆い被せ【おおいかぶせ】おおい被せ

覆い被せること。「覆い被せる」の語幹。

エキゾティシズム

exoticism。異国趣味、異国情緒を感じさせる、などと訳される。

打って付けの【うってつけの】

条件が需要にぴったりと適うさま。うってつけ。

うずめく

(1)「うずまく」の誤り。「うずまく」は「渦巻く」と書き、めちゃくちゃに入り乱れるさまなどを意味する表現。
(2)「うずうず」に接尾辞「めく」をつけた表現。心理的に待ち焦がれてうずうずした状態になるさまなどを表す表現。

ウィンテージ

「ヴィンテージ」(または「ビンテージ」)のことか。「ヴィンテージ」は一般的には「年代物」を意味する語。

インプリ

インプリメント、またはインプリメンテーションを略した語。コンピュータの分野であれば「実装」に対応する語。

インコターム,インコタームズ

「インターナショナル・コマーシャル・タームズ」(International Commercial Terms)の略。ふつう「インコタームズ」と呼ばれる。国際取引で一般的に用いられる用語。異なる国家間の事業者と取引の解釈の一元化のために利用されている。

いぶし瓦【いぶしがわら】燻し瓦

薫化を行って表面処理をした瓦。黒銀色の美しい色合いが特徴。

イニシエーティング,イニシエーチング

initiating。開始、創始、点火、などを意味する英語。

イディオタイプ

idiotype 。医療用語で、独自の抗原性をもった免疫グロブリン。イディオタイプに対するものとして特別に作られた抗体は、「抗イディオタイプワクチン」と呼ばれる。

言ってのける【いってのける】言って退ける,言って除ける

通常言いにくいとされることを敢えて言う、または平然と言うさまを意味する表現。

いっばい

大半の場合は「いっぱい」(一杯)を誤って表記したもの。「いっぱい」は容量を満足するさまなどを意味する表現。

一端の【いっぱしの】

一人前であるかのような。人並みの。資格や能力が未熟である人に対して言う。

何時にない【いつにない】

普段は見られない様子を形容する表現。「何時」はこの場合「いつものとき」を意味する表現。

いっとかんと

(1)「言っておかないと」の転訛。言っておくべきだ、のような意味。
(2)「行っておかないと」の転訛。行くべきだ、のような意味。
(3)「一斗缶と」のかな表記。容器として一斗缶、ならびに、その他に何かを挙げるさま。

逸早い【いちはやい】いち早い

真っ先に、人に先んじて。もっぱら連用形「逸早く」の形で用いられる。

いかにせよ

「いかに」は不定の形容、「せよ」は行為の命令。「どうしろ」「どのようにしろ」の古風な言い回し。

一途に【いちずに】

あるもの以外には目もくれず、ひたむきに行うさまなどを意味する表現。

いそいそと

嬉しさでいくぶん気が急いているさま。そうした素振り。

何れは【いずれは】

比較的近い未来に言及する際の表現。「いずれは回復するだろう」などのように用いられる。

何れの【いずれの】

不特定のものを指す表現。複数ある中で定まっていない状態を示す。どの。

弄くり【いじくり】弄り

「弄くる」(いじくる)の連用形。手でさわってもてあそぶさまを意味する表現。

何れかに【いずれかに】

複数の対象の中から任意のものを対象とするさまを意味する表現。

ビラビラ,びらびら

薄片が垂れ下がったり揺れ動いたりするさまなどを意味する表現。特に女性の陰唇を指すこともある。

幾許かの【いくばくかの】幾ばくかの

明確でない数量や分量、程度などを示す表現。いくらかの。

幾つかの【いくつかの】

複数ある中の何個か、という数量を示す表現。

イギリス国旗【イギリスこっき】

英国の国旗。英国旗。「ユニオンジャック」や「ユニオンフラッグ」と通称される。

アンニュイな

倦怠感のある気分や様子を示す表現。仏語ennuiを日本語化した表現。

ある種【あるしゅ】

そういった種類があるということを漠然と指し示す表現。語調を整える程度に用いられる。

あるまい

打ち消しと推量または意志を意味する表現。

アルファ崩壊【アルファほうかい】アルファー崩壊

原子核の放射性崩壊のうちアルファ線を放出する現象。放射性崩壊には他にベータ崩壊、ガンマ崩壊がある。

ありながら

ある事実がある一方で。他方で。それなのに。にもかかわらず。などを意味する表現。

有りっ丈の【ありったけの】

持てるもの全てを意味する表現。名詞にも副詞にも用いられる。

文目も分らない【あやめもわからない】文目もわからない,あやめも分からない

元は「文目も分かず」という表現。暗くて物の区別がつかない、またはものの道理がわからない、といった意味の表現。「分かず」は判別できないことを指す語。

余すところ【あますところ】

全て残さずに行為などの対象とするさま。ひとつも残さないさまなどを意味する表現。

余りない【あまりない】

(1)それほど多くはないさま。「余り」は副詞。
(2)残りの分量が少ないさま。「余り」は名詞で、助詞「が」を略した表現。

2011年7月30日土曜日

諸設備【しょせつび】

もろもろの設備。多くの数や種類のある、備え付けの道具や装置を指す表現。

応待

本来は「応対」と書く。来客などを相手することや受け答えすることなどを意味する表現。単なる誤りか、あるいは「待遇」「接待」などの意味合いをこめて敢えて漢字使いを変えている用法。

満願成就【まんがんじょうじゅ】

願掛けが叶うこと。神仏に祈った願いが成就すること。

満ち満ちて【みちみちて】

満ちている、ということを反復することで強調した表現。溢れるほどに満ちているさまなどを表す表現。

満たされる【みたされる】

「満たす」に受け身・可能・自発・尊敬の助動詞「れる」の付いた形。多くは受け身で、容器一杯に液体などが入れられること、または心理的に十分に満足することなどを意味する表現。

時限性【じげんせい】

時間が限られているさま。あらかじめ有効期間や終了期間などが決められているさま。

時間をかけて【じかんをかけて】時間を掛けて

物事のために時間を費やすこと。多くの時間それに携わるさまなどを意味する表現。

時間をおく【じかんをおく】時間を置く

時間的に、いくらか間隔をあけること。「置く」は時間的・空間的に間を空けるさまなどを表すことがある。

寵妃【ちょうひ】

君主などから特別に寵を受けた夫人。殷の妲己などが歴史上良く知られる。

うだつが上がらない【うだつがあがらない】梲が上がらない,宇立が上がらない

世俗的な意味での出世が中々できない、金銭的に恵まれる状況にならない、などの意味の表現。「うだつ」は「卯建」「梲」「宇立」などと書く。卯建が上がらない。

飯器【はんき】

炊いたご飯を運ぶ際などに用いる器。ご飯茶碗として使用する小さなものから、米びつ程度の大きなものまである。

隆盛を極める【りゅうせいをきわめる】

これ以上ないというほど勢いがあって栄えているるさまなどを意味する表現。最も盛んな状態。

都道府【とどうふ】

広域地方公共団体のうち、東京都と、北海道、および、大阪府か京都府の片方あるいは両方。県が1つも対象に含まれない場合。

都構想【とこうそう】

地方の大都市を東京都と同様の「都」に上げて特別行政区画化する構想。大阪都や中京都などの構想が知られる。

逸注【いっちゅう】

顧客からの受注を取り逃すことなどを表す用語。注文を逸すること。「失注」とも言う。

諸説粉々としている

「諸説紛々としている」の誤り。「紛々」は雑多に入り乱れているさま。対して「粉々」は細かく砕け散ったさまなどを表す表現。

諸説粉々

「諸説紛々」(しょせつふんぷん)の誤り。「粉々」は「こなごな」と読む。

節電ビズ【せつでんビズ】節電Biz

消費電力の節約、すなわち節電、を意識したビジネススタイル。日中の最も活動する場である職場において、節電を意識した服装や職務の流れを採用すること。また、その風潮。「クールビズ」に連なる表現。

2011年7月29日金曜日

満ち満ちている【みちみちている】

「満ちている」を反復により強調した表現。範囲いっぱいに対象となる物事が含まれているさまなどを示す言い回し。

満足できる【まんぞくできる】

満足することができる。ひとまず十分なものとして、安らかな心持ちになることができる、といった場合に用いられる表現。

満足のいく【まんぞくのいく】満足の行く

満足することができる、心が充足する、といった意味の表現。納得のいく。

満腹感【まんぷくかん】まんぷく感

満腹だ、もう十分食べた、という感覚。

満腹中枢【まんぷくちゅうすう】

脳内にある、満腹感を司る中枢とされる部分の事を指す表現。

裾上げ【すそあげ】スソ上げ

ズボンの丈が余っている場合に、裾を切って詰めること。丈を詰めること。

2011年7月28日木曜日

ご紹介【ごしょうかい】御紹介

「紹介」に丁寧の「御」が付いた形。相手から紹介を受けたことなどをさす表現。

ご笑納下さい【ごしょうのうください】御笑納下さい,ご笑納ください

「笑ってお納め下さい」の意。相手に贈り物を受け取って貰う際のへりくだった言い方。

ご尽力いただき【ごじんりょくいただき】御尽力頂き,ご尽力頂き,御尽力いただき

相手が力の限り努力したことを敬って言う表現。尽力してもらったことを意味する言い回し。

ご必要【ごひつよう】御必要

「必要」に丁寧の「御」が付いた形。相手が何かを必要としているさまなどを意味する表現。

ご報告【ごほうこく】御報告

「報告」に丁寧の「御」が付いた形。相手が行う報告、または、相手に対して自分が行う報告などを意味する表現。

ご芳名【ごほうめい】御芳名

相手の名前をうやまっていう表現。「芳名」に丁寧の「ご」が付いた形。「芳名」が名前を意味する尊敬表現であり、尊敬表現の重複が一般化した例の一つに数えられる。

ご明察【ごめいさつ】御明察

相手のすぐれた推察をうやまって言う表現。「明察」に丁寧の「ご」の付いた形。単に明察という場合は明瞭・明確に推察することを表す場合もある。

ご容赦ください【ごようしゃください】ご容赦下さい,御容赦下さい,御容赦ください

相手に過失や失敗などについて許しを請う場合の表現。「お許し下さい」とも言う。

ご覧いただく【ごらんいただく】ご覧頂く,御覧頂く

「見る」や「見てもらう」を敬っていう表現。見ていただく、御覧になっていただく。

ご了承の程【ごりょうしょうのほど】御了承の程

相手が事情を飲み込んで理解すること。「程」は物事の程度や様子を漠然と示す表現。「ご了承の程、何とぞお願い致します」のように依頼・希望する表現で用いられることが多い。

ご都合がよろしければ【ごつようがよろしければ】ご都合が宜しければ,御都合が宜しければ

「都合がよければ」の丁寧な表現。相手に対して何事かを依頼する際、予定や事情に差し障りがなければ、といった意味合いの断りを入れる言い回し。

ご尊父様【ごそんぷさま】御尊父様,ご尊父さま

相手の父親を敬って言う表現。「尊父」でも尊称であるが、より丁寧に言う表現として用いられる。

ご対応【ごたいおう】御対応

「対応」に丁寧の「御」が付いた形。その物事に対して、応じるために特に何事かを行うこと。

ご入り用【ごいりよう】御入り用,御入用

「入り用」に丁寧の「御」が付いた形「入り用」は、金や物などについて、目的があって必要とするさまを意味する表現。

ご都合【ごつごう】御都合

「都合」に丁寧の「御」が付いた形。「都合」は、予定の空きや事情などを意味する表現

ご隆盛【ごりゅうせい】御隆盛

「隆盛」に丁寧の「御」が付いた形。「隆盛」は勢い盛んに栄えること、を意味する表現。ご隆昌とも言う。

外交オンチ【がいこうおんち】外交音痴

政治家が、的外れの外交政策を考えたり、むやみに外交非礼に陥ったりするさまなどを意味する表現。

外交非礼【がいこうひれい】

他国との国家間のやり取りにおける、相手側に対して失礼な振る舞い。外交における非礼。

ソルベンシー,solvency

「財務健全性」などと和訳される英語。財務上の支払い能力を指す。「ソルベンシー・マージン比率」において言及されることが多い。

2011年7月27日水曜日

これと言った【これといった】此れと言った

否定の文脈で用いられ、「特に大したものはない」という意味合いで用いられる表現。取り立てて言うほどの事柄。

コンピテンシー,コンピテンシ

「能力」や「適格性」などを意味する語。competency。特にビジネス用語で、高い成果を上げる人の行動特性、行動のフレームワーク、などを意味する語として言及されることが多い。

コンポーネント

英語componentの音写。部品、成分、構成要素などを意味する表現。

編プロ【へんプロ】

「編集プロダクション」の略。雑誌や書籍などの編集を主に手がける事業者。

未開の地【みかいのち】

まだ開拓されていない、文明の及んでいない土地。転じて、先行する研究成果がない学問分野などのこと。

デリヘル

「デリバリーヘルス」の略。いわゆるファッションヘルスのサービスを宅配するサービス、すなわち、コールガールを依頼主のもとに行かせてサービスを提供する商売。なお、「デリバリーヘルス」は和製英語。

2011年7月26日火曜日

爆弾テロ【ばくだんテロ】

爆発物により破壊行為を行って政治的アピールなどをしようするテロ行為。

ゴルフシューズ

ゴルフをプレイする際に着用する靴。グリップ力を高める独特のスパイクなどを特徴とする。最近はスパイクの付いていないタイプも多い。

ラブコメ

「ラブコメディ」の略で、恋愛を主要な話題としたコメディタッチの物語を指す語。「ラブコメディ」は和製英語。

コメディータッチ,コメディタッチ

物語の基調となる雰囲気が喜劇的であること。滑稽で笑いを誘う調子。

ご無体【ごむたい】御無体

無法状態であるさまや、乱暴で無茶なさまなどを表す表現。

小まめな【こまめな】小忠実な

細々と気配りしているさま。まめまめしくするさま。例えば「こまめな水分補給が熱中症予防には大事です」のように用いられる。

この限り【このかぎり】

その範囲の内に収まること。特定の条件が当てはまること。多く「この限りではない」の形で用いられる。

熟れない【こなれない】

まだ十分に習熟しておらず、ぎこちなさなどを端々に感じさせるさまなどを表す表現。

熟れている【こなれている】

熟練しており、ぎこちなさなどを感じさせない様子。十分に慣れている様子。

事の始まり

それが起こったそもそもの始め。最初の手がかりとなるもの。事の起こり。事の発端。あるいは単に発端、端緒などとも言う。

事の発端【ことのほったん】ことの発端

それが起こった原因、手がかりとなるもの。事の起こり。事の始まり。端緒。

事だから【ことだから】

(1)関連する事項、事柄などを話題にする際に用いる表現。「あの人のことだから元気に暮らしているだろう」などのように用いられる。
(2)重大な事態になるので、一大事だから、といった意味合いを示す表現。「上司に知られたら事だから、誤魔化してしまおう」などのように用いられる。

事あるごとに【ことあるごとに】事ある毎に

何か事が起きるたびに。いつでも、折に触れて、などの意味の表現。「事毎に」とも言う。

事あるごと【ことあるごと】事ある毎

何事か出来事が起こるたび。「事あるごとに」の言い回しで副詞的に用いられる表現。

こてんぱん,コテンパン

ぼろくそに負ける、徹底的に打ちのめされる、といった意味で用いられる副詞。

ごち網【ごちあみ】五智網,ゴチ網

漁業に用いる網の一種で、袋状にした網を引っ張りながら魚を網の中に追い込んで捕獲するのに用いる。底引き網に似るが海底には着けずに引く。

何やかや【なんやかや】何や彼や

いろいろと、何かと、といった意味の表現。

ごちゃごちゃ,ゴチャゴチャ

多くのものが入り乱れて混雑しているさま。または、重要でない物事を何かと述べ立てるさまなどを意味する表現。

厚生保険【こうせいほけん】

福利厚生のために加入する保険。多くの場合は厚生年金保険を指す。

効率主義【こうりつしゅぎ】

物事を進めるに当って作業効率の向上させることに価値を置く立場。短い時間、少ない予算などを目指すあり方。

政治オンチ【せいじオンチ】政治音痴

政治に関する感覚が鈍くて調子の外れた人。政治手腕の拙さを「音痴」になぞらえた表現。

運動音痴【うんどうおんち】運動オンチ

運動に関する身体感覚が鈍く、機敏に運動できない様子などを意味する表現。運動能力のなさを、音感が鈍く調子の外れやすい「音痴」になぞらえた表現。略して「運痴」などとも言う。

コミニュケーション

「コミュニケーション」(communication)の誤記。コミュニケーションは複数の人が互いに働きかけて意思疎通や情報の伝達を行うことなどを意味する表現。

外交手腕【がいこうしゅわん】

外国を相手にしたときの立ち回りの巧みさ。外交の手腕。外交官や主張、または国家の、対外的な交渉の巧みさなどを意味する表現。

ユーフォロジー,ufology

UFO(未確認飛行物体)に対する研究。UFO学。UFOに、学問を意味する「logy」を組み合わせた語。

命に別条なし【いのちにべつじょうなし】命に別条無し,命に別状なし,命に別状なし

命に関わることではない、といった意味の表現。死ぬ程の事ではない。事故や災害などで身が危険にさらされた際に用いられることが多い。

命に別条はない【いのちにべつじょうはない】命に別状はない

事故や災害などで身が危険にさらされた際に、命に関わることではない、といった意味で用いられる言い方。死ぬ事はない。

酒気を帯びる【しゅきをおびる】

酒を飲んで酔っていてるさま。体内にある程度のアルコールが溜っている、息が酒臭い、酔っぱらっている、などを意味する表現。酒気帯びの状態。

酒気帯び【しゅきおび】

酔っていて息が酒臭いさま。酒気を帯びている状態。酒を飲んで体内にある程度のアルコールが溜っている様子。

八虐罪【はちぎゃくざい】

律令法の下で最も重い罪とされた8種の罪。「八虐」とも言う。謀反、謀大逆、謀叛、悪逆、不道、大不敬、不孝、不義。

大不敬【だいふけい】

律令において定められた「八虐」のうち、神社に対する不敬などの罪。「八虐」とは、謀反、謀大逆、謀叛、悪逆、不道、大不敬、不孝、不義。

謀反【むへん】

律令において定められた「八虐」のうち、天皇を殺害し国家転覆を企てること。八虐の中でも最大の大罪。「八虐」とは、謀反、謀大逆、謀叛、悪逆、不道、大不敬、不孝、不義。

謀叛【むほん】

律令において定められた「八虐」のうち、国家に対して反逆する大罪。「八虐」とは、謀反、謀大逆、謀叛、悪逆、不道、大不敬、不孝、不義。

悪逆【あくぎゃく】

律令において定められた「八虐」のうち、主君殺しなどの大罪。「八虐」とは、謀反、謀大逆、謀叛、悪逆、不道、大不敬、不孝、不義。

不道【ふどう】

律令において定められた「八虐」のうち、大量殺人や呪殺などの大罪。「八虐」とは、謀反、謀大逆、謀叛、悪逆、不道、大不敬、不孝、不義。

謀大逆【ぼうたいぎゃく】

大逆を謀ること。律令において定められた「八虐」のうち、宮殿や陵(みささぎ)を破壊しようと目論むこと。「八虐」の一つに数え上げられる。「八虐」とは、謀反、謀大逆、謀叛、悪逆、不道、大不敬、不孝、不義。

鴻毛より軽い【こうもうよりかるい】

水鳥の羽毛よりも軽やかであるさま。「死はあるいは泰山より重く、あるいは鴻毛より軽し」などで用いられる言い回し。命を惜しまず潔く死ぬべき時もある、といった意味の喩えとして用いられる。

死はあるいは泰山より重く、あるいは鴻毛より軽し【しはあるいはたいざんよりおもくあるいはこうもうよりかるし】死は或は泰山より重く、或は鴻毛より軽し,死は或いは泰山より重く或いは鴻毛より軽し

死というものは、時には重大な価値を持ち、また時には非常に軽い価値しか持たないものだ。「義」の如何によって、無駄死にしないように命を重んじるべき時もあれば、命を惜しむことなく潔く果てるべき時もある、といった意味の表現。司馬遷の書に由来する語。

泰山より重い【たいざんよりおもい】

中国五大名山の筆頭であり道教の聖地である「泰山」よりも重みがある、すなわち、非常に価値があるさまを表す表現。「死はあるいは泰山より重く、あるいは鴻毛より軽し」などの表現で用いられる。

転電【てんでん】

報道機関が、他の報道機関による情報をそのまま紹介して伝えること。冒頭に参照元の情報機関を「~によると」などの形で言及することが多い。

年越し

(1)大晦日の晩から元旦を迎え、次の年に移ること。「としこし」と読む。「年越し蕎麦」などのように用いる。
(2)数詞などの後に続いて、ある期間それに関わること。「ねんごし」と読む。「3年越しに実った恋」などのように用いる。

年越しの【ねんごしの】年ごしの

数詞などの後に続いて用いられ、その期間ある物事に携わっているさまなどを意味する表現。例えば、三年間にわたって試験勉強をした末に試験に合格した様子などを、「三年越しの努力が実った」などと表現する。

2011年7月25日月曜日

こだわらない

「こだわる」の否定。特定のものに固執、執着せず、他のものでも許容する、といった意味の表現。

刮ぎ取る【こそぎとる】刮ぎとる,こそぎ取る

刃物などで削る、削り落とすさまを意味する表現。

御座れ【ござれ】

「ある」「行く」「来る」などの動詞の命令形に尊敬、または丁寧の意味を加えた表現。現代語では「何でもござれ」の形で、「何でも来い」を意味する言い回しとして用いられる。

心強い【こころづよい】こころ強い

頼もしいさま、安心している様子、を意味する表現。

ここぞとばかりに

ある機会を好機と捉えてさかんに働きかけるさまなどを意味する表現。

乞うご期待【こうごきたい】こうご期待

「請うご期待」とも。期待しているように相手に求める、呼びかけの言葉。期待していてね、という程の意味の、堅めの表現。

ケヤキ並木【ケヤキなみき】欅並木

ケヤキが街路樹として連なる並木。

げん担ぎ,ゲン担ぎ,ゲンかつぎ

験を担ぐこと。特に以前やってみて良かった瑣末な行いなどを、縁起が良いと考えて再び行うことなどを意味する表現。

けん引【けんいん】牽引

引っ張ること。大勢の人を統率してあるものごとに向かわせること。

ケロケロ

主にカエルの鳴き声を表す表現。特にアマガエルなどの小型の蛙を指す。大型はゲロゲロと鳴く。

ケバい,けばい

派手で煌びやかだが品のないさま、人目につく様子だが好ましい感じのしないさまなどを表す語。「けばけばしい」の略。

尻を捲る【しりをまくる・けつをまくる】尻をまくる,ケツをまくる,ケツを捲る

居直ること。物腰を急に変えてけんか腰の様相を呈することなどを意味する表現。

気だるさ【けだるさ】気怠さ

どことなく、しまりがなくて億劫な感じのするさま。気だるい感じ。アンニュイさ。

クール便【クールびん】

保冷状態を保って荷物を送り届ける配送サービスのこと。専用の冷凍車両などが用いられ、冷蔵状態、冷凍状態での輸送が可能。サービス提供企業によってサービス名は異なる。

グーぐる

「グーグル」を誤変換した表記。グーグル(Google)はインターネット検索エンジンなどを手がける米国の大手企業の名称。

グロースタート式【グロースタートしき】

蛍光灯の点灯方式のうち、「電子点灯管」(グローランプ)を使用する方式のこと。スターター型(グロースターター)型とも言う。最近はインバータ型が主流。

クロマト

英語の接頭辞「chromato」の音写で、「色彩に関する」または「染色体に関する」といった意味の表現。「クロマト」を接頭辞に持つ語として「クロマトグラフィー」などがある。

グロい,ぐろい

「グロテスク」を日本語の形容詞として取り入れた表現。グロテスク(grotesque)は、不快なほどの異様さ、奇妙さなどを意味する語。「グロテスクな」と形容動詞的に用いることもある。

クレイモデル,クレーモデル

自動車などの立体イメージ造型に用いられる、特殊な粘土材を使用したモデル。現物に近い臨場感や存在感を把握するのに適するとされる。

クリニカル

英語clinicalの音写。臨床的、病床に関する物事などを意味する表現。

クリスピー

英語crispyの音写。パリパリと小気味良い手応えを感じるさまなどを意味する表現。

グラフティ

「グラフ」と「グラフィティ」(graffiti)を混同したものか。グラフ(graph)は図画を意味し、グラフィティ(graffiti)はいたずら書きに似たペイントアートのことである。

クラウニング

crowning。主に歯車の歯あたりを向上させるために行われる加工法の一種。

グラ

(1)「グラフィック」の略。絵や画像のこと。
(2)「グランプリ」の略。
(3)「ぐらつく」「ぐらぐらする」の略または部分。

雲を掴む【くもをつかむ】雲をつかむ

漠然としていてとらえどころがないさま。「雲を掴むような話」と言う場合、具体性に欠け到底実現できないさまなどを示すことが多い。

ぐにゃん

芯が通っておらず、力なく、柔らかく曲がり倒れるさまなどを意味する表現。

くっ付く【くっつく】

ぴったりと接する、寄り添う、密着する、などの意味の表現。

くっつき

くっつくこと。くっついていること。「くっつく」とは接する、寄り添う、密着するなどの意味の表現。

グッツ

グッズ(goods)の誤りか。グッズは小物、道具などを意味する英語。

クッキークリーム

アイスクリームなどの種類のうち、細かいクッキーとミルククリームの入ったもの、あるいは、その風味があるもの。「クッキー&クリーム」とも言う。

クアッド

英語quad(quadruplet)の音写で「4つ」「4倍」を意味する表現。

煌びやかな【きらびやかな】

美しくきらめくさま、または、光り輝くような美しさなどを意味する表現。衣装や舞台などを形容することが多い。

キーチェ-ン

鍵などをなくさないように付けておく鎖。キーホルダーの一種。

キャンセル料金【キャンセルりょうきん】

予約をキャンセルした際に補償として発生する料金。キャンセル料。通常の利用料の何割かであることが多い。

キャリアプラン

どのような経歴を積んでいくかに関する計画などを意味する表現。

決め立ち【きめだち】キメ立ち

格好好く、決まって見えるように姿勢を整えた立ち方。見栄えよく見えるように立つこと。

きな臭さ【きなくささ】

きな臭い感じ、またはその度合い。「きな臭い」は火薬の焦げたような匂いがすること、転じて、不穏な雰囲気のあるさまなどを意味する表現。

狐につままれる【きつねにつままれる】キツネにつままれる

狐狸の類に化かされること。事の意外さに呆気に取られるさまなどを意味する表現。

きっての

ある範囲の中で最も優れているさまなどを意味する表現。その地域の中で一番の。「街道きっての名所」などのように用いられる。

かわいてる

「乾いている」または「渇いている」を略した表現。

駆り出される【かりだされる】

物事に強いて参加させられるさま。引っ張り出されるさま。

がらんとした

空間などの、広々として何もない様子などを表現する言葉。名詞に係る。

がらんと

広々として何もない空間などを表現する言葉。大体「がらんとした」の形で用いられる。

構わず【かまわず】

「構う」の否定。関係したり気に掛けたりすることのないさまを意味する表現。

カットソー

糸を編んで作った生地を、あらかじめ成型はせずに、裁断・縫製することで成型する衣類の総称。「カット&ソー」などとも表記する。

カットそー

「カットソー」の誤変換。カットソーは服飾の用語で、糸を編んだ生地を裁断、縫製することで成型した服を指す語。

かっこよい,カッコよい

「格好良い」を略した表現。見栄えがよくて好ましく思えるさまなどを意味する表現。「かっこいい」「カッコイイ」などとも言う。

恰好の的【かっこうのまと】かっこうの的

ちょうどよい標的。非難や攻撃などの対象などを意味する表現。

がさつ,ガサツ

性格などが粗雑で細かいところに気配りが行き届かないさまなどを意味する表現。

カイ二乗【カイにじょう】χ二乗,カイ2乗,χ2乗

統計学の手法である「カイ二乗分布」において用いられる、記号「χ」(カイ)の二乗。χは数学において、集合などの記号として用いられるギリシア語の文字。

オープンカレッジ

大学などの高等教育機関が学外に講座を公開する催し。公開講座。

オーガニックコットン

有機栽培で育てた綿、または、それから紡ぎだした綿糸。天然の繊維。合成繊維などに対比して用いられる表現。

お疲れ様です【おつかれさまです】お疲れさまです,御疲れ様です

相手の労苦をねぎらっていう呼びかけの表現。

お疲れ【おつかれ】

「疲れ」を丁寧にいう表現。または、「お疲れ様です」を略した表現。

お送り【おおくり】

送ることを丁寧にいう表現。

お大事【おだいじ】御大事

「大事」に丁寧の「お」をつけた表現。特にものを粗略に扱わずに大切にすることを指し、「お体をお大事にしてください」の意味で用いられることが多い。

お節供【おせちく・おせっく】御節供

年中の節目を祝う日やその行事。または、その際に供される食べ物。

お申し出【おもうしで】御申し出,御申出,お申出

自ら言って出ることをうやまっていう表現。

お手数をかける【おてすうをかける】お手数を掛ける

ある行為をさせて面倒をかける、手間取らせる、などの意味をうやまっていう表現。

2011年7月24日日曜日

お諮る

「お諮りする」の誤り。計画立てる、または、広く意見を聞く、などの意味の表現。「お諮りする」は、「諮る」の名詞形「諮り」に丁寧の「お」を付け、さらにサ変動詞として用いた形。

お越しになる【おこしになる】御越しになる

赴くことを敬っていう表現。「行く」と「来る」のどちらの意味合いでも用いられる。

オンコロジー

oncologyで「腫瘍学」を意味する表現。主に癌などの腫瘍に関する研究分野のこと。

大人しく【おとなしく】

形容詞シク活用「大人しい」の連用形。動作などが落ち着いていて静かなさま、抵抗しないさまなどを意味する表現。

おさまらない

「おさまる」の否定。「おさまる」には複数の意味合いと漢字使いがあるが、否定の場合は「収まらない」と書き、沸き起こったり広がったりものの収拾がつかないさまを指すことが多い。例として「怒りが収まらない」などのように用いる。

噯にも【おくびにも】

「おくびにも出さない」で、まったくそのような感情を見せない、といった意味の表現。「おくび」(噯)は「ゲップ」を表す語。

エッジの利いた【エッジのきいた】

端々がシャープで気が利いているさまなどを意味する表現。もとはスキー板やサーフボードのエッジの部分がよく機能して自在な動きが可能なさまを指す表現とされる。

エグゼグティブ

普通「エグゼクティブ」等と表記する。英語executiveの音写で、上級管理職、重役などの意味の表現。

うずうず,ウズウズ

何かをしたいという抑えがたい欲求が起こるさまなどを意味する表現。

味覇【ウェイパー】

中華料理向けの調味料の名称。

ウイキペディア

普通「ウィキペディア」(Wikipedia)と書く。ウィキメディア財団が運営しているインターネット上のソーシャルな百科辞典プロジェクトの呼び名。