2014年8月20日水曜日

国民病【こくみんびょう】

国民の多くが罹患している疾病、といった意味の表現。

国民病と呼ばれる病気や症状の多くは、国民における患者の割合が目立って多く、自身が罹患するリスクも高い、といった性質を持つ。社会環境や食文化などに少なからず要因がある場合も多い。

現代日本においては、がん、糖尿病、花粉症、腰痛などは国民病と見なされている。他にも、腎臓病、肩こり、歯周病、うつ病なども国民病と形容されることが多い。

戦前の日本では結核が国民病だった。 米国は肥満や生活習慣病などが国民病と見なされている。

あるいは、「日本人の西洋コンプレックス」のようなネガティブな気質を比喩的に国民病と形容する場合もある。