スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月 26, 2010の投稿を表示しています

人日の節句

五節句の一つ。旧暦1月7日の節句。新春の滋養に富んだ春の七草を七草粥にして食べ、1年の無病息災を願う。正月の松の内の終わりに粥を食べることで腹休めとする意義もある。そうした節句に限って怠け者は忙しくするという「怠け者の節句働き」という諺がある。

七日正月

1月7日の人日の節句。正月七日。元日から七日正月まで(松の内)を正月の祝いの期間とし、翌日から平日に戻ることが多い。

松の内【まつのうち】

正月を祝う期間。松飾りを飾っておく間の意味で、多くは正月七日、または十五日までを指すことが多い。正月七日までの松の内を「松七日」とも言う。

賀正【がしょう】

正月を賀すること。年賀状で用いる。賀春。頌春。主に目下の者へ用いるとされ、よりかしこまった機会には「謹賀新年」などを用いる。

迎春【げいしゅん】

新春(新年)を迎えること。主に年賀状で用いる。頌春。賀春。「迎春の準備にいそしむ」などの表現でも用いる。