2010年11月17日水曜日

意識する【いしきする】

気づく、自覚する、意識を働かせる、気にする、恋愛感情を持つ、などの意味の表現。

向付け【むこうづけ】

懐石料理などの日本料理において、手前におく飯碗や汁碗に対して、向側に置かれる簡素な料理を盛る器、またはその料理のこと。「向付」とも書く。

注ぎ込む【つぎこむ】つぎ込む

注ぎ入れる、たくさんのお金を特定のことに使う、などという意味の表現。「注ぎ込む」と書く。

事を運ぶ【ことをはこぶ】

物事を進める、物事に取り組む、などという意味の表現。「慎重に事を運ぶ」という具合に使う。

定位置【ていいち】

きまった位置、いつもの位置、などの意味の表現。

強大な【きょだいな】

大きくて強い、強大である、などの意味の表現。

短角的

「短絡的」(たんらくてき)を読み違え、変換を誤った表現、または角が短い牛などの品種を形容する表現。

補完的【ほかんてき】

足りないものを補うような性質を持っている、補完するような性質を持っている、などの意味の表現。

見兼ねる【みかねる】見かねる

見ておてない様、平気で眺めていられない様、などの意味の表現。

鋭意努力【えいいどりょく】

気持を集中させて、努力すること。「鋭意」は一生懸命に取り組むことを意味する表現で、「鋭意作成中」や「鋭意研究している」などのようにも用いる。

遠大な【えんだいな】

将来まで見据えているさま。遠大であるさま。「遠大な構想」、「遠大な事業計画」などのような表現で用いられることが多い。

事件簿【じけんぼ】

様々な事件の内容や顛末などを記録した書類やファイルなどのこと。

至近距離【しきんきょり】

非常に近い距離、極めて間近な距離、などの意味の表現。

自制心【じせいしん】

自分自身の感情や欲望などをうまく抑えたりコントロールしたりする気持ちや精神力のこと。

恒久化【こうきゅうか】

一時的な措置や暫定的な処理として実施されているものを、恒常的なものにすること。

硝子戸【がらすど】ガラス戸

ガラスをはめたドアや扉や窓などのこと。

スマートグリット

「スマートグリッド」の誤記。

情緒的【じょうちょてき】

人を感慨深くさせるような雰囲気のある、情緒のある、などの意味の表現。

新大牟田【しんおおむた】

2011年全線開業予定の九州新幹線鹿児島ルートにおいて、福岡県大牟田市大字岩本に設置される予定の駅の名称。新大牟田駅。従来からある大牟田駅(おおむたえき)に対して、「新大牟田」と呼ばれる。

サインボーナス

契約時に契約金や契約の更新料などとして支払われる報酬やボーナスの総称。

扇情性【せんじょうせい】煽情性

見た人や聞いた人などの何らかの感情や欲望などを増幅させたり煽り立てたりするような性質のこと。煽情的な性質のこと。