2010年10月25日月曜日

産業分類【さんぎょうぶんるい】

各種産業を一つの観点から系統だてて整理、分類したもの。各国で作成されている。わが国では、総務省より「日本標準産業分類」が発表されている。

甘噛み【あまがみ】

噛み切ったり咀嚼したりすることを目的とせず、やさしく噛むこと。動物がじゃれたり愛情表現の一種として行ったりすることが多い。

落し込み【おとしこみ】

落とし込むこと、具合的な形にすること、などの意味の表現。

華を添える【はなをそえる】

美しいものなどを添えることで華やかな雰囲気を醸し出す、などの意味の表現。「花を添える」とも書く。

菊門【きくもん】

尻の穴の俗称。

荒廃的【こうはいてき】

荒れているさま、廃れているさま、などを表現するのに使われる言い回し。

荒んだ【すさんだ】

荒れている、劣化している、などの意味の表現。荒む(すさむ)。

草刈場【くさかりば】

村や部落などにある共同で利用する茅などの草を採取するための場所のこと。転じて、多くの人が、こぞって利権や利益を確保しようとするような場所や領域などを比喩的に指す言葉。「草刈り場」とも書く。

草刈り場【くさかりば】

村や部落などにある共同で利用する茅などの草を採取するための場所のこと。転じて、多くの人が、こぞって利権や利益を確保しようとするような場所や領域などを比喩的に指す言葉。「草刈場」とも書く。

独善的な【どくぜんてきな】

独り善がりであるさま。他人のことを考慮せず自分ひとりの考えをよしとし貫こうとするさま。

独りよがり【ひとりよがり】

自分が良いを考えていることを、他人のことを考慮せずに、押し通そうとすること。「独り善がり」とも書き、「独善」とも言う。

苦鳴【くめい】

苦しみや痛みのために上げる悲鳴、の意味の表現。

狂信的【きょうしんてき】

信仰心が高じて、正常な判断力を失った状態で、教えに従っているさま。冷静になってみれば疑念も湧きそうな考え方に、無批判に信じ込んでいるさま。

鼻カン【はなかん】

「鼻環」を参照。

牛鼻環【うしはなかん】

牛を繋ぐために利用する環状の道具。牛を御するために、牛の鼻を貫通させて装着する。

鼻かん【はなかん】

鼻輪のこと。特に牛をつなぐための鼻輪を「牛鼻環」という。

牛鼻かん【うしはなかん】

「牛鼻環」と書く。牛を御するために牛の鼻に通す輪のこと。「鼻環」は鼻輪のことで、「鼻繋」(はながい)などとも言う。

熱弁をふるう【ねつべんをふるう】

情熱のこもった口調で説く、または訴えかける。

煩雑な【はんざつな】

込み入っていたり入り組んでいたりして、煩わしいさま。処理するのが面倒であるさま。

無骨者【ぶこつもの】

無骨な(武骨な)人。あらあらしく、洗練されていない感じの人物。

無為に【むいに】

何もせず、漫然と過ごしている状態。あるいは、なすがままに身を委ねているさま。「日々無為に過ごす」などと言う場合は前者の意味で、「無為自然」と言う場合は後者の意味。

激白【げきはく】

胸の裡に秘めた事を打ち明けること。告白。吐露。衝撃的事実の告白、というような意味合いで用いられている。

激安【げきやす】

価格が非常に安いこと。格安。安いことを特別に強調した言い回し。

おぼれる、という意味を持つ字。「溺れる」(おぼれる)と訓ずる。音読みは「でき」。「溺死」「溺水」などの表現の他、「耽溺」「惑溺」「溺愛」など比喩的な意味でも多く用いられる。

準じ【じゅんじ】

ある基準に即して。「準ずる」が変化して「準じる」となった語の活用形。

清冽な【せいれつな】

水などが、清らかで冷たいさま。「冽」は清い、冷たいといった意味の字。主に清流や地下水などの形容として用いられる。

混練【こんれん】

よく混ぜ、練り合わせること。複数の異なる材料を混ぜて練り込むこと。英語のmixing、kneadingなどに相当する。

淡泊な【たんぱくな】

性質があまりしつこくない様子。味がさっぱりしている、性格があっさりしている、などの表現として用いられる。状況により、好悪どちらの評価でも用いられる。

浸軟【しんなん】

水分に浸り、軟らかくなる現象。ふやけること。特に皮膚が水分を含み軟化することを言う場合が多い。

流動化【りゅうどうか】

流れ動くようにすること。流動させること。「流動」とは、停滞することなく移動すること。「資産の流動化」などとよく言われる。

若干名【じゃっかんめい】

少しの人数、という意味の表現。企業などの人材募集などにおいて募集人数を示す際に多用される。実際は0~10名程度の幅の人数が想定されていることが多いが、企業ごとの方針やその際の募集の背景などに応じて、実際の募集人数は異なる。

注意散漫【ちゅういさんまん】

注意が定まらず、あれこれと気が散っているさま。集中力を欠いているさま。

色めき【いろめき】

色めくこと、活気付くこと、動揺すること、きれいになること、などの意味の表現。

決起集会【けっきしゅうかい】

ある物事に向けて行動を起こす際、勢いを付けるために催す集まり。決起のための集会。

汚名返上【おめいへんじょう】

着せられた不名誉な評判を覆すこと。汚名を雪ぐこと。

水分子【みずぶんし】

水を構成する分子のこと。分子式は一般的に「H2O」と書かれる。

気持ちいい【きもちいい】

きもちが良い。快適である。心地よい、快い。

気をつける【きをつける】

注意・留意する。用心する。「気を付ける」とも書く。場合によっては「元気を付ける」「景気を付ける」の意味でも用いられる。なお、「気付け」といった場合は主に「元気を付ける」の意味。

気をつかう【きをつかう】

あれこれと配慮すること。気遣いすること。「気を遣う」とも書く。

気の抜けた【きのぬけた】

「気が抜ける」の形容詞的用法。 状況により、おおむね以下のような意味で用いられる。

(1)人が、魂が抜けたようになっているさま。
(2)炭酸飲料の炭酸が飛んだ状態。

気のせい【きのせい】

「気の所為」と書く。知覚したが、後になって根拠が持てない物事。思い過ごし。

毒づく【どくづく】

面と向かってこっぴどいものの言い方をする。ひどく罵る。「毒突く」と書く。

毅然として【きぜんとして】

「毅然と」を参照。

毅然と【きぜんと】

確固たる意志を持ち、動じないさま。断固として。「毅」は強いという意味の語で、「剛毅」などの熟語を作る。

殺伐とした【さつばつとした】

荒々しく殺気を含んだ雰囲気。穏やかでない。荒涼とした。とげとげしい。

残念至極【ざんねんしごく】

きわめて残念である、の意。「至極」は、「この上なく」といった意味の接尾辞で、「光栄至極」「迷惑至極」などのように用いる。

「こと」と訓ずる。「殊に」「殊の外」などの他、「殊勝」「殊功」などの語を成す。特に、とりわけ、特別な、といった意味合いを含む。

開いた口がふさがらない【あいたくちがふさがらない】

「開いた口が塞がらない」を参照。

あいた口がふさがらない【あいたくちがふさがらない】

「開いた口が塞がらない」を参照。

開いた口が塞がらない【あいたくちがふさがらない】

呆れ果て、茫然とするさま。呆気にとられるさま。

頤をはずす【あごをはずす】

「顎を外す」を参照。

顎をはずす【あごをはずす】

「顎を外す」を参照。

あごを外す【あごをはずす】

「顎を外す」を参照。

頤を外す【あごをはずす】

「顎をはずす」を参照。

顎を外す【あごをはずす】

大笑いすること。顎が外れるほど笑う様子を表すもの。似た表現の「顎が落ちる」は食べたものが美味しいさま、「開いた口が塞がらぬ」は呆れ返ったさま。

アゴをなでる【あごをなでる】

「顎を撫でる」を参照。

アゴを撫でる【あごをなでる】

「顎を撫でる」を参照。

あごを撫でる【あごをなでる】

「顎を撫でる」を参照。

頤を撫でる【あごをなでる】

「顎を撫でる」を参照。

顎を撫でる【あごをなでる】

得意担っている様子。自慢げなさま。満足した心持ちの時に、顎を撫でる動作を伴うことが多いことから。

アゴを出す【あごをだす】

「顎を出す」を参照。

あごを出す【あごをだす】

「顎を出す」を参照。

頤を出す【あごをだす】

「顎を出す」を参照。

顎を出す【あごをだす】

ひどく疲れる。へばる。へとへとになる。進もうとしても足が疲れて前に出ず、やっと顎が前にでるさまをいう。

アゴ振り三年【あごふりさんねん】

「顎振り三年」を参照。

あご振り三年【あごふりさんねん】

「顎振り三年」を参照。

頤振り三年【あごふりさんねん】

「顎振り三年」を参照。

顎振り三年【あごふりさんねん】

何事も、習熟するには長い年月と地道な努力が必要であるということ。尺八を吹くとき、首を振りながら上手く吹けるようになるまで三年はかかるということから。さらに「首振り三年、ころ八年」とも言う。

アゴでハエを追う【あごではえをおう】

「顎で蝿を追う」を参照。

顎でハエを追う【あごではえをおう】

「顎で蝿を追う」を参照。

あごで蝿を追う【あごではえをおう】

「顎で蝿を追う」を参照。

アゴで蝿を追う【あごではえをおう】

「顎で蝿を追う」を参照。

頤で蠅を追う【あごではえをおう】

衰弱したさま。「顎で蠅を追う」を参照。

顎で蠅を追う【あごではえをおう】

衰弱したさま。身にとまった蝿を、手で払うのではなく、顎を振って払おうとするさま。頤で蠅を追う。

アゴで使う【あごでつかう】

「顎で使う」を参照。

あごで使う【あごでつかう】

「顎で使う」を参照。

頤で使う【あごでつかう】

「顎で使う」を参照。

顎で使う【あごでつかう】

横柄な態度で人に指図する。顎でしゃくって指示する。頤使する。

色あせる【いろあせる】

色が薄くなったり古ぼけたりすること。「色褪せる」と書く。

致し方ない【いたしかたない】

仕方が無い、止むを得ない、などの意味の表現。「致す」という謙譲語を使うことでさらに丁寧にした言い回し。

致します【いたします】

「します」「やります」などをさらに丁寧に言う表現。「する」の謙譲語である「致す(いたす)」に敬体の「ます」が付いた表現。

至適血圧【してきけつあつ】

単に正常な血圧であるばかりでなく、理想的な血圧であるような血圧の値のこと。

自発的に【じはつてきに】

他者などから言われてではなく、自分から自主的に、などの意味の表現。自発。

自業【じごう】

自分自身の行い、自分自身が引き起こした結果、などの意味の表現。「自業自得」などの用語の中で使われる。

自律的【じりつてき】

そのもの自体だけで調整を行ったり問題を解決したりなどを行うさま。自律していること。

自己保身【じこほしん】

自分自身の利益や身分などを守ること、を意味する表現。特に、社会的な地位や名誉や経済的な利権などに関した自分自身の利益を守る態度のことを指す。

自工【じこう】

「自動車工業」などの略。自動車と関連した事業を営む企業の会社名の一部などに、しばしば使われる表現。

自嘲的な【じちょうてきな】

自分で自分を馬鹿にするような、自分自身のことを笑いのネタにするような、などの意味の表現。

自主独立【じしゅどくりつ】

独力で自立して物事を進めて行く、などの意味の表現。

不羈独立【ふきどくりつ】

何ものにも縛られたり制約を受けず、また何ものの援助や助けも受けずに独力で道を切り開いて行こうとすること。「独立不羈」とも言う。「不羈」は、束縛や制約を受けないの意味、「独立」はこの場合は、援助や助けなどを得ずに自立してやってゆく、の意味。

膠着状態【こうちゃくじょうたい】

物事が進まず行き詰まっている状態、などの意味の表現。膠着した状態。

腹落ち【はらおち】

納得すること、成程と思うこと、腹に落ちること、などの意味の表現。同じ意味の慣用句「腹に落ちる」を名詞として使う際の表現。

腹の皮が突っ張れば目の皮が弛む【はらのかわがつっぱればめのかわがたるむ】

満腹になると何となく眠くなるものだ、という意味の表現。「腹の皮」はお腹の皮膚の意味、「目の皮」は瞼(まぶた)の意味。

腹ごしらえ【はらごしらえ】

何らかの事に当たる前などに、食事をして備えること。「腹拵え」と書く。

脳裏をよぎる【のうりをよぎる】

何らかの考えが頭の中に浮かぶ、嫌な予感などがする、などの意味の表現。「脳裏をよぎる」の「よぎる」は「過ぎる」と書く。

能天気な【のうてんきな】

深く考えこまず気楽な態度を取っているさま、などを意味する表現。能天気。

胸突き八丁の【むなつきはっちょうの】

「目標などを達成する直前の、全ての行程の中で最も苦しく難しい局面に差し掛かっている」という意味の表現。胸突き八丁。

胸中晴れない【きょうちゅうはれない】

心が晴れない、何となく暗い気持ちである、すっきりしない、などの意味の表現。

胸の内【むねのうち】

心の中、明らかにされていない考えや思い、などの意味の表現。「胸のうち」とも書く。

胸のうち【むねのうち】

心の中、明らかにされていない考えや思い、などの意味の表現。「胸の内」とも書く。

背中を押す【せなかをおす】

行動しようかどうか迷ったり躊躇ったりしている人に、最後の一押しをする、決断を促す、などの意味で使われる表現。

肩書【かたがき】

職名や地位または社会的な地位、などを意味する表現。「肩書き」とも書く。

肩の荷【かたのに】

精神的な負担になるようなことや心のつっかえなどのことを意味する表現。「肩の荷が下りた」などという具合に使われる。

肉棒【にくぼう】

男性の陰茎、を意味する俗語。

職業倫理【しょきぎょうりんり】

特定の職業に要請される倫理、または職業人に求められる倫理、などのことを幅広く指す表現。

職業人【しょくぎょうじん】

職業を持った人、の意味の表現。

耽美的【たんびてき】

美的なものを追求する、美を最も価値のあるものとする態度の、などの意味の表現。

考慮して【こうりょして】

考えの中に含めて、配慮して、などの意味の表現。

考え合わせる【かんがえあわせる】

様々な要素や事情などを加味して総合的に考える、などの意味の表現。

義理の父【ぎりのちち】

直接の血のつながりがない父のこと。「妻の父」など。

義理の息子【ぎりのむすこ】

直接の血のつながりがない息子のことを幅広く指す表現。「娘の夫」など。

羅患率

「罹患率(りかんりつ)」の誤記、誤変換。

羅患

「罹患(りかん)」の誤記、誤変換。「罹患」は病気になるかかることを幅広く指す用語。

罌栗

「罌粟(けし)」の誤記、誤変換。「罌粟」はケシ科ケシ属の植物の総称。「渥美罌粟」「牡丹罌粟」「雛罌粟」「鬼罌粟」などがある。

繰入【くりいれ】

編入すること、組み入れること、繰入れること、などの意味の表現。「繰り入れ」「繰入れ」などとも書く。

線が細い【せんがほそい】

体格や体つきなどが細い、頼りない、繊細な、などの意味の表現。特に、男性について言われる。

総代理店【そうだいりてん】

特定の地域や特定の市場全体についての一手販売権を保持している代理店のことを指す表現。

口に糊する【くちにのりする】

「口を糊する」を参照。

頤が干上る【あごがひあがる】

「顎が干上がる」を参照。

顎が干上る【あごがひあがる】

「顎が干上がる」を参照。

あごが乾上る

「顎が干上がる」を参照。

あごが干上がる【あごがひあがる】

「顎が干上がる」を参照。

頤が干上がる【あごがひあがる】

「顎が干上がる」を参照。

顎が干上がる【あごがひあがる】

収入がなくなる。生計が立ち行かなくなる。口を糊することができなくなる。「口が干上がる」とも言う。

頤が食いちがう【あごがくいちがう】

「顎が食い違う」を参照。

顎が食いちがう【あごがくいちがう】

「顎が食い違う」を参照。

頤がくい違う【あごがくいちがう】

「顎が食い違う」を参照。

頤がくい違う【あごがくいちがう】

「顎が食い違う」を参照。

顎がくい違う【あごがくいちがう】

「顎が食い違う」を参照。

アゴが食い違う【あごがくいちがう】

「顎が食い違う」を参照。

あごが食い違う【あごがくいちがう】

「顎が食い違う」を参照。

頤が食い違う【あごがくいちがう】

「顎が食い違う」を参照。

顎が食い違う【あごがくいちがう】

当てが外れる。見込み違いになる。

アゴが落ちる【あごがおちる】

「顎が落ちる」を参照。

あごが落ちる【あごがおちる】

「顎が落ちる」を参照。

頤が落ちる【あごがおちる】

「顎が落ちる」を参照。「頤」(おとがい)は下顎の意味。

顎が落ちる【あごがおちる】

とても美味しい、ということの比喩。「頬が落ちる」「ほっぺたが落ちる」と同じ。「顎が落ちる」とも書く。

続く見込み【つづくみこみ】

何かしらの現象や状態が継続する見通しである、という意味で使われる表現。新聞やニュースなどにおいて、「1週間続く見込み」「当面続く見込み」などと言う具合に、期間を示す表現と共に、しばしば定型句のように使われる。

絶対絶命【ぜったいぜつめい】

「絶体絶命」の誤記、誤変換。「絶体絶命」は、最早逃れることが出来ないほどに追い詰められた状態のことを意味する表現。

絶体【ぜったい】

九星占いでいう凶星の名称の一つ。「絶体絶命」などの成句の中で日常的には使われる。

絶え間ない【たえまない】

止む事が無い、中断することがない、連続的な、などの意味の表現。「絶え間無い」「絶間無い」などと書く。

統合的【とうごうてき】

総合的な、統一的な、一つにまとめた、などの意味の表現。

絞込み【しぼりこみ】

絞込むこと、特定の条件に基づいて多くの中から範囲や件数などを小さくすること、などを意味する表現。「容疑者の絞込み」「絞込み検索」などという具合に使われる。「絞り込み」「絞込」などとも書く。

絞り込み【しぼりこみ】

絞り込むこと、特定の条件に基づいて多くの中から範囲や件数などを小さくすること、などを意味する表現。「容疑者の絞り込み」「絞り込み検索」などという具合に使われる。「絞込み」「絞込」などとも書く。

結果オーライ【けっかおーらい】

物事が、紆余曲折を経て、最終的には問題の無い結果に終わることを意味する、口語的な表現。

結びつき【むすびつき】

関係、関わり、結合、などの意味の表現。「結び付き」と書く。

経過措置【けいかそち】

特定の法律や制度や体制などから、新しく別の法律や制度や体制などに移行する際に、その移行中や移行完了後などに発生する、不利益や不都合などを極力減らすために取られる一時的な措置や対応などのことを幅広く指す表現。

経産【けいさん】

経済と産業、の意味の表現。「経済産業省」を略して「経産省」などと呼ばれる。

経常赤字【けいじょうあかじ】

経常利益が赤字であること。逆に、経常利益が黒字である場合は「経常黒字」と呼ばれる。

経常的【けいじょうてき】

定期的なさま、一定の間隔や頻度で発生するさま、などの意味の表現。「臨時的」などの対義語として用いられることが多い。

純売上高【じゅんうりあげだか】

総売上高から、「売上値引」「売上返品」「売上割戻」を差引いた、金額のこと。

糸ロックス【いとろっくす】

店頭などで販売している商品に値札やタグなどを取り付けるための、糸が素材のロックス(取り付けるための部品、タグループ)のこと。

精緻化【せいちか】

より精緻な状態になること、精緻な作りにすること、などの意味の表現。

精神崩壊【せいしんほうかい】

精神的におかしくなること、または、望ましくない行動や発言を取ること。「精神疾患」になることを指すのではなく、多くは、比喩的に用いられる。

精彩を放つ【せいさいをはなつ】

生き生きとした雰囲気に溢れている、という意味の表現。「生彩を放つ」とも書く。反対の意味の表現は、「生彩を欠く」「精彩を欠く」。

簡易専用水道【かんいせんようすいどう】

飲料水の供給施設の一つ。水道法で「受水槽の有効容量が10立方メートルを超える施設」と定義されており、市町等の水道事業者から供給される水を水源とする。

管きょ【かんきょ】

「管渠」と書く。地下水路のことを幅広く指す言葉。「函渠」とも書く。

筒状【つつじょう】

筒のような形、筒のような形状、などの意味の表現。

等間隔【とうかんかく】

相互に等しい間隔、の意味で使われる表現。

符番【ふばん】

番号をつけること。通常は「付番」と書く。

竣工式【しゅんこうしき】

建物や建築物などが完成した際に、その完成を祝うと共に披露するための式典のこと。

立替【たてかえ】

金銭などを一時的に代わりに支払うこと。「立て替え」などとも書く。