スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 23, 2010の投稿を表示しています

生涯グランドスラム【しょうがいぐらんどすらむ】

テニスにおいて、選手としてのキャリアの内に、世界4大大会である全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープンを全て制覇すること。「キャリア・グランドスラム」とも呼ばれる。また、1年で世界4大大会を全て制覇することは「年間グランドスラム」と呼ばれる。

現病歴【げんびょうれき】

現在罹っている特定の病気や実際の症状などについて、いつから、どのようにして、どのような経過と共に現在に至っているか、という履歴のこと。

現実味【げんじつみ】

実現する可能性、などの意味で使われる表現。「現実のものとなる可能性が高まってきた」などと言いたい場合に、「現実味を帯びてきた」などという具合に言う。

特論【とくろん】

中級者から上級者向けの講義や研究の発表、特別な講義、などの意味で使われる表現。主に、大学や大学院などのシラバス(講義概要)などにおいて、講義のタイトルの一部として使われる。

一散【いっさん】

一目散に走ること、わき目も振らず我武者羅(がむしゃら)に走ること。「一散に」という風に副詞として使われることが多いが、「牛の一散」のように名詞としても使われる。

牛の一散【うしのいっさん】

普段はのんびりしている牛が不図した拍子に急に激しく走り出すように、普段はぐずぐずしたり優柔不断な人が、何かの弾みで、急に決断して猛烈に物事を進めたり、我武者羅(がむしゃら)に働いたりすること。「一散」は、「わき目も振らずに走る」の意味で、「一散に」「一目散に」などという具合に、副詞として使われることが多い言葉。

熱硬化【ねつこうか】

加熱によって硬化すること、またはプラスチックなどの合成樹脂に関するそうした性質のこと。「熱硬化性高分子」「熱硬化性プラスチック」などという具合に使われる。

熱源機【ねつげんき】

何らかの方法で、熱を発生させる装置や機械を幅広く指す表現。ガス熱源機や灯油熱源機など、熱を発生させる資源に応じて色々な種類があり、床暖房や温水など用途も色々なものがある。

熱可塑【ねつかそ】

加熱すると軟らかくなり冷却すると硬くなる、という意味の用語。「可塑」は、変形させたり整形させたりすること。「熱可塑性」というのは、「一定以上の熱で変形させることができる」という意味。「熱可塑性樹脂」「熱可塑性高分子」などという具合に使われる。

濃艶な【のうえんな】

つややかで美しい状態を表現するのに使われる言い回し。艶やかな(あでやかな、つややかな)、官能的な、などの意味。

漸時

「暫時(ざんじ)」と「漸次(ぜんじ)」が混同されてしばしば使われる表現。「暫時」は「しばらくの間」という意味、「漸次」は、段々と、次第に、などの意味。

溶脱【ようだつ】

土壌中の物質が、蒸発や降雨などを通じて地下水などに流出すること。または、コンクリートなどの中に含まれる物質が、水などに溶解して流出すること。「窒素溶脱」「カルシウム溶脱」「溶脱作用」などという具合に使われる。

減失

「滅失(めっしつ)」の誤記。「滅失」は無くなること、紛失するここと、失効すること、などを意味する表現。

消費量【しょうひりょう】

消費される量、の意味で広く使われる言葉。「カロリーの消費量」「電力消費量」「インスタントラーメンの消費量」などという具合に使われる。

沈着冷静【ちんちゃくれいせい】

落ち着いていて、冷静なさま。「沈着」は、驚いたり取り乱したりせずに物事に動じない態度のこと、「冷静」は感情的にならずに理性的で落ち着いた態度のこと。「冷静沈着」とも言う。

水膨れ【みずぶくれ】

軽い火傷(やけど)の際に、皮膚の火傷をした部分の下に水のようなものが溜まって白っぽく膨れ上がること。または、その膨らんだもののこと。「水脹れ」とも書く。または、単にぶよぶよと太ったり膨れ上がったりしているさま。

水廻り【みずまわり】

住宅やマンションなどにおいて、台所、トイレ、洗面所、風呂場、などのように水を使う場所の事を幅広く指す表現。「水周り」「水回り」などとも書く。

水切【みずきり】

総じて「水を切るもの」「水を切ること」という意味で、使われる表現。「水切り」とも書く。

(1)湖などの表面に平べったい石を投げて水の上を飛び跳ねさせる遊びのこと。石切り。
(2)調理の際に、野菜などの食べ物の水滴を払うこと、またはそれに使うための調理器具のこと。コランダー。
(3)雨水などによる家屋の土台の防腐や防水を目的に、外壁の下端に設置する器具や機材のこと。

気安く【きやすく】

心安く、軽々しく、遠慮せず、などの意味の表現。「気安い」の場合は、「気安い友人」という風に良い意味で使われることが多いが、「気安く」の場合は、「気安く話しかけるな」などという風に、通常は否定的な意味で使われる。

気取られる【けどられる】

察知される、気付かれる、秘密や思惑などがばれる、などの意味の表現。「気取る(けどる)」は、秘密や本心などの気付く、という意味の表現。

気をよくする【きをよくする】

良い気分になる、特に、物事がうまくいったり、あるいは嬉しいことを人に言われたりして、いい気分になる、という意味の表現。「気を良くする」と書く。