スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 22, 2010の投稿を表示しています

気のおけない【きのおけない】

他人行儀な距離感がなく、ことさらに気を遣ったり気兼ねしたりする必要がないほどに親密であるさま(つまり、とても親密な間柄であるさま)を意味する表現。

一般的には、「気が置けない」の言い方で用いられることの方が多い。

親しい間柄であるという意味で「気が置ける」という言い方は誤用。また、「気が置けない」を油断ならない、打ち解けがたいといった意味で使う言い方も誤用。

関連サイト:
「気が置けない人」は,油断ならない人?  - 文化庁月報平成23年12月号(No.519)

横ばい【よこばい】

数値の上下変動がなく、一定水準のまま推移していること。「横這い」と書く。物価や売上などについて言うことが多い。

構造的【こうぞうてき】

物事の構造、仕組み、作りに起因するさま。システム上そうなっているさま。例えば「構造的失業」は、経済構造の変化によって生み出される失業のこと。

案内人【あんないにん】

道を先導したり、手筈について手ほどきしたりする役目の人。単に「案内」とも言う。水路などにおいて船を先導する人は「水先案内」「水先案内人」。

框扉【かまちとびら】

框(囲み枠)によって構成された扉。框で囲まれる板材はガラスなどの透明な素材であることも多い。キャビネットの扉などに用いられる。

残材【ざんざい】

不要になったり余分だったりする資材や木材のこと。「林地残材」「残材処理」などという具合に使う。

根ざした【ねざした】

植物が根をおろし、しっかりと根を張ったさま。転じて、しっかりとした基盤を持って定着しているさま。「根差す」の連体形で、「根差した」と書く。「地域に根ざした産業」などのように言う。

根こそげ【ねこそげ】

根本からごっそり。何も残らいほどすっかり。根刮げ。一般的には「根こそぎ」(ねこそぎ)という。「根こそぎ持っていかれた」のように用いる。

根こそぎ【ねこそぎ】

根本からごっそり。何も残らいほどすっかり。「根刮ぎ」と書き、「根刮げ」(ねこそげ)とも言う。「根こそぎにする」や「根こそぎ奪う」のように用いる。

枯淡の【こたんの】

さっぱりとして、なおかつ、深みのある有りよう。人の人格や、芸術作品の風情を表す言葉。「枯淡の境地にいたる」「枯淡な趣」などと言う。

本領発揮【ほんりょうはっき】

自分の持っている能力や持ち味などを、存分に出すこと。本領を発揮すること。「本領」は、自分が持っている本来の能力や特性などを指す表現。「発揮」は外側に表し出すこと。

正気の沙汰【しょうきのさた】

正常な判断、まともな決定、などの意味。通常「正気の沙汰ではない」「正気の沙汰とは思えない」などという具合に否定を伴って「まともな判断とは思えない」という意味で使われることが多い。この場合の「正気」は、正常な、などの意味で、この場合の「沙汰」は判断や決定や指示などの意味。

止痢【しり】

下痢を止めること、特に、薬などで下痢を緩和して体調を整えること。「止痢剤」「止痢薬」などという具合に使われる。「止瀉」「制瀉」なども「止痢」と同じ意味の表現。

歓ぶ【よろこぶ】

よろこぶこと。「よろこぶ」には色々な書き方があり、「喜ぶ」「慶ぶ」「悦ぶ」「歓ぶ」などと記述される。特に、小説や詩などの文芸作品などでは、作家によって文脈に応じて使い分けられることもある。

「曝す」(さらす)や「曝け出す」(さらけだす)などの意味を持つ字。音読みは「ばく」であり、放射線を浴びることを「被曝」という(爆撃を受ける意味の「被爆」とは異なる)。

暮れなずむ【くれなずむ】

日没どき、日が暮れかけてから暗くなるまでの間の様子。「暮れ泥む」と書く。多くは春の夕暮れを表す。「泥む」とは物事が停滞すること。

機に【きに】

きっかけとして、契機に、転機として、などの意味の表現。「これを機に」などという具合に使われる。

横目に【よこめに】

ちらっとだけ見て、見ても無視して、超然として、などの意味で使われる表現。「横目でみる」などの言い方もある。

横串【よこくし】

組織などについて、「縦割り」に対して、横方向の連携や関連付けなどを表現するために使われる表現。「横串を通す」「横串組織」などという具合に使われる。単に「横断的」という意味で使われることもある。

様方【さまかた】

手紙などを、主に個人宅などに送る際に、表書きの宛名において、「送付先の家の誰それ」ということを示すために記す敬称。

様に【ように】

「この様に」などという具合に、比較して、同じ類のもののであることを示したりする際に使われる表現。「ように」は助動詞「ようだ」の連用形。

概念化【がいねんか】

まだ概念的に説明されていなかったり、それを言い表すちょうど良い表現がないような特定の現象やものごとなどについて、新しい概念や用語などを作り出して言い表すこと。概念化する能力のことは、「概念化能力」などとも呼ばれる。

框ドア【かまちどあ】

ドアの一種。周囲に枠を作り、その枠を仕口によって組み立てたドアのこと。この場合の「框(かまち)」は周囲の枠のこと。框戸。

格幅【かっぷく】

「恰幅(かっぷく)」の誤記、誤変換。恰幅は、体格や風采のこと。「恰幅が良い」などという具合に使われる。

根も葉も【ねもはも】

「根拠」「証拠」などの意味で「根も葉もない」という表現の一部として使われる言い回し。「根も葉もない」は「何の根拠も無い」などといった意味の表現。

うつらうつ

「うつらうつら」の略、または誤記。「うつらうつら」は、眠くてうとうとしていること。

シーズヒーター

英語の綴りは「sheath heater」。「シーズ」を発熱体にしたヒーターのこと。英語としての「sheath」は、「鞘、パイプ」などの意味。「シーズヒーター」の場合の「シーズ」は、発熱体をパイプ(金属シース)に入れ、その間を絶縁物で満たしたもののこと。

マリアージュ

フランス語の綴りは「mariage」。結婚、婚姻などの意味。カタカナ語としては、結婚、婚姻などの意味で用いられる他、「ワインと食べ物の相性」などの意味でも用いられる。

管直人

「菅直人」の誤記、誤変換。第94代内閣総理大臣「菅直人(かんなおと)」の「カン」は、「管」ではなく「菅」と書く。

ジト目【じとめ】じと目

「じとーっとした目つき」などの意味の表現。何らかの感情を含めて見据える目つき。主に、漫画やアニメなどをはじめとしたサブカルチャーの分野において、登場するキャラクターの表情や目つきなどについて言われる。

形而【けいじ】

『易経』繋辞上伝の一節「形而上者謂之道 形而下者謂之器」に由来する表現。通常は「形而上」「形而下」「形而上学」などといった言葉の中で使われる。

リビングマルチ

農業において、土壌侵食を防止すること目的として、主として栽培する作物とは別の作物の播種を行い、主作物の生育期間中も生育を続けさせて地表を植物で覆わせるのに使われる、被覆植物のこと。そうした、リビングマルチを使った栽培法は「リビングマルチ栽培」と呼ばれる。

是正措置【ぜせいそち】

誤りを正す処置。改善するよう取り計らうこと。是正を促す措置。金融庁が金融機関に対して業務改善命令を下すことを特に「早期是正措置」という。

お前【おまえ】

二人称。元々は「御前(おんまえ)」など言い、相手を敬った言い方であるが、「お前(おまえ)」「おめえ」などという風に言う場合は、相手をぞんざいに言う言い方。

うそつけ

「嘘をついているだろう」「嘘をつきやがって」といった具合に、嘘をついていると思われる相手を非難するのに使われる言い回し。

明朗快活【めいろうかいかつ】

明るく元気であるさま。「明朗」も「快活」も、朗らかで元気のあるさまを意味する表現。「明朗」は、「明朗会計」のように、後ろ暗いところがないさまも表す。

ウェルダー

英語の綴りは「welder」。溶接工や溶接機、などの意味。「ウェルダー加工」は、素材に高周波電界を与えて内部発熱を起こして溶着させる加工のこと。

興奮する、という意味を主に持つ字。「昂る」と書いて「たかぶる」と読む。「激昂」「意気軒昂」(いきけんこう)などの語彙がある。なお、プレアデス星団の和名である「昴」(すばる)は、昂とは異なる字。

査問委員会【さもんいいんかい】

組織や団体などにおいて、何かしら問題のある行動を取った者や、または問題を引き起こした疑いのある者などについて、取調べを行い、場合によっては懲罰などの決議を行う会合や委員会のこと。

本稿【ほんこう】

「この原稿」「この論文」「この文章」などの意味で使われる表現。「本稿ではAとBの因果関係について説明したいと思う」などという具合に、通常は、特定の文章の著者が、その文章中で、その文章自体を指すのに使われる。

未見の【みけんの】

「まだ見たり会ったりしたことがない」などという意味で使われる表現。「未見の論文」などという具合に使われる。「未見」と似たような表現に、未知、未聴などがある。

未聴【みちょう】

「まだ聴いたことがない」という意味で使われる、くだけた表現。「未知」という言葉と類比的に、「未聴の音楽」などという具合に使われる。

未満【みまん】

ある数や値に対して、その数自体は含まないでその数よりも少ないこと。「100未満」なら「100よりも少ない」ということ。「以下」の場合は、その数自体も含む。「以下」「以上」のように、「未満」の反対語とされる表現には「超過」があるが、通常は「100以上」「100以下」「100未満」などとは言うが「100超過」とは言わず「100よりも大きい」などと表現する。