スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 19, 2010の投稿を表示しています

シストレ

「システムトレード」の略。株式やFXなどの投資においてソフトウェアを使って裁量を排して一定の売買ルールに従って売買を機械的に行う手法のこと。

ぺダンティック

英語の綴りは「pedantic」。知識をひけらかすような調子であること、衒学的であること、などを意味する。

樹静かならんと欲すれども風止まず【きしずかならんとほっすれどもかぜやまず】

木が風で揺れているのを木が静止しようとしても風が止まなければどうすることもできないように、親に孝行をしようと思ったときには、既に親は亡くなっており、親孝行できずに嘆くこと。『韓詩外伝』の一節に由来する故事成語。風樹の嘆。

先味【さきあじ】

食事などが済んだ後に口に残る味を意味する「後味」から転じて、実際に食事するよりも前に客が飲食店などで経験する雰囲気などのことを指す表現。同じような文脈では、食事そのものの味は「中味」と言う。

ポターファン

『ピーターラビットのおはなし』シリーズで知られるイギリスのロンドン出身の絵本作家ビアトリクス・ポターのファンや愛好者のこと。

ボイリング

英語の綴りは「boiling」。煮え立つ、沸き返る、などの意味。カタカナ語としては、特に土木・建築などの分野で、地下水位よりも深く地盤を掘削した際に、山留め壁の下から周囲の地下水が入り込み、お湯がぼこぼこと沸騰しているかのように土砂が掘削面に流出してくる「ボイリング現象」のことを指す。

遺憾の意【いかんのい】遺憾の念

残念であるという気持ちのこと。「遺憾の意を表する」などという具合に使う。通常、相手の行動が期待外れであったり心外であったりして残念である、という相手に対する非難の気持ちも含んでいる。

センシング

英語の綴りは「sensing」。感覚の、センサーのといった意味で使われる他、センサーで観測すること、という意味でも使われる。

Zチャート【ぜっとちゃーと】

企業の売上などのような一定の時間間隔を持ったデータについて、月ごとのデータ、その年度の累積のデータ、1年前の同じ月のデータの3つのデータを、同じ一つのグラフとして表現したチャートのこと。「Z図表」とも呼ばれる。

Z図表【ぜっとずひょう】

企業の売上などのような一定の時間間隔を持ったデータについて、月ごとのデータ、その年度の累積のデータ、1年前の同じ月のデータの3つのデータを、同じ一つのグラフとして表現した図表のこと。「Zチャート」とも呼ばれる。

白飛び【しろとび】

日光の強い場所や白などの服など明るいものがあるところで、デジタルカメラで撮影した際に、明るい部分が白くなって諧調が失われる現象のこと。

宣う【のたまう】

おっしゃる、などという意味の表現。「言う」の尊敬語。文語の場合は「宣ふ」と書いて「のたまう」と読む。

実になる【みになる】

字義通りには「樹木に果実などが実る」の意味であるが、しばしば「その人のためになるという」意味の「身になる」という言葉の誤記・誤変換として使われる表現。

定足【ていそく】

国会や株主総会などのような合議制の機関において、議決を行うために必要な最小限度の出席者が、その会議に出席していること。そのような議決を行うために必要な最低限度の出席者の数は「定足数」と呼ばれる。

定性化【ていせいか】

特定の現象や出来事などについて、その性質や原因などに関して説明したり記述したりすること。「定量化」が、同じものを数値データや数式などを使って記述したり説明したりすることを指すのに対して、「定性化」は、その性質や要素などを記述することを指す。

定型句【ていけいく】

特定の場面やシーンなどで良く使われる決まり文句や表現などのこと。定型表現。年賀状や手紙、あるいは電子メールなどで、定型句がしばしば使われる。

定型化【ていけいか】

繰り返し行うような作業や業務などについて、その標準的な手順や手法などを定めた上で、毎回その定められた同じ手順や手法で実施すること。

孤発【こはつ】

時々発生すること、散発的に発生すること、などを意味する表現。通常「孤発性」という表現で主に医学分野において使われる用語。

孤影悄然【こえいしょうぜん】

一人ぼっちなさま、寂しいさま、などを意味する四字熟語。「孤影(こえい)」は「一人ぼっちであること」「孤独であること」などを意味し、「悄然(しょうぜん)」は「ひっそりとしていて寂しいさま」を意味する。

委細面談【いさいめんだん】

「詳しいことは実際に合って話す」という意味の言い回し。「委細面談」という言葉自体が四字熟語としてあるわけではないが、求人案内などにおいて「委細は面談で話しましょう」などという意味で、しばしば記載される。

悔しさ【くやしさ】

悔しいと思う心情。「この悔しさは生涯忘るまい」「諸君にはこの悔しさをばねに是非一層精進してもらいたい」などのように用いる。

怠惰な【たいだな】

怠けているさま。努力を怠っているさま。形容動詞「怠惰」の連体形で、「怠惰な生活」「怠惰な性格」などのように用いる。

思考回路【しこうかいろ】

思考のみちすじ。思考のパターン。考え方。「回路」は電気回路という意味の他、辿るみちすじという意味を持つ。一般的に、論理の展開や帰結などについて特定のパターンが認められる場合に、あまり好ましくない意味で用いられる。

天然水【てんねんすい】

地下水などを原水とする天然の水のうち、無機塩添加などの調整を行っていない水のこと。しばしば水道水と対比的に用いられる。「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」などとほぼ同義。厳密な定義はないが、ミネラルウォーターについては、1990年に農林水産省が「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」を出している。

いそがしいこと。「忙しい」(いそがしい)、または「忙しない」(せわしない)などと訓ずる。また、「忙殺」「繁忙期」などの熟語を構成する。

忌憚なく【きたんなく】

「忌憚」とは遠慮や気兼ねをすること。否定を伴った「忌憚のない」「忌憚ない」「忌憚なく」などの形で用いられることが多い。言いにくい内容の意見・感想でも遠慮なく開陳するよう、相手に要請する際などに用いる。

一般的に「とおる」または「てつ」と読む。貫き通すことに関連する言葉に用いられる。「徹する」「頑固一徹」(がんこいってつ)など。「思う念力岩をも通す」を、「思う念力岩をも徹す」を書く場合もある。また、人名(とおる)としても用いられる。

微動だ【びどうだ】

「微動だにしない」の一部分。「だに」は助動詞で「~でさえ」と同意。「微動だ」と「に」に分かれるわけではない。

微かな【かすかな】

ようやく気付くことができる程度に、弱々しい、または僅かなさま。「微か」(かすか)の連体形。「幽か」とも書く。

天の作せる孼は猶違くべし、自ら作せる孼は逭るべからず【てんのなせるわざわいはなおさくべし、みずからなせるわざわいはのがるべからず】

天災や自然災害などは避けることもできるが、自分自身が原因で発生した災いについては、逃れることができない、という意味の故事成語。『書経(太甲中)』に由来する。

大事に至る【だいじにいたる】

小さな問題などが、大きな問題や深刻な出来事に発展する、という意味で使われる言い回し。この場合の「大事」は「大きな問題」「重大な事件」などという意味。「大事に至らずに済んで良かった」などという具合に使われる。

壁芯【かべしん】

マンションや住宅などの建物において、部屋を真上から見た場合の、壁の中央線の部分(つまり壁の厚みに対して真ん中の部分)のこと。

堅牢性【けんろうせい】

堅いこと、丈夫なことなどを意味する表現。特に、コンピュータやインターネット関連の業界の用語としては、ハードウェアなどが丈夫で壊れにくい設計になっていることや、ソフトウェアやシステムなどが、予期しないエラーや障害やセキュリティ上のリスクなどに柔軟に対応できること、などを幅広く指す。

基調演説【きちょうえんぜつ】

主な論旨をまとめている演説のこと。特定の会合や集会において、全体のテーマの基調を成すような内容の演説や、基本方針などについて説明する講演のこと。

基数的効用【きすうてきこうよう】

商品やサービスを消費することから得られる満足の水準を表すミクロ経済学の用語である「効用」の一種。効用の内、その程度を数値や金額などを使って測定可能であるとされる種類の効用が「基数的効用(Cardinal Utility)」。これに対して、測定不可能ではあるが、順序付けが可能であるとされる種類ものものは「序数的効用(Ordinal Utility)」と呼ばれる。