2010年10月17日日曜日

動勢【どうせい】

状況や状態、動きや進展などのことを幅広く指す言葉。

力技【ちからわざ】

力業(ちからわざ)の誤記、誤変換。「力業」は強い力に基づいて行う技や、やり方などを幅広く指す表現。

劇場型【げきじょうがた】

演劇やドラマなどの一部であるかのようであること。物事の進められ方が、予め決まった台本があるかのように巧妙に進展したり、周囲の人間や関わっている人々を魅了したり圧倒するような演出などに溢れていること。「劇場型犯罪」「劇場型政治」などという風に使われる表現。

創刊号【そうかんごう】

新聞や雑誌などのような定期刊行物の、最初の号や最初の版のこと。

割増【わりまし】

通常の値や金額などに対して、さらに何割か増した値や金額のこと。割り増し。反対の意味の言葉は「割引」「割り引き」

割り切り【わりきり】

それで本当に良いか悪いか、などは敢えて考慮せずに、一定の基準などに基づいて、感情的にならずに判断すること。割り切ること。

前倒【まえだおし】

前に倒す、計画などを当初の予定よりも早める、などの意味で使われる言い回し。「前倒し」とも書く。

切戻し【きりもどし】

園芸などの手入れの剪定手法の一つ、または、切花を長持ちさせるための手法、などを指す用語。通常「切り戻し」と書く。

切れ長の目【きれながのめ】

目尻が細長くなっている目、などの意味で使われる表現。

切々と【せつせつと】

思いや感情などがこもっているさま。切々。

分散化【ぶんさんか】

分散させること、一箇所に集中していない状態にすること、適度にばらつきのある状態にすること、などの意味で使われる表現。

分別のある【ふんべつのある】

善悪の判断や、物事の判断などをする能力などを身に付けていること。

分かりにくい【わかりにくい】

なかなか理解できないこと、理解するのが難しいこと。「分かり難い」と書く。

出鼻をくじく【でばなをくじく】

出たばかりのところや、やり始めたばかりのところで、邪魔が入ったり中断を余儀なくされること。「出鼻を挫く」「出端を挫く(でばなをくじく)」などと書く。「出鼻を折る」「出端を折る」も同じ意味。

出藍の誉れ【しゅつらんのほまれ】

弟子や生徒が、師匠や先生よりも、その道においてより優れた能力を発揮するようになる名誉や名声のこと。「出藍」は生徒が先生よりも優れることのたとえ、「誉れ」は「光栄であること」「評判の良いこと」などを意味する表現。

出来る限り【できるかぎり】

出来るだけ、やれる範囲で最大限に、などの意味の表現。

出来かねる【できかねる】

するのが難しい、出来ない、などの意味の言い回し。この場合の「かねる」は「引き受けかねる」「対応しかねる」「見かねる」などと同様に、「しようとしてもできない」「堪えられない」などという意味。

出代【でしろ】

機械などにおいて出っ張っている部分のこと。この場合の「出」は「突き出る」などの意味であり、「代(しろ)」は、「代」は「糊代(のりしろ)」「縫い代(ぬいしろ)」「伸び代(のびしろ)」などと同様に、「余白や余地」などのことを指す。

出世欲【しゅっせよく】

より高い地位や権力のある身分になりたいという欲望のこと。

凝縮機【ぎょうしゅくき】

気体を液体に凝縮するための機器のこと。通常は「凝縮器」と書く。

凍てつく【いてつく】

凍りつくこと。「凍て付く」とも書く。

冷静沈着【れいせいちんちゃく】

冷静で落ち着いているさま。「冷静」は感情的にならずに理性的で落ち着いた態度のこと、「沈着」は、驚いたり取り乱したりせずに物事に動じない態度のこと。「沈着冷静」とも言う。

冴えた【さえた】

気の利いた、知恵のある、賢い、などという意味の言い回し。「冴える」は、この場合は、頭脳明晰であることを意味する。

冠称【かんしょう】

同じ種類や集団に属するような「物の名前」「組織名」「地名」「製品名」などについて、共通して名称の一部に含まれている文言や言葉などのこと。

冠した【かんした】

「という名前を付けた」「~という称号を付けた」などという意味の言い回し。「冠する」は上に被せる、上に乗せるなどという意味。「人名を冠した駅名」という場合は、「人名が付いた駅名」「人名が名称の一部に含まれた駅名」という意味。

円の面積【えんのめんせき】

「円」の「面積」のこと。「円周率×半径×半径」により求められる。

内通者【ないつうしゃ】

内部で、密かに敵に通じたり情報を漏らしたりしている裏切者のこと。内通している者。

内訳書【うちわけしょ】

何らかの物事や事柄の内訳や詳細な内容を記した文書や書類のこと。「収支内訳書」「国税還付金支払内訳書」「勘定科目内訳書」など。

共作【きょうさく】

合作、共同制作、共同で作ること、または共同で作ったもの、などを幅広く意味する言い回し。

公の場【おおやけのば】

公共の場、公の場所、自分の家や特定の個人だけの所有地ではないような場所、などのこと。

全面対決【ぜんめんたいけつ】

真っ向から勝負すること、全面的に対決すること、などという意味の言い回し。

全喪【ぜんそう】

社会保険から脱退すること。廃業した事業所などは、全喪届を提出してその手続きを行う。

全体像【ぜんたいぞう】

「ある物事の全体的なイメージ」や「部分的ではない全体的な概観」などの意味で使われる表現。

光陰矢のごとし【こういんやのごとし】

「月日はあっという間に過ぎて行く」といった意味。 「光陰」は月日や歳月のこと。「光陰矢の如し」とも書く。

先験【せんけん】

西洋哲学などの文脈で使われるドイツ語「transzendental」の古い訳語である「先験的」などという言葉の中で見られる表現。「経験に先立つ」という意味合いであるが、「先天的」などの別の言い回しもあり、現在では通常「超越論的」という表現が用いられる。

先願【せんがん】

先に出願すること、先に申請すること、などを幅広く指す言葉。特許の申請などの文脈で、「先願主義」などという具合に使われる。

先鋭的【せんえいてき】

考えや行動などが急進的だったり改革的だったりすること、またはそうした様子のこと。

先導者【せんどうしゃ】

先導する人、首謀者、主導者、などの意味の表現。

先ほど【さきほど】

ちょっと前、さっき、ついさっき。「先程」と書く。

先ごろ【さきごろ】

この間、先日、などという意味の表現。「先頃」と書く。

元素表【げんそひょう】

元素を周期律に従って配置した表のこと。周期表。元素周期表。

元に戻す【もとにもどす】

前の状態に戻すこと、元の状態を復元すること。

傾奇【かぶき】

備付【そなえつけ】

予め用意してあること、備え付けてあること、備え付けてある物、備え付け。

偉そう【えらそう】

偉く(えらく)見えること。または、批判的な意味で必要以上に威張っていること。

値引【ねびき】

定価より安くすること、ディスカウント。「値引き」とも書く。

俯かせる【うつむかせる】

俯け(うつむけ)にする、顔を下に向けさせる、頭を垂れさせる、などという意味の表現。俯ける(うつむける)。

信頼関係【しんらいかんけい】

相互に相手のことを信頼し合っている関係、信頼することができるような関係、などという意味の表現。

信じがたい【しんじがたい】

信じられない、信じるのが難しい、信じ難い、などという意味の表現。

俗物的【ぞくぶつてき】

俗物のような、俗人的な、世間的な利益などの追求にばかり走るような、などという意味の表現。

俗人的【ぞくじんてき】

俗人のような、俗っぽい人のような、庶民的な、下衆な、などという意味の表現。

俄か【にわか】

急に、不意に、突然、などの意味の言い回し。「俄(にわか)」とも書く。

便宜を図る【べんぎをはかる】

利益になるようなことや、特別な計らいなどを行うこと。便宜は、都合の良いこと、便利であること、などの意味の言葉。

侮れない【あなどれない】

侮ることができない、馬鹿にできない、油断できない、などという意味の言い回し。

依頼書【いらいしょ】

何らかの要請や依頼を行うための文書や書類などのこと。見積依頼書、提案依頼書、鑑定依頼書、修理依頼書、などなど色々な種類がある。

例によって【れいによって】

例のように、いつもの通り、前回の例と同じように、などと言う意味の表現。

使用用途【しようようと】

特定の物、部品、商品、素材などの使い道や使い方のこと。使途。

使い切り【つかいきり】

使い切ること、使う度に残量などが少なくなるようなものなどを使い果たすこと。

你好【ニイハオ・ニーハオ】

中国語で、時刻を問わずに使われる挨拶。主に親しい人に使う。

作業工程【さぎょうこうてい】

何らかの作業や製造などの過程や工程のこと。

作成者【さくせいしゃ】

作成した人、作った人、作者、などの意味の表現。

作付面積【さくづけめんせき】

田畑で作物を実際に植えつけている面積のこと。「作付け面積」とも書く。

何よりも【なによりも】

他のどんなものよりも、どのようなものよりも、などの意味の表現。

何もかも【なにもかも】

全て、一切、全部、一切合財、などの意味の表現。

何とぞ【なにとぞ】

何とか、どうか、何とかして、などの意味の表現。「何卒」と書く。

何とぞ【なにとぞ】

何とか、どうか、何とかして、などの意味の表現。「何卒」と書く。

休務【きゅうむ】 

仕事や業務などを休むこと。土日祝日などの休日や、有給休暇などで別途休んだ日などをどちらも含んだ言い回し。