スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 16, 2010の投稿を表示しています

企業経営【きぎょうけいえい】

企業の経営のこと。会社を経営することを幅広く指す。単に経営という場合は、自治体やNPOなどをはじめ幅広く組織を管理運営するとを指すので、その中で、特に会社を経営することを区別して言う。

今日中【きょうじゅう】

今日の間に、今日の終わりまでに、などという意味。「その日の営業時間内に」「今日の業務
時間が終わるまでに」という意味を含んで使われることもある。

今作【こんさく】

今回の作品、今回のバージョン、などという意味合いで使われる俗語的な表現。「前作」に対して今回の作品というのを対比的に言う場合に「今作」などという風に書かれる。本作。

人事を尽くす【じんじをつくす】

「人事を尽くして天命を待つ」から転じて、「人としてできる限りのことを実行する」「やれることを全てやる」などという意味で使われる言い回し。この場合の「人事」は「人としてやれる事」という意味。

五穀豊穣【ごこくほうじょう】

穀物などの農作物が豊作になることを幅広く指す言葉。「五穀」は米、麦、粟、黍または稗、豆の5種類の穀物のこと。「豊饒」は作物などが豊かに実ること。

事業部【じぎょうぶ】

独立に生産や販売の機能を持ち、特定の事業を行っている部門のこと。事業部制の組織において、特定の製品や事業を担当している一つの部門のこと。

不安視【ふあんし】

不安に思ったり、心配に思ったりすること。「不安視されている」という風に、特に周囲の人から心配されているという文脈で使われる表現。

上昇志向【じょうしょうしこう】

向上心やハングリー精神などを持って、より高い次元を目指そうとする気持ちのこと。「上昇志向が強い」という場合、単に「向上心が強い」というよりも、「権力欲や出世欲などが強い」といった意味でしばしば使われることもある。

上振れ【うわぶれ】上ぶれ

成果や業績などが、当初の計画を上回ること、または、景気や経済情勢などが現状よりも良くなること、などを意味する表現。反対の意味の表現は「下振れ」。

一体型【いったいがた】

通常別々の部品や機器が、1つの部品や機器に両方備わっていること。「ビデオ一体型テレビ」「ディスプレイ一体型パソコン」などという具合に使う。

レコメンド【れこめんど】

英語の綴りは「recommend」。推薦する、推奨する、勧めるなどの意味。カタカナ語としては、主にインターネット関連の業界などにおいて、特定のウェブページの利用者が興味を持ちそうな他のページや商品などを推薦することやその機能の事を指し、そうしたシステムは「レコメンド機能」「レコメンデーション機能」「レコメンド・エンジン」などと呼ばれる。

リスケ【りすけ】

リスケジュール(reschedule)の略。主にビジネスの現場などで、スケジュールを変更する、計画を組みなおす、などの意味で使われる表現。「リスケする」という風に「する」を伴ってサ変動詞としても使われる。

ダメ押し【だめおし】

念押し。止めを刺す。特に、既に結果が見えているようなことに、さらに念押しをしたり、止めを刺したりすること。「駄目押し」と書く。

サスティナブル

英語の綴りは「sustainable」。維持できる、持続できる、などの意味。カタカナ語としては、「将来の社会や環境などを損なわないような」といった意味で、特に、環境問題や住宅・建築などの分野で使われる。

ゲゲゲ

水木しげるの漫画『ゲゲゲの鬼太郎』や、水木しげるの妻である武良布枝の自叙伝『ゲゲゲの女房』などに由来する言い回し。それ自体には深い意味はなく、作者の水木しげるが、小さい頃に自分の名前を「しげる」とうまく言えずに「ゲゲル」「ゲゲ」などと言っていたことに由来。

アサーティブ

英語の綴りは「assertive」。カタカナ語として「アサーティブ」と言う場合は、率直で対等な物言いやコミュニケーションを幅広く指す。「アサーティブな表現」「アサーティブなコミュニケーション」などと言う具合に使う。

ゆうつ

憂鬱(ゆううつ)の誤読・誤記。発音される際に、「ゆうつ」「ゆーうつ」などと聞こえる場合もあるため、「ゆうつ」と書かれることがある。

やむ終えず【やむおえず】

「止むを得ない(やむをえない)」「止むを得ず(やむをえず)」などの誤記。パソコンなどの機器で「やむをえず」を誤って「やむおえず」と入力し、仮名漢字変換することで「やむ終えず」と変換されて記述される。

やむおえない

「止むを得ない(やむをえない)」の誤った書き方。「止む」を「得ない」という風に語が成り立っているので、「お」ではなく「を」と表記する。

やうやう

「ようよう」の古めかしい書き方。「様々」「溶々」「洋々」「揚々」などの意味で使われる。

もふもふ,モフモフ

多量の柔らかい毛をもち、ふかふか、ふわふわ、ふさふさ、もこもことした様子。猫やウサギの愛くるしい様子などを形容するのに使われることが多い。

ものを言う【ものをいう】

何かを言う、言葉を発する、効果や効力を発揮する、などと意味の表現。「日頃の訓練がものを言う」という場合は、「効果や効力を発揮する」という意味の方の表現。「物を言う」と書く。

めいいっぱい

限度まで達していること、ギリギリまで及んでいること、などとを幅広く指す表現。「目一杯(めいっぱい)」が正しい言い方や書き方であるが、実際に発音した場合は「めいいっぱい」とも聞こえる場合もあり、そこから、「めいいっぱい」と誤って書かれる。

むき出し【むきだし】

内部のものが外側に露出していること、または、感情や考えをあからさまに言葉や態度に表すこと。「剥き出し」と書く。

ままある

よくある、ときどきある、しばしば発生する、などという意味の言い回し。

免れる【まぬかれる・まぬがれる】

危険な目に逢わないで逃れる、免除される、などという意味。「免れる」と書いて、「まぬかれる」「免れる」どちらの読み方もあるが、より古いのは「まぬかれる」という読み方。

まじまじと

じっと見つめる様子を形容する表現。「まじまじと見つめる」などという具合に使う。まじまじ。

お言葉【おことば】

「有難いお言葉を頂く」などという場合は「言葉」の丁寧な言い回し。「お言葉ですが」などと切り出す場合は、「反論するようですが」「反対意見を言うつもりはありませんが」などという意味合い。「御言葉」とも書く。