スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 10, 2010の投稿を表示しています

分不相応【ぶんふそうおう】

身分や地位などを越えていることを意味する語。特に必要以上に贅沢なことについて言う表現。
「分相応」は能力や地位や身分などに相応しいことを指す表現で、「分不相応」は、それを否定した形の言い回し。

円熟期【えんじゅくき】

円熟した時期のこと。特に、作家や芸術家について、力量が十分に発達し、名声なども確立された後の、知識や技術や感性などが最も良く発揮される時期のことを指す。

僭越ながら【せんえつながら】

「自分のようなものが行うのは恐縮ですが」「身の程を弁えず申し訳ありませんが」といった意味合いで良く使われる表現。「僭越」は身分や権限などを越えていることを指す言葉。「僭越ながら」という形で、挨拶の切り出しなどで、決まり文句として使われることが多い。

健闘を祈る【けんとうをいのる】

「健闘」は良く戦うこと、立派に戦うこと。「健闘を祈る」は「立派に戦うことを祈ります」という意味。スポーツなどの試合の他、単に「頑張れ」といった意味合いで、幅広く使われる表現。

会社概要

会社の概要こと。詳しい事業内容や財務状況などのことよりも、むしろ「社名、住所、代表者氏名、設立年月日、従業員数」といった、表面的で当たり障りのない情報だけを指す場合が多い。

付添【つきそい】

付き添うこと。付き添い。「付添人」「付添の人」などいった具合に、同行する人を指す場面で使われることが多い。

人畜無害【じんちくむがい】

無害であること。「人畜」は人間と家畜のことを指すが、「人畜無害」という表現は、しばしば、無害であることを強調したり、あるいは人間にとって無害である、といった意味で使われる。

予断を許さない【よだんをゆるさない】

「予断」は「予測すること」「予めすること」といった意味で、「予断を許さない」は「この後の展開がどのようになるかが分からない」「予測不能」であるといった意味。しばしば「予断」と「油断」を取り違えて、「油断できない」といった意味で「予断を許さない」と言われる場合がある。

下振れ【したぶれ】下ぶれ

成果や業績などが、当初の計画を下回ること、または、景気や経済情勢などが現状よりも悪化すること、などを意味する表現。反対の意味の表現は「上振れ」。

やむおえず

「止むを得ず」の誤った書き方。「を」が「お」になっている。「止むを得ず」というのは、仕方が無く、どうしようもなく、といった意味の言い回し。

むずがる

憤る(むずかる・むづかる)の誤った言い方。「憤る」は、赤ちゃんなどについて、機嫌が悪くなったり、ぐずったりすること。

満遍なく【まんべんなく】

「全体に行き渡るように」、「残るところなく」といった意味の言い回し。「満遍」だけで同様の意味で、「満遍なく」という場合の「なく」は否定の活用語尾ではなく、「満遍なし」の連用形。

伸び代【のびしろ】伸びしろ

生徒や選手や社員などについて特に言われる、人間的または能力的に成長する余地のこと。または、経済などが発展したり成長したりする余地のこと。この場合の「伸び」は「成長」の意味であり、「代」は「糊代(のりしろ)」「縫い代(ぬいしろ)」などと言った言葉と同じく「あることをするために必要な余白や余地」などのことを幅広く指す言葉。

取り留めも無い【とりとめもない】

「取り留めの無い」が一般的な言い方。「取り留め」は、話の結論やまとまりのこと。「あの人の話には取り留めが無い」などと言う場合は、否定的な意味で使われるが、「取り留めの無い話」と言う場合は、「特に重要ではない単なるおしゃべり」といった意味合いで使われることが多い。

タメ口【ためぐち】

敬語や「です」「ます」などの丁寧体を含まないような話し方の総称。特に、目上の相手や年上の相手に対して、同年齢の友人と接する時と同じような話し方をすることを指す場合が多い。「タメ口でしゃべる」「タメ口でいいよ」などと使われる。

そつのない

手落ちやミスなどが無いこと。「やる事にそつがない」などと言う風に、述語的に使われる場合は「そつがない」という風に通常言うが、「そつのない返事」などという風に、形容詞的に使われる場合には「そつのない」という風に言われることが多い。「そつ」はミスや間違いなどのこと。

しっぺ返し【しっぺがえし】

仕返しや逆襲のこと。「竹箆返し」と書く。竹箆(しっぺ・しっぺい)というのは、禅宗の修行で使われる竹などが素材の細長い棒のようなもののこと。「しっぺい返し」とも言う。

晒される【さらされる】

「晒す(さらす)」と言う場合は、単にある状態のままにしておくことを幅広く指す場合に使われることが多いが、「晒される」という場合は、「脅威に晒される」「危険に晒されている」などといった具合に、特に「危険な目にいつ合うかどうか分からない状態にある」といった意味合いが強調されて使われることが多い。

こち亀【こちかめ】

秋本治の漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の略。警察官「両津勘吉(りょうつ かんきち)」が主人公のギャグ漫画。

けん責【けんせき】譴責

失敗や不正などを厳しく咎めること。または、組織における懲戒処分の方法のうち、始末書を書かせるなどして強く戒めること。懲戒解雇や出勤停止といった一連の懲戒処分の中では、けん責処分は最も軽微な処分であるといえる。

鑑み【かんがみ】

鑑みること。「鑑みて」などとも使われる。鑑みて、加味して、考慮して、検討材料に加えて、といった意味の言い回し。

お伺い【おうかがい】

「お伺いを立てる」などというのは、問題が無いかどうかなどの判断を立場が上の人などに確認しすること。「伺う」には「訪問する」の謙譲語としての使い方の他に、「お話を伺いたい」といったように「聞く」「尋ねる」などの謙譲語としての用法もあり、「お伺いを立てる」場合の「お伺い」は「聞くこと」「尋ねること」を意味する。

雛型【ひながた】

実物と同じようなデザインや形で、それを小さく作ったもの、または、何かの見本やテンプレートとなるもののこと。通常は「雛形」という風に「形」の方を使う。

重篤度【じゅうとくど】

「重篤」の度合いのこと。「重篤」というのは、病気が非常に重いことを指す。「重篤度」という場合は、「どのくらい病気が重いか」というその度合いのこと。

適要【てきよう】

「摘要(てきよう)」の誤記・誤変換。「摘要」というのは、大切な箇所を抜書きにしたもののこと、または、特に重要で改めて述べておきたいことのこと。

通して【とおして】

「~を通して」という場合は、何かを媒介にして行うことを指す言い回し。「一年間を通して」などと言う場合は、「一年の間ずっと」という意味。

行動力【こうどうりょく】

何かを思い立った際に、実際に行動を起こし、それを実現する力。または、そうした実現に向けて行動する勇気や度胸などのことを幅広く指す表現。

バラツキ

分散していること、まばらであること。特に「どのくらいばらばらになっているか」「どの程度、分散しているのか」といった度合いを表す時に使われる言い回し。