スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 9, 2010の投稿を表示しています

胸先三寸【むなさきさんずん】

心の中、胸の中のこと。本来は「胸三寸(むねさんずん)」という言い方であり、「胸三寸に納める」などと言う風に、考えなどが心の中に秘められている、といった文脈で使われる。胸先三寸は、「胸三寸」と「舌先三寸」が混ざって使われる言い回し。

素っ気ない【そっけない】

思いやりがいさま、返事などが冷たく簡単であるさま。「素っ気ない態度」「素っ気ない返事」などといった具合に使われる。「素っ気」という言葉それ自体で「思いやり」などを指すが、余り単体では使われない。

簡略化【かんりゃくか】

複雑なものごとを単純な状態にしたり、多数の工程を小数の工程にまとめたりして、簡単にすること。「簡略化を図る」などといった具合に使われる。

立ち位置【たちいち】

全体の中の位置づけやポジション、全体の中で演じている役割や、期待されている機能や効果などを、幅広く指す言い回し。

真摯な【しんしな】

真摯であること、真面目にひたむきであること。「真摯な態度」「真摯に受け止めます」などといった具合に使われる。

相互性【そうごせい】

相互関係がある性質、または相互に作用があるような状態を表す言い回し。特に、相互に他を補うような関係性などについて言われる。

採番【さいばん】

番号を採用すること。特定の認証番号などがある場合に、特定の要素や事項などに対して番号を割り当てること。または、コンピュータやソフトウェアなどにおいて、連番で数字の番号を割り当てること。

担当者【たんとうしゃ】

特定の業務や仕事などを担当する係りの人。担当の者。そうした役職があるかどうかがはっきり分からない場合には「ご担当者様」などという風に良く使われる。

愚娘

自分の息子を謙って言う「愚息(ぐそく)」からの類推で、自分の娘について同様に謙った表現。但し、一般的ではなく、その類推からそのように表現する人がいるような言葉。「愚妻」「愚息」は一般的に使われるが、「愚夫」「愚娘」は一般的な表記ではないが、前者からの類推によって、そのように書いたり表現される場合がまれにある。

忸怩たる【じくじたる】

恥ずかしい気持ちが沸き起こること、特に自分自身の振る舞いや行動について恥じ入る気持ちが起こること。「忸怩」はそうした気持ちのこと。「忸怩たる思い」などといった具合に使われる。

引合【ひきあい】

参考にしたり比較したりするために例に挙げること。または、注文などの問い合わせがあること。引き合い。

嫌味【いやみ】

わざと婉曲的に、または皮肉交じりに、人が嫌がるようなことを言うこと。「厭味」または「嫌み」と書くのが正しい。「嫌味」は当て字。

失注【しっちゅう】

ビジネスにおいて注文が取れないこと、または発注がもらえず受注の機会を逃してしまうこと。必ずしも一般的に使われる言葉ではなく、特定の業界や特定の企業の中でのみ通用する造語。

可搬【かはん】

持ち運んだり移動させたりすることが可能であること。そうした性質は可搬性と呼ばれる。「可搬型~」といった表現で使われることもある。

元も子もない【もともこもない】

本来の意義や当初の目的などが失われるだけでなく、失う必要のないものまで予期せず失われること。この場合の「元」は「元手」となる元金のことを指し、「子」は利子のことを指す。

喧々諤々【けんけんがくかく】

「喧々囂々(けんけんごうごう)」と「侃々諤々(かんかんがくがく)」という別々の言葉が混ざった誤った表現。実際に使われる場合には、「多くの人が集まってうるさく議論する」といった意味で使われることが多い。

可逆的【かぎゃくてき】

一旦進んだものや、変化したものを、元の状態に戻すことができるような性質や機能のことを幅広く指す言葉。逆の意味の言葉は「不可逆的」。

協議会【きょうぎかい】

そのままの意味だと協議する会だが、一般的には、特定の目的を持った社団法人や財団法人、または業界団体の名称などに使われることが多い。

半刻【はんとき】

現在で言う「約1時間」のこと。「一刻」の半分の時間なので「半刻」。「半時」とも書く。一刻も「一時」とも書く。

包囲網【ほういもう】

包囲している勢力や集団や仕組みなどのこと。直接取り囲んでいることを指すのではなく、「犯人を取り押さえるための包囲網」といった具合に、比喩的な意味で用いられることが多い。

出損

出捐(しゅつえん)の誤記。「捐」と良く似た「損」を取り違えて、「出損」と書かれる。

凛とする【りんとする】

冴えて、引き締まっている様子などを表す表現。容姿や態度、物腰などが、清らで勇ましく、美しいさま。凛々しいさま。多く「凛とした」と形容詞的に用いる。

公聴【こうちょう】

「公聴会(こうちょうかい)」といった表現などで使われる言葉。国や地方公共団体などが重要事項などを決定する場合に、専門家や関係者などから意見を聞くこと。公聴会はそのための会。

先駆的【せんくてき】

他の人やグループなどに先駆けていること、一番最初に行っていること。先駆となった人は「先駆者」
」などと呼ばれる。

働きかけ【はたらきかけ】

自分の主張や要求が通るように、話し合いをしたりするなどすること。あるいは、単にお願いをしたり要請をしたりすること。または、そうした活動を行うこと。「働き掛け」とも書く。

係合【けいごう】

係り合うこと。要素と要素を互いに繋ぎ合わせたり、番(つがい)にしたりすること。特に特許の文書などで用いられる。

住み分け【すみわけ】

同じような領域や場所などで、直接的に対立したり競合したりしないようにして、お互いの利益をある程度まで守りながら、共存して行くこと。

ズレ

ずれた部分のこと。違っている部分のこと。小さな差や違いなどを幅広く指す。ずれる。

コツコツ

地道に諦めず少しずつ物事を進める様子。漢字で書く場合は「兀々(こつこつ)」と書く。

ザレ場

細かな石や砂が広がっている場所のこと。砂礫地。これに対して大きな石が集まっているような場所は「ガレ場」と呼ばれる。

ギリギリ

限界に近いこと。限度すれすれであること。「ギリギリで間に合った」などと使われる。「ぎりぎり」という風に平仮名で書かれることが多いが、特に限度いっぱいであることを強調したい場合などに、しばしば「ギリギリ」という風にカタカナで表記されることがある。漢字で書く場合は「限り限り」。

忌々しき【ゆゆしき】

「忌々しい(ゆゆしい)」というのは、「そのまま放置しておくと後で問題が大きくなりそうで見過ごすことができない」といった意味の言い回し。「忌々しい」というのが文語の表現であるため、口語でも「忌々しき事態」「忌々しき問題」などという風に使われることが多い。

サポートする

支援したり、支えたり、助けたりすること。問い合わせなどに答えて手助けすること。

犇々と【ひしひしと】

感情や雰囲気などが厳しく強く心に伝わってくること。「ひしひしと感じられる」「ひしひしと伝わってくる」などと使われる。平仮名で書くことが多い。

どうでもいい

価値がない、どっち決まっても良い、あまり興味が無い、といった意味の言い回し。どうでも良い。

取り付く島【とりつくしま】

「取り付く島もない」「取り付く島がない」などといった成句で使われる表現。「取り付く島もない」は相手の態度が荒々しかったり冷淡だったりして、話し合ったりする余地が無い様子。

体のいい【ていのいい】

表向きで言うのにはちょうど言い、他人に聞こえが良い、といった言い回し。「体の良い断り文句」などといった具合に使われる。

それとなく

何となく、暗に、はっきりではないが分かるように、などといった意味の言い回し。

素気無く【すげなく】

愛想がなく、冷淡に、そっけなく、あっさりと、などといった意味の言い回し。素気無い。