2010年10月8日金曜日

非防火

防火する機能やデザインなどが備わっていないこと。防火するような仕様になっていないこと。

進捗状況【しんちょくじょうきょう】

物事が進んでいる状況のこと。「仕事の進捗状況」などといった具合に、「特定のものごとが今どこまで進んでいるのか」という進行の度合いを特に指す。

迅速に

素早く、早急に。

誤魔化す【ごまかす】

「ごまかす」の当て字の書き方。「ごまかす」とは、都合の悪いことを隠したり、相手に分からないようにすること。あるいは、質問などについてまともに答えないで、うやむやにすること。

融通無碍【ゆうずうむげ】

特定のことにとらわれたり、こだわったりすることがなく、自由でのびのびとしていること。「融通」は滞りがないことや、その場その場で適切に対応することを指し、「無碍」は妨げになるものが無い状態を指す。

考えあぐねる【かんがえあぐねる】

「どのように決定したら良いか迷う」、「考えがまとまらない」、といった意味。

音読みは「きゅう」。「蒼穹」などの言葉がある。

相互関係【そうごかんけい】

お互いの関係のこと。

目がない【めがない】

「人を見る目がない」などという場合は、「判断する力や能力がない」ことを指す。「甘いものには目がない」などと言う場合は、「とても好きである」ことを指す。「目が無い」とも書く。

煽情的【せんじょうてき】

煽り立てるさま。煽情。「扇情的」とも書く。

演繹的【えんえきてき】

一般的な原理や原則などから、個別の事項や派生的な事柄を導き出すさま。演繹。

滞りなく【とどこおりなく】

途中でつっかえたり、止まったりすることがなく。

胡麻を擂る【ごまをする】

人に気に入られるように振舞ったり、わざとお世辞を言ったりすること。

起因する【きいんする】

原因となる。問題の発端となる。起因。

お邪魔する【おじゃまする】

他人の家などに上がる。建物や企業などに入る。あるいは会合などに出席する。「どうもお邪魔しました」などと使う。

お目見えする【おめみえする】

新たに人の前に姿を現すこと。特に、有名人や目上の人などに初めて会うこと。転じて、待望の商品や製品などが新たに発売されたり、公開されたりすること。「御目見え」「御目見得」「目見え」。

うんざりする

非常に嫌になること。もうかかわりたくなくなること。うんざり。

鬱々とする【うつうつとする】

気持ちが晴れない、何となく落ち込んでいる。

後にする【あとにする】

物事を先送りにする。あるいは、単に「帰る」「立ち去る」という意味で使われることもある。

身悶えする【みもだえする】

痛みや苦しみで体を震わせたり捩らせたりすること。身もだえする。

詭弁を弄する【きべんをろうする】

本来は間違っていることを、色々と理屈を付けて正しいかのように思わせるような主張をすること。

瀬踏みする【せぶみする】

川の瀬が浅いか深いかを調べること、転じて、何かを始める前にちょっと試して難しさなどを調べること。

気をよくする

物事がうまく行ったり、自分の思い通りになったり、嬉しい事があり、いい気分になること。

恋々とする【れんれんとする】

未練があるさま、諦め切れないさま。

希薄化する【きはくかする】

薄める。効果などが余り出ないようにする。意味や価値などを失わせる。

一堂に会する【いちどうにかいする】

大勢の人が、一つの場所に集まること。

リフレッシュする

気分転換する。ゆっくり休む。

バカにする

馬鹿にする。あざける。

良しとする【よしとする】

良いと判断する。問題ないと考える。特に、多少は問題点やデメリットがあるものの、総合的に考えて問題なしと判断した場合などに使われる。

ムッとする【むっとする】

あからさまに表に出さないが、それとなく他人には分かる様子で、不機嫌になったり怒ったりするさま。

はじめとする

色々なものの中で、特定のものを代表的な例として取り上げる時に使われる言葉。「社長をはじめとして、社員一同~」など。

撫で斬りにする【なでぎりにする】

沢山の人を一度に次々と全て切り倒すこと。比喩的に用いられることが多い。「なで斬り」とも書く。

どぎまぎする

慌てる、慌てふためく、うろたえる。

当てにする【あてにする】

何かに期待すること。何かを頼りにすること。

粛然とする【しゅくぜんとする】

静かに落ち着いて振舞うこと。または、しーんと静まりかえっているさま。

等閑視する【とうかんしする】

重要なものと見なさず注意を払わないこと。

気後れする【きおくれする】

恥ずかしがったり、緊張したりして、気持ちがひるんだり、心が穏やかでなくなったりすること。

新しくする

新しいものに代える。最新のものに取り替える。

敬意を表する【けいいをひょうする】

相手に対する尊敬の気持ちを示す、尊敬の気持ちを形にする。

意気消沈する【いきしょうちんする】

がっかりして気持ちが落ち込む。意気消沈。

平身低頭する【へいしんていとうする】

頭を低くして体をかがめる。とにかくひたすら謝る。平身低頭。

ハッとする

急に気がつく、急に思い出す。

ものにする

自分のものにする。習得する、取得する、獲得する。

ほっとする

安心する、気持ちが楽になる。

ぞっとする

寒気がするほど恐ろしいこと。

清々する【せいせいする】

何かがひと段落したり、片付いたりして、気持ちがすっきるする。清清する。

明らかにする

はっきりとさせる、解明する。

木霊する【こだまする】

響き渡る、音が跳ね返ってくる。

機転が利く【きてんがきく】

その場の状況に応じて素早く適切な判断や行動ができること。

アジャスト

合わせる。調節する。時計などで、狂いを調整する装置を「アジャスター」などと言う。

ぶっちゃけ

心中を打ち明ける。秘密を隠すことなくさらけ出す。「ぶっちゃける」は「打ち明ける」が変化して訛った形とされる。

ひたむきに

一つのことにまっすぐ突き進むさま。「ひたむき」は「直向き」と書く。一心不乱。一意専心。

とどこおりなく

流れが中断されることなく、順調に。「滞りなく」と書く。作業や催しごとの進捗について多く用いる。

機動的【きどうてき】

何かが起こったときに、素早く対応できるさま。機動力がある様子。機動。

晴天の霹靂【せいてんのへきれき】

「青天の霹靂」の誤用。青天の霹靂とは、思いがけず起こった衝撃的なことや驚くようなこと。「青天」は「晴れわたった空」を、「霹靂は「雷」「雷鳴」を意味する古い表現。

たわいもない

つまらない。取るに足りない。「たわいない」の誤用。

その実【そのじつ】

本当は。しかしながら実際のところは。「其の実」と書く。

断腸の思い【だんちょうのおもい】

非常に激しく苦しい気持ちや悲しい気持ちのこと。断腸。

さもなければ

そのようでないならば。さもなくば。「然もなければ」と書く。

拘る【こだわる】

ひとつのことについて強く思い入れたり、執着したりすること。拘わる。拘泥する。

慰労会【いろうかい】

成果や業績、あるいは苦労などをねぎらう会。

ご留意【ごりゅうい】

気に留めておくこと。注意。「ご留意下さい」などのように用いる。

ご清祥【ごせいしょう】

手紙文において、相手の幸いを言祝ぐ表現。「拝啓、時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます」のように用いる。清栄。

心もとない

頼りなく不安なさま。心許無い。

徐々に【じょじょに】

少しづつ、一歩一歩。次第に。

対応している【たいおうしている】

応用したり適用したり、あるいは応対したりすることが可能であること。

寂寥感【せきりょうかん】

さびしく、わびしい様子。

実用性【じつようせい】

実際に利用する場合に価値があること。または、実際の現場などで利用して有効であること。

この度【このたび】

今回。此の度。此度(こたび)。

嫌悪感【けんおかん】

嫌がる気持ち。

商流【しょうりゅう】

「商的流通」の略。物流の業界において、商品そのものの流れを指す「物流」に対応する取引の流れ。商品の所有権の流れと、それに伴う一連の商取引を指す語として用いられる。

堅固な【けんごな】

守りが堅いこと。

お見知りおき【おみしりおき】

顔や名前などを記憶しておいてほしいと希望する、へりくだった表現。「お見知りおき下さい」などの形で用いられる。

厭わない【いとわない】

嫌がらない、といった意味。

包括的な【ほうかつてきな】

「幅広く全体を含んでいる」といった意味。

お茶目【おちゃめ】

無邪気で愛らしく、憎めないさま。茶目。

前もって

あらかじめ、前々から、といった意味。「前以て」と書く。

利活用【りかつよう】

「利用」と「活用」2つの言葉の意味を掛け合わせた言葉。「土地の利活用」、「ITの利活用」といった具合に使われる。「整備文」の中で主に使われる、お役所言葉。

お疲れ様【おつかれさま】

相手の労をねぎらう挨拶言葉。最も一般的な挨拶として、身分や立場に関係なく用いられる。「ご苦労様」は、目上の者が目下の者に対して用いる言葉とされ、目下の者が目上の者に対して用いることは失敬に当たるとされる。

初稿【しょこう】

最初の原稿、最初の原案のこと。

うまく

巧妙に。まんまと。都合よく。「うまい」の連用形。

体系化【たいけいか】

個別の知識・情報・仕組みなどを、相互に適宜関連付けた上で、大きなひとつのまとまりを持ったものに仕上げること。

穿った【うがった】

深く掘り下げる。「穿つ」の連体形。「穿った見方」などのように用いる。

介して【かいして】

仲介にして、仲立ちにして、紹介者にして、~によって、などといった意味。

人物像【じんぶつぞう】

特定の人物に関する、性格や経歴や業績などのこと。

不明確【ふめいかく】

明らかでないこと、明確でないこと。

三々五々【さんさんごご】

ばらばらに、あちこちからといった意味の言葉。人間の集団についてもっぱら使われる。「三々五々に帰って行った」など。

いわずもがな

あえて言うまでもなく。言う必要のない。「言わずもがな」と書く。「もがな」は願望を表す終助詞。言わでも。

一向に【いっこうに】

全然、全く、少しも、などといった意味。

ありふれた

どこにでもありそうな。「有り触れた」と書く。

一反【いったん】

そのままだと、「着物が1着」といった意味。「一時的に」といった意味の言葉である「一旦(いったん)」を、キーボードで入力した場合に誤変換や誤用の結果として「一反」と書かれる例が多い。

ロジスティック

英語の綴りは「logistic」。「記号論理学の」「兵站学の、物流の」といった意味。「ロジスティック回帰」などと言う場合は、前者の「記号論理学の」といった意味。「物流の」といった意味の場合は、「ロジスティック」よりも「ロジスティクス」と表現するのが一般的。ロジスティクス(logistics)は、「物流」「輸送」などといった意味の英単語。

あだ花【あだばな】

実を結ぶことなく、はかなく散り去る花。「徒花」と書く。

マネタイズ

収益化を図ること。monetize。特に、インターネット関連のビジネスについて、当初エンドユーザーに対して無料でサービスを提供してスタートした事業について、収益化を図ることについて言われることが多い。

あえなく

あっけなく。「敢え無い」「敢え無し」の連用形で、「敢え無く」「敢えなく」とも書く。

バーチカル

「垂直的な」といった意味。vertical。バーティカル。

配架【はいか】

図書館などにおいて蔵書や図書館資料を書架に順に配置すること。所定の番号に基づき探しやすく並べてある。「配架資料」などのように用いる。

分からない【わからない】

理解できない。

やり取り【やりとり】

お互いの連絡や応酬などのこと。遣り取り。

止むを得ない【やむをえない】已むを得ない,やむを得ない

他にどうすることもできず、仕方がない。しようがない。残念だがあきらめるしかない。といった意味の表現。「已むを得ない」を表記されることもある。「已む」の語は「已む無し」などという場合にも用いる。

止むを得ず【やむをえず】やむを得ず,止むをえず

仕方がなく、しようがなく、やむを得ず、などの意味の表現。

逆に

反対に。却って。むしろ。逆接の接続詞としての俗な用法。

のっぴきならない

身動きが取れない、どうしようもない、といった意味。

膠も無い【にべもない】ニベも無い,鰾膠も無い,膠もない

そっけない、愛想がない、といった意味。この場合の「膠」は、ニベ科の魚の鰾(うきぶくろ)を原料にして作られた膠(にかわ)のことで、粘り気の比喩。にべない。

しいては

「延いては(ひいては)」と混同されて「強いては(しいては)」と使われる場合は誤用。「延いては」は「延いて」を強調した言い方で、「さらに」「最終的には」といった意味。「強いて(しいて)」は、無理に、無理やりといった意味。

諸用【しょよう】

いくつかの用事。「所用」と同じ意味合いで用いられたり、「所用」に代替されたりすることも多い。「所用」は単に用事・用件のこと。

解決策【かいけつさく】

ものごとを解決に導く案や施策。解決法。打開策。

くぐもった

何と言っているのかよく分からないような、何の音か識別できないような、こもった不明瞭な音を形容する言葉。「くぐもった声」「くぐもった音」などと使われる。

覚束ない【おぼつかない】

たよりない。上手くいくかどうか不安にさせる。ぼんやりしている。「覚束ない」は当て字。

きょとん,キョトン

びっくりして声が出ない様子、驚いて放心状態の様子、などを幅広く指す言葉。

見つめる

じっと見ること。「見詰める」と書く。

きめ細かい

表面などがなめらかな様子。または、気配りや対応が良く行き届いていること。「木目細かい」と書く。木目細か。

裏づけ

根拠となるもの。立証するための材料。「裏付け」と書く。

高をくくる

「大丈夫だろうと油断する」、「大したことはないだろうと侮る」こと。「高を括る」と書く。

茶化す【ちゃかす】

まじめに取り合わず、冗談めかした受け答えをする。「茶化す」は当て字。「茶にする」とも言う。

閉塞感【へいそくかん】

何か行き詰まった感覚や雰囲気のこと。閉塞。

転子【てんし】

「ハンドル」のことを指す言葉。単体ではあまり用いられないが、人間の体の骨の一部分について「大転子」「小転子」といった名称の部位がある。

良くない【よくない】

悪いこと、積極的には評価できないこと。良からぬ。逆に、良いことを「悪くない」とも言う。

至適【してき】

「最適な」といった意味の言葉。特に医学・医療などの分野で用いられる。

自分本位【じぶんほんい】

自分を中心とした物事の考え方。自己中心的なあり方。自己本位。

総体的【そうたいてき】

全体的に、大体においては、といった意味の言葉。

腑に落ちる【ふにおちる】ふに落ちる

もっぱら「腑に落ちない」の否定形で用いられ、「納得できない」「合点がいかない」「釈然としない」などの意味を示す表現。

稚拙な【ちせつな】

幼稚で劣っていること、下手でまずいこと。

肝に銘じる【きもにめいじる】

強く心に留め、けっして忘れないようにすること。「肝に銘ずる」と書く。

緊張感

張りつめた心持ち。注意深くなり気持ちが高ぶっているさま。

移設【いせつ】

移動して設置すること。

理屈抜き【りくつぬき】

「ややこしい話はとりあえずおいておいて」といったニュアンスの言葉。

知らしめる【しらしめる】

知らせる。認知させる。「知る」の使役形で、否応なく認めさせるといった意味合いを含む。知らしむ。

汎用的【はんようてき】

幅広く応用が可能なさま。汎用。汎用性。

水平展開【すいへいてんかい】

既存の技術や知識などを、他の分野や領域に対して適用すること。特に、ビジネスの現場などで用いられることが多い。その対義語として「垂直展開」という言い方もある。

気持ち悪い【きもちわるい】

きみがわるい。不快な。いやな。

次世代【じせだい】

次の世代。未来の世代。これからの世代。

看做

そのようなものとして認識すること。「看做す(みなす)」の形で用いる。

架け橋【かけはし】

橋。または、何かと何かをつなぐ役割を果たすもの。比喩的に使われることが多い。「掛け橋」「懸け橋」とも書く。但し、「架橋」と書く場合は「かきょう」と読み、単に「橋」のことを意味する。

相関性【そうかんせい】

たがいに関係し影響を及ぼしあっていること。相関していること。

疎まれる【うとまれる】

「疎む」に受身の「れる」が付いた表現で、「相手に避けられる」「相手が自分のことを遠ざけようとする」といった様子を述べる言い回し。「疎む」は「疎んずる」とも表現され、「疎まれる」もまた「疎んじられる」と表現される。

「疎まれる」と表現される状況は、露骨な嫌悪の態度こそ示されないが、親しみが持たれず、あるいは面倒がられ、相手は自分とできるだけ接する機会のないように振る舞っているような状況となる。

探究心【たんきゅうしん】

物事について、深い知識を得たり、原因を解明したりしようという気持ちのこと。

煩瑣な

細かい物事がごたごたしており、煩わしいさま。煩雑な。

据付【すえつけ】

ものを据えること。設置すること。あるいは設置してあること。据え付け。

悪びれる【わるびれる】

恥ずかしがる。自分のしたことを悪いと思う。「悪びれる様子もなく」などといった言い回しで使われる。「悪怯れる」と書く。

息をのむ

驚く。はっとする。息を止める。「息を呑む」と書く。

息づく【いきづく】

息衝く。呼吸している。生きている。

然るべき【しかるべき】

そうあるべき。そうするのが相応である。「然る可き」「しかるべき」とも書く。

恭しく【うやうやしく】

礼儀正しいさま。恭しい。

問題点【もんだいてん】

問題になっている点。問題がある点。

漸近【ぜんきん】

徐々に近づいていくさま。特に数値などについて言う。

周知の事実【しゅうちのじじつ】

広く知られた事実。

気を使う

配慮する。心を配る。一般的には「気を遣う」と表記する。気遣い。

叙情的【じょじょうてき】

感情や気持ちなどが、じんわりと外に現れるような雰囲気や文章などを表す言葉。「抒情的」とも書く。

探求心【たんきゅうしん】

物事に興味をもち、追究しようとする心。

即して【そくして】

「何かに従って」「ルールや命令の通りに」などといった意味。

副次【ふくじ】

主となる物や原因に対して、従属的なもの、あるいは2次的なものを指す言葉。特に「副次的」という言い回しで使われる。

敬称略【けいしょうりゃく】

人名を列挙する際、「様」「さん」などの敬称を省略すること。名簿などでは「(敬称略)」のように付記される。

処々【ところどころ】

 「あちこちに」「ここにもあそこにも」といった意味。所々。

凛々しい【りりしい】

勇ましい様子。引き締まって頼もしい様子。

換装【かんそう】

部品をつけかえて装着すること。

依然として【いぜんとして】

「相変わらず」「前と変わらず」「元のままで」といった意味。依然。

仕向け先【しむけさき】

仕向ける領域や方角や分野や場所などのこと。何かを行う対象とする場所や地域や方角のこと。

今後とも【こんごとも】

「これからも」「以後も」の意味

打痕【だこん】

ものにぶつけてできた傷やへこみ。

了とする【りょうとする】

よしとする。了承する。了する。

一元管理【いちげんかんり】

一箇所でまとめて管理すること。一つの手段やツールを使って、統一的に管理すること。

メリハリ

緩めること、と張ること。抑揚があること。減り張り。

やさぐれる

すねること、投げやりになること。「やさぐれ」が動詞化した言葉。

しつびょう

疾病(しっぺい)の誤った読み方。疾病は「病気」という意味。

ご高配【ごこうはい】

相手の配慮や気遣いなどを敬って言う言い方。高配。

お勧め

おススメ。推薦すること。人にすすめること。

身につける

服などを着る。あるいは技術や知識などを習得する。

生粋

純粋で混ざり気のないこと。主に出自などについて言う。生っ粋。

荒ぶる【あらぶる】

「荒ぶ」で、乱暴に振舞うことを意味する。「荒ぶ」は「すさぶ」とも読む。

粛々と【しゅくしゅくと】

「粛々」は厳かな様子や、静かな様子などを表す言葉。「粛々と進める」などと使われる。