スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 7, 2010の投稿を表示しています

苦杯を喫する【くはいをきっする】

つらい経験をする。スポーツなどの試合に負けた場合に「苦杯を喫する」などと言われる。同じ意味で「苦杯を嘗める」という表現もある。ちなみに、「苦敗を喫する」という書き方は誤用。

総花的【そうばなてき】

「総花(そうばな)」は、関係している人みんなにメリットがあるようなやり方のこと。「総花的に」という場合は、否定的、または批判的な意味を込めて言われることが多い。

新境地【しんきょうち】

今までにない新しい境地。「境地」は心の状態などを指すが、「新境地を開く」などという場合は、特に芸術や創作活動などで、その人の独自の新しい世界を反映したような作品などを作り上げたことを指す。

念のため

「信頼はしているが何かあっては大変なので、万が一に備えて」といった意味の言い回し。念の為。「念押し」「念を押す」などといった似た言い回しがある。

力不足【ちからぶそく】

努力や能力などが不足していること。「私の力不足ですみません。」などと使う。「役不足」という言葉が間違って使われることもある。

ご教示【ごきょうじ】

「教示」は教えること、伝達すること。「ご教示下さい」「ご教示を賜りたく存じます」などという場合は、「どうか教えて下さい、お願いします」といったニュアンス。

おおざとへん

漢字の部首「おおざと」の誤った言い方。おおざとは偏ではなく旁(つくり)。「こざとへん」は偏で正しい。

顕名【けんめい】

誰かの代理人が、本人の代理で行っていることを相手に対して明らかにすることを指す言葉。法律用語。

経時【けいじ】

時間が経過すること。または、経過した時間のこと。化学、物理、医学などを初めとした自然科学の分野で特に良く使われる。「経時変化」などと言う場合は、「時間の経過と共に移り変わる変化」のことを指す。

穿った【うがった】

「他人とはちょっと違った」といった意味。この場合の「穿つ(うがつ)」は、奇を衒ったりして、目新しいことをすること。

固定概念

固定観念の誤り。固定観念とは、容易に外からの影響を受けて変化しない固着した考え方のこと。

独り言ちる【ひとりごちる】独りごちる

独り言をいう。独言する。「ひとりごちた」のように助動詞と合わせて連用形で用いられることが多いが、終止形は「独り言つ」(ひとりごつ)であり、「ひとりごちる」とするのは誤りであるとされる。

ご鞭撻【ごべんたつ】

強い励ましをこめて厳しく指導すること。「鞭撻」は主に鞭打つ、こらしめる意味であるが、丁寧表現を加えた場合は相手の厳しい指導を指す表現として用いられる。「ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します」などのように使う。

「颯と」「颯爽」など、素早く小気味良い動きを表す言葉をつくる字。

旗艦店【きかんてん】

企業が展開する色々ある店舗の中で、特に重要な位置づけの店舗のこと。特に重要な製品についても同様に「旗艦製品」などと言う場合がある。

お手数【おてすう】

面倒くさいこと、煩わしいこと。書面や電子メールの文面などで「お手数をお掛けし恐縮ですが」などといった具合に使われる。

甘受する

余り好ましくないことや条件などについて、そのまま甘んじて受け入れること。

音読みでは「さつ」、訓読みでは「殺す(ころす)」「殺める(あやめる)」。殺害、屠殺(とさつ)などといった単語と共に、広く生き物の命を意図的に奪う意味で使われる。

ご足労【ごそくろう】

来てもらう手間をかけること。電子メールや書面などで「ご足労をお掛けして」と言う場合は「わざわざ来て頂いて」というニュアンス。「足労」だけでは余り使われない。

洞察力

物事の性質や原因を見極めたり推察したりするスキルや能力のこと。