スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 6, 2010の投稿を表示しています

顛末書【てんまつしょ】

事件や事故、あるいは仕事上のトラブルや問題などが発生した場合に、そうした問題が発生した状況や経緯、その結果などについて報告する書類や文書のこと。

音読みは「ろう」、訓読みの場合は「弄くる【いじくる】」「弄ぶ【もてあそぶ】」などと使われる漢字。愚弄などといった言葉がある。

散発的

連続ではなく、ある程度の間を置いて、繰り返し起きるさま。

かっこいい

格好が良いこと。見た目が良かったり、デザインが優れていたりする様子を幅広く表す。格好いい

たかをくくる

「高を括る」と書いて「たかをくくる」と読む。意味としては、大したことは無いだろうと甘く見積もること。

快く【こころよく】

気持ちよく。ビジネス文書などにおいては、相手の対応について「いやな顔ひとつせずに」というような意味合いで用いられる。

繁忙期【はんぼうき】

来客や注文が多くて特に忙しい時期のこと。特にそういう月のことを指す場合が多い。逆に、暇な時期のことは「閑散期」と呼ぶ。

拙劣な

下手であったり、汚かったりするなど、あまり良く無い状態や様子を表す言葉。

情報収集力

より短期間で、より幅広く確かな情報源から、より豊富な情報を集めてまとめる能力やスキルのこと。

商材

取引の対象となる物品やサービス。「情報商材」など、商売で扱うことを明示する際にもよく用いる。

幾星霜【いくせいそう】

星霜というのは「年月」や「歳月」といった意味。「幾星霜」と表現する場合は、「どのくらいの年月が経っただろうか」といったニュアンスで使われることが多い。

ご自愛【ごじあい】

自愛の丁寧な言い方。「ご自愛下さい」などと言う場合は、「自分自身を大切になさって下さい」といった意味。手紙や電子メールなどで、よく使われる。「御自愛」とも書く。

具現化

アイデアや構想などを、実際の商品や製品やサービスなど具体的な形のあるものにすること。

該非【がいひ】

ある事柄が、別のある基準に該当しているかどうか、ということ。「該非判定」などと言う場合は、そうした基準に該当しているか否かを判定する、ということ。

壮行会【そうこうかい】

スポーツ選手やチームなどを、実際の大会の前などに励まし応援する会のこと。「壮行」は遠征に行く人を激励することを意味する語。大会の開催地に行く選手を鼓舞する意味合いで行われることが多い。

稼動【かどう】

動くこと、動作すること、などの意味の表現。「稼働時間」「稼動中」などという表現と合わせて、働いたり、動作したりしている状態を幅広く指す。

冶具

治具の誤記。治具は、機械作業などにおいて位置や型などを誘導するための工具のこと。