2016年12月6日火曜日

ほぼほぼ

「ほぼ」を重ねて強調した言い方。完全とは言えないまでも、おおむねその通りであると述べる際に用いられる表現。三省堂が「今年の新語2016」の大賞に「ほぼほぼ」の語を選出している。

「ほぼほぼ」の意味・ニュアンスは基本的に「ほぼ」と同じと言い得るが、使用者ごとに微妙にニュアンスが異なる場合もある。「ほぼ」よりもさらに確度が高いさまを示す意図がで用いられている場合もあり得るし、「ほぼ」の語調を強める意味合いで重ねて述べている場合もあり得る。単に口語では「ほぼ」という表現が短すぎては聞き逃されるという懸念から重ねて述べているだけ、ということもあり得る。

三省堂は「ほぼほぼ」という言い方について、新奇な表現ではあるが「まあまあ」のような伝統的表現に通じる日本語的な言い方であるとの見解を示している。

関連サイト:
三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2016」

ゲス不倫【ゲスふりん】

下衆(げす)の、すなわち品位に欠くような下劣な不倫行為、といった意味で用いられる表現。特に
「ゲスの極み乙女。」が関わる一連の不倫騒動・スキャンダルを指す語として定着し、芸能界や政界で次々と発覚した不倫騒動を報じる際にも用いられた。「ゲス不倫」の語は2016年のユーキャン新語・流行語大賞の候補にも選出されている。

ゲス(下衆)は「品位に欠いた下劣なさま」といった意味を示す語である。2016年初頭の頃はお笑い芸人ハマカーンが「下衆の極み」というフレーズで人気を博しており、これもゲス不倫の語が人口に膾炙した背景として考えうる。

「ゲス不倫」という語が「ゲスの極み乙女。の不倫騒動」に端を発する表現かどうか、という点は異論の余地がある。国会議員が産前で緊急入院した妻を放って不倫に及んだという報道があった際も「ゲス不倫」という表現が用いられている。

2016年12月2日金曜日

今の国民ははっきり言うとボケてますよ【いまのこくみんんははっきりいうとボケてますよ】今の国民ははっきり言うと、ボケてますよ。

2016年7月31日に投開票された東京都知事選で落選した鳥越俊太郎・元ジャーナリスト(76)がハフィントンポスト日本版のインタビューに応じて述べた発言。

関連サイト:
「戦後社会は落ちるところまで落ちた」鳥越俊太郎氏、惨敗の都知事選を振り返る【独占インタビュー】

脱法ハーフ【だっぽうハーフ】

法律に抵触する二重国籍状態のまま国会議員として平然と活動している蓮舫・民主党代表を「脱法ハーブ」にもじって呼ばう俗な言い方。2016年ネット流行語大賞の対象候補語。

2016年11月30日水曜日

ギフハブ

スマートフォンを介して盗聴や盗撮を行うとされる、実在しない組織の名称。2016年11月に覚せい剤取締法違反で逮捕されたミュージシャンのASKAが、逮捕前のインタビューで話した語。

被毒妄想【ひどくもうそう】

食べ物に毒物を入れられていると思う妄想。

迫害妄想【はくがいもうそう】

誰かに圧迫され苦しめられていると思う妄想。

注察妄想【ちゅうさつもうそう】

人からじろじろと見られている、あるいは監視されていると思う妄想。

外シャブ【そとシャブ】

自宅以外の場所で覚醒剤を使用すること。シャブは覚醒剤の俗称。

乳酸キャベツ【にゅうさんキャベツ】

千切りにしたキャベツに塩や砂糖などを加えて、常温で数日寝かせて発酵させたもの。乳酸キャベツに含まれる乳酸菌や食物繊維が腸の働きを良くするとされる。サワークラウト、ザワークラウト、シュークルートともいう。

2016年11月22日火曜日

黄昏泣き【たそがれなき】たそがれ泣き

乳児が夕方から夜にかけて激しく泣くこと、および、そうした乳児の傾向を指す俗な言い方。「夜泣き」になぞらえた表現と推察される。国語として標準的な呼称には「臍疝痛」「コリック」(colic)といった言い方がある。

唐辛子スプレー【とうがらしスプレー】トウガラシスプレー

トウガラシの辛味成分「カプサイシン」を抽出して目つぶしに用いる催涙スプレーの通称。噴出される薬品が目や粘膜に触れると強烈な刺激を感じ、しばらくの間は目をあけていられなくなる。時間が経つと回復し、特に後遺症も残らない。唐辛子スプレーは主に暴徒を足止めする等の目的で用いられる。