2017年1月21日土曜日

レトロニム「retronym」

新たな技術や概念の登場により、言葉が従来指し示していた対象を的確に一意に指し示せなくなり、新たな概念と区別するために用いられるようになった言葉。それまで用いられていた言葉は上位概念に位置づけられる。

たとえば「テレビ」といえば当初はもっぱらモノクロ表示であったが、後にカラーテレビが登場し普及したことで、旧来のテレビは「白黒テレビ」というレトロニムで呼ばれるようになった。テレビ放送はデジタルテレビの登場によって旧来の方式が「アナログテレビ」と呼ばれるようになった。

電話は、戦前から1970年代頃まではもっぱら黒色のダイヤル式の端末を指して用いられていたが、その後さまざまな形・機能を備えた電話機が登場したことにより、従来の電話機は「黒電話」と呼ばれるようになった。


罰ゲーム【ばつゲーム】

勝負に負けた者に罰として行わせる事柄の総称。罰ゲームの内容はさまざまであるが、基本的に避けたい内容、自ら行おうとはまず思わないような内容が設定される。あらかじめ罰ゲームを設けておくことで、勝負に挑む者は負けたくない気持ちが増して勝負が白熱する。罰ゲーム自体も余興として楽しまれる。

勝負や勝敗にかかわらず、自らの意思で選択した行動であるはずが、驚くほど気乗りせず逃れたく思われるような代物だったような状況を「罰ゲーム感」のように形容する場合もある。勝者に与えられる特典が喜ばしくない代物であるような場合も「勝者に対する罰ゲーム」のように表現されることがある。

2017年1月19日木曜日

年齢拒否【ねんれいきょひ】

年齢を理由に拒否反応を示す、という意味の表現。いわゆる「いい年して」そんな事しているのは痛い、という趣旨宇。事の発端はソーシャルメディア上で発信された一言。他のユーザーから多くの多種多様な反応を呼び、一躍注目のキーワードとして浮上した。

2017年1月18日水曜日

ブラフ「bluff」

ハッタリ、こけおどし、行動を止めさせるための虚勢・脅し文句、とった意味の英語の動詞あるいは名詞。

英語のbluffには「ハッタリ」の意味の他に「水辺に面した切り立った崖・岬」を指す語義もある。

2017年1月17日火曜日

雪の下キャベツ【ゆきのしたキャベツ】雪の下きゃべつ

冬のあいだ雪に埋めておいたキャベツ。年末頃に収穫して雪に積もらせる形で作られる。「越冬キャベツ」とも呼ばれる。北海道あるいは長野県などで気候を活かして雪の下キャベツrが作られている。

雪に埋めておくことは野菜等の貯蔵方法として少なからず行われており、越冬野菜と総称される。キャベツは特定の旬がなく年中栽培できるが、雪に埋める手順を踏むと成分が編成して甘味が増し、食感や食べ応えも増すという。

2017年1月5日木曜日

ファビュラス「fabulous」

「ものすごい」「途方もない」あるいは「非常にすばらしい」という意味合いで主に用いられる英語の形容詞。

ファビュラスは名詞「fable」の形容詞形であり、根本の意味は「伝説的な」「伝説に語られるほどの」といった意味合い。後世に語り継がれるような、現実とは思えないような、というような壮大なニュアンスが感じられる表現といえる。

2016年12月26日月曜日

ざらにある,ザラにある

べつに珍しくも何ともない、むしろありふれていると言えるさまを指す言い方。

「ざら」は形容動詞で、もっぱら「ざらにある」の形で用いられる。

2016年12月22日木曜日

オギャる

幼児に立ち返って思う存分に甘えたい、という心情を表現する俗な言い方。もっぱら「オギャりたい」と願望を示す形で用いられる。

オギャる・オギャりたいという言い方は、「バブみ」に言い添えられる表現として用いられる。バブみは「甘えたくなるような母性的なあたたかみ」とでも言うような様子を表現する語である。バブみを強く感じる対象には、オギャりたい願望も強く感じるということになる。

バブみ

主にアニメ等に登場する女性キャラクターについて、母性的な優しさや包容力が見出され、赤子のように甘えたい・甘やかしてほしいと感じてしまうさまを表現する言い方。

主に「バブみがある」「バブみを感じる」のように用いられる。

バブみは要素は、キャラクターの若さとのギャップが暗に前提されている傾向が色濃い。すなわち、典型的バブみは、自分よりもずっと年下であったり、まだ学童であったり、あどけない少女であったりといった(母親らしからぬ)人物像の中に見出される。バブみは萌え属性の一種とも区分できる。

自己模倣【じこもほう】

かつての自分自身を指針にして真似るようなあり方を指す言い方。創作活動において、過去に生み出した創作物と同じ手法や理念に基づいて新作を生み出すようなあり方が典型的な自己模倣の例といえる。

自己模倣は「過去の自分の模倣」であり、その意味では過去作品の焼き直しである。そうした否定的な意味合いで捉えられることが多い。ただし人は多かれ少なかれ過去の自分を規範として引き継いでおり、自己模倣そのものが否定されるものではない。過去を見つめ直し自己の根本・根源を確認する試みとして(肯定的積極的に)自己模倣が行われる場合もある。

絶対空域【ぜったいくういき】

女性の脚部(ふともも)に生じる隙間を指す通称。脚のほっそりした女性の股間の隙間。男性にとって性的・誘惑的な情念が催されることが多く、俗に言う「絶対領域」などと同様に性的嗜好の対象となっている。

いわゆる「絶対領域」は、ミニスカートやショートパンツに膝上まで丈のあるソックスを合わせたファッションスタイルにおける、ふとももの上部の素肌が露出した部分を指す言い方。絶対領域の語は2000年代半ば頃に現在の意味合いで浸透し始めている。

なお「絶対領域」の語は、もともとは今日のいわゆる絶対空域を指す語として用いられてたという見解がある。ちなみに海外では三角形(デルタやトライアングル)と呼ばれることがある。

2016年12月21日水曜日

ヲタ活【おたかつ】オタ活

オタクの活動、すなわち、オタク的とされる趣味の分野における活動を意味する言い方。

典型的なヲタ活としてはアイドルのコンサートや握手会、同人イベント等に参加するために遠出(遠征)するといった活動が挙げられる。ただしヲタ活と呼ばれる活動の程度や範囲は定まっているわけではない。