2014年12月22日月曜日

ギタ女【ギタじょ】

ギターを演奏する女子の総称。ギターを演奏しながら歌うシンガーソングライター、といった意味で用いられることが多い。

無双ぶり【むそうぶり】無双振り

敵う者・肩を並べる者がおらず、独壇場ともいえるような状況で存分に振る舞っているさま、ひとり勝ちを収めたさまなどを形容する表現。いかに無双状態であるかというそのさま。

エネ夫【エネお】

夫婦仲が険悪で互いに敵対関係にあるような状況において、妻側が夫を指して用いることがある呼称。「エネ 」はエネミー(敵)の略とされる。インターネット上の掲示板をきっかけに用いられるようになった言い方。

エネ

(1)「エネルギー」の略。もっぱら光源・熱源・動力源などとして利用される資源を指して用いられる。「省エネ」(省エネルギー)の他に「再エネ」(再生可能エネルギー)。「エネファーム」(エネルギーファーム)のような用い方をされることもある。
(2)「エネミー」の略。敵対する人物を指す呼び方。ネットスラングの一種と位置づけられる。特に夫婦関係がきわめて険悪な場合に妻が夫を指して「エネ夫」と呼ぶ例がある。

2014年12月16日火曜日

くれるな

(1)相手の言動に反応する意味合いで用いられる言い方。「な」は終助詞で詠嘆の意味合いを表す。「なかなか言ってくれるな」のように用いられる。自分や対象にとって不利・不利益となる言動を半ば挑発的に受け止める意味合いが込められる場合も多い。
(2)動詞に付けて用いられ、行わないようにと頼む(望む)意味合いを示す表現。「どうか恨んでくれるな」「あまり手荒く扱ってくれるな」などのように用いられる。

濃ゆい【こゆい】

「濃い」の同義語。程度が強い、はっきりしている、インパクトがある、強烈である、クセがある、などの意味で用いられる表現。

「濃ゆい」は主に九州および西日本の方面で用いられる言い方であるが、「濃い」(こい)よりも同音異義語の混乱を避けやすいといった利点もあり、最近では全国的に用いられる場面が増えつつある。

黒猫【くろねこ】黒ねこ、黒ネコ、クロネコ

(1)全身の毛が黒いネコのこと。毛色の黒い猫。メラニズムを指す場合もあるが必ずしもメラニズムを指すとは限らない。
(2)エドガー・アラン・ポーが1843年に発表した短編小説の題名。恐怖心理をスリリングに描いた名作として名高い。
(3)ヤマト運輸が提供する宅配サービスのブランド「クロネコヤマト」の略。

置き勉【おきべん】置勉

教科書などを家に持ち帰らず学校に置きっ放しにすること。予習復習を家で行わないことにして登下校の荷物を減らす。小学校や中学校で行われることがある。

2014年12月15日月曜日

よっ友【よっとも】よッ友,ヨッ友

街中などで遭遇したら「よっ」と軽く挨拶を交わすが、それ以上の付き合いはない、という程度の友だち関係を指す俗な言い方。特に大学生の学内生活の話題において言及されやすい。

ヌクモリティ

思いやりの心の強さの度合い、温もりある対応の質の高さ、といった意味合いで用いられることのある表現。「温もり」(ぬくもり)と「クオリティ」を合わせた造語。

三単現のs【さんたんげんのエス】3単現のs,三単現のエス,3単現のエス

英文法において「三人称」「単数形」「現在形」という要件(いわゆる「三単現」)を満たす場合に動詞の末尾に付与される「s」のこと。

英語では、主語が三人称(彼・彼女・それ)の単数形であり、動詞が現在形である場合に、動詞が「s」の付く形に変化するという基本法則がある。たとえば「It looks difficult.」(キツそうだ)の一文でlookに付いたsは三単現のsである。

三単現【さんたんげん】3単現

英文法における「三人称」「単数形」「現在形」の要素を総称した言い方。動詞に「s」(三単現のs)を付けて表現する場合を示す。

英語では、主語が三人称の単数形であり、かつ動詞が現在形である場合、動詞の末尾に「s」を付けるという法則がある。例えば「He says」のようになる。