2014年8月20日水曜日

国民病【こくみんびょう】

国民の多くが罹患している疾病、といった意味の表現。

国民病と呼ばれる病気や症状の多くは、国民における患者の割合が目立って多く、自身が罹患するリスクも高い、といった性質を持つ。社会環境や食文化などに少なからず要因がある場合も多い。

現代日本においては、がん、糖尿病、花粉症、腰痛などは国民病と見なされている。他にも、腎臓病、肩こり、歯周病、うつ病なども国民病と形容されることが多い。

戦前の日本では結核が国民病だった。 米国は肥満や生活習慣病などが国民病と見なされている。

あるいは、「日本人の西洋コンプレックス」のようなネガティブな気質を比喩的に国民病と形容する場合もある。

あざとい,小聡明い

小狡いさま、抜け目のない感じのあるさま、やり方があくどいさま、たちの悪い様子、といった意味の表現。文脈によっては「浅はかにも」のようなニュアンスも含まれる。

最近では、「いたずらに情欲や胸のトキメキを掻き立てるような(しかもそれが計算ずくで行われている趣のある)」仕草やポーズなどが、俗に「あざとい」と形容されることもままある。

情を刺激するという意味では「小悪魔的」のような表現も俗に用いられる。「小悪魔的」は、もっぱら女性の蠱惑的なさまを指すが、「あざとい」は少女や動物などの「萌え」心情をくすぐるさまにも用いられている。

2014年8月18日月曜日

フェチ

「フェティシズム」(fetishism)を略した言い方。フェティシズムは、モノに神聖や呪力を見出して崇めることを意味する語。ただし英語では「フェチ」のようには略されない。

日本語のいわゆる「フェチ」は、もっぱら、異性の身体的あるいは装飾的なパーツ(部分)や要素に対して特に性的魅力を感じる趣味・嗜好・性癖といった意味で用いられる。魅惑を感じるパーツの名称に接尾辞的に「フェチ」を付けて「脚フェチ」「腋フェチ」「声フェチ」「靴フェチ」「においフェチ」のように表現されることが多い。偏執的という程でもない、比較的軽度の執着といったニュアンスが多分にある。

精神分析学の創始者として知られるジグムント・フロイトは、「フェティシズム」を異常性愛・性的倒錯の形態区分の呼称として使用した。精神分析学におけるフェティシズムは病的な執着であり、いわゆるフェチとでは程度が著しく異なる。しかしながら、いわゆるフェチも場合によっては変態性欲と見なされることがないわけではない。

安保相【あんぽしょう】

「安全保障法制担当相」の略。安全保障法制担当相は、安全保障にかかる法整備を主担当とする国務大臣のこと。2014年9月の第二次安倍改造内閣の発足と同時に新設されることが前月までに明らかにされた。

牛丼チェーン【ぎゅうどんチェーン】

牛丼を中心に提供している飲食チェーン、チェーン店を展開している牛丼屋、などの意味の表現。吉野家、すき家、松屋などが代表的な牛丼チェーンとして挙げられる。

牛丼をほぼファストフードとして提供する飲食店の業界は「牛丼業界」として括られることが多い。

玉突き事故【たまつきじこ】玉つき事故

交通事故のうち、後方から追突された勢いによる前方車両への追突が連鎖的に発生する事故のこと。特に高速道路で発生しやすい。トラックなどの大型車両が発端となる玉突き事故では、巻き込まれる車両が十数台に上ることもある。

2014年8月7日木曜日

コリンヌ・ディアクル「Corinne Diacre」

フランスのサッカープロリーグにおいて初めて公式戦を指揮した女性監督となった人物のこと。監督するのはクレルモン・フット・オーヴェルニュ63(Clermont Foot Auvergne 63)というチームで、監督になったものの1ヶ月で辞任した前任に続き就任は二人目の女性監督となる。

ピレイ人権高等弁務官【ピレイじんけんこうとうべんむかん】「Navanethem "Navi" Pillay」ナバネセム・ピレイ,ピレイ国連人権高等弁務官,ピレイ高等弁務官

南アフリカ共和国出身、反アパルトヘイト活動などを行う弁護士である女性で、2008年より国連の人権高等弁務官事務所(Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights)で高等弁務官を務める人物。国際刑事裁判所(The International Criminal Court)の裁判官も経験している。

ZMapp

致死率が非常に高く、長く不治の病とされてきたエボラ出血熱に対する有効な対抗策として注目される新薬のこと。アメリカ合衆国サンディエゴの製薬会社マップ・バイオファーマシューティカル(Mapp Biopharmaceutical, Inc.)により開発され、少なくとも2名のアメリカ人の治療に成功したとされている。

メスが入る【メスがはいる】

医療器具であるメスが、人体を含む何らかの物質を切り開くこと。転じて、今まで秘匿されてきた事実に対して捜査・調査が開始されること。例えば何らかの不正行為に対し警察が調査に乗り出した場合、「警察の捜査のメスが入る」などと表現される。

マンモス校【マンモスこう】

生徒の数が多い学校を意味する語。巨大であることからマンモスを想像したことに由来する。

ラウンドアバウト「roundabout」

欧米などを中心に、交差点に設けられているサークル状の道のこと。ラウンドアバウトに入った車は、向かいたい方向の入り口に至るまでサークル状の道をぐるぐると回る。ラウンドアバウトではすべての車が動いている状態が可能であるため、信号が必要なく、一定以下の交通量の場所に設けた場合に渋滞や事故を緩和する効果があると言われる。