スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

朝ドラ受け【あさドラうけ】

NHK総合テレビが平日朝に放送している「連続テレビ小説」の直後の情報番組「あさイチ」において、直前の「連続テレビ小説」の内容に関連したコメントをする、という半ば恒例のアクションを指す俗な呼び名。「あさイチ」が生放送番組であることを活かし、臨機応変な対応で両番組を連動させる効果を生んでいる。
最近の投稿

局地的豪雨【きょくちてきごうう】

狭い範囲に集中的に強く降る大雨、という意味で用いられる言い方。ただし気象庁はもっぱら「局地的大雨」の語を用いている。「局地的豪雨」はマスメディア等が用いる通称の部類と言い得る。

気象庁が用いる(気象庁用語としての)「局地的大雨」は、「数十分の短時間に狭い範囲に数十mm程度の雨量をもたらす雨」と提議されている。また、「数時間にわたり強く降り、100mmから数百mmの雨量をもたらす雨」を「集中豪雨」と表現する場合がある。

「豪雨」そのものは大雨によりもたらされた災害の呼称などに用いられる語となっている。したがって、局地的豪雨という表現には、土砂災害などが発生する懸念のある大雨という意味合いが少なからず含まれているといえる。

本寸法【ほんすんぽう】

本来の状態、あるべき姿、といった意味で用いられる表現。特に落語の用語として、型を崩していない・正統派である、という意味合いを込めて用いられることが多い。

豚切り【ぶたぎり】

主に「ぶった切り」をもじった表記として冗談交じりで用いられる語。他人の話をやや乱暴に遮る(話の流れをぶった切る)という状況や、子供の名前をつける際に漢字の読みを断片的に採用して無理のある読み方をさせている状況などを指すことが多い。

ワーキングランチ「working lunch」

職務の一環として仕事上の話をしながら取る昼食、食事を共にしながら対話や交渉を行うこと、という意味で用いられる言い方。

ワーキングランチは政治家や企業の重役が外部の要人と行う商談や交渉を指して用いられることが多い。社内の同僚や取引先との打ち合わせ・擦り合わせを昼食を兼ねて行うという場合は「ランチミーティング」と呼ばれることが多い。

つまみ出す【つまみだす】

指や箸などで物を挟んで(つまんで)容器などの外へ出す、という意味で用いられる連語表現。ぞんざいな仕方で半ば強引に人を追い出す、という意味で用いられることも多い。

デジタルペン入れ【デジタルぺんいれ】

イラストやマンガの制作における「ペン入れ」の工程を、コンピュータやペンタブレット、コミック制作アプリケーションソフトといったデジタルツールを駆使して行うこと。紙とペンで(アナログで)描いた下書きをコンピュータに取り込んでペン入れするという流れを特に指す場合もある。