2015年3月27日金曜日

かぐや姫【かぐやひめ】

(1)「竹取物語」に登場する、竹から生まれ出でた姫君の名。「竹取物語」の異称として用いられることもある。
(2)南こうせつを中心として1970年に結成されたバンド。フォークソング全盛の時代に「神田川」などのヒット曲を発表し人気を博した。
(3)家具屋の令嬢のこと。ただのダジャレであり親父ギャグだが、2015年に初頭に大手家具販売店・IDC大塚家具の経営陣が対立した騒動においては、会長の娘にして代表取締役社長の大塚久美子がメスメディア等で「かぐや姫」と呼ばれることがあった。

アンダーパス「underpass」

立体交差の方式のうち、道路を掘り下げて交差する道路の下をくぐる形にしたもの。

アンダーパスに対し、高架橋などを設置して越す形にした立体交差をオーバーパス(overpass)という。

戸塚大踏切【とつかおおふみきり】

神奈川県横浜市内、JR戸塚駅の北側に位置する踏切の呼び名。いわゆる「開かずの踏切」の代表的存在として知られる。2005年に着工したアンダーパスが2015年春に完成したことで戸塚大踏切は閉鎖された。

2015年3月26日木曜日

コンテント「content」

中に含まれているもの、という意味合いを持つ英単語。主に複数形の「contents」の形をとり、「中身」や「内容」などの意味で用いられる。内容を示した一覧という点から「目次」の意味もある。日本語のカタカナ表記では複数形の「contents」を音写した「コンテンツ」の表記が一般的に用いられる。また、「content」と単数形で用いる場合は不可算名詞で「要旨」や「容量」といった意味で用いられる。

デコンストラクション「deconstruction」ディコンストラクション

既存の体系や枠組みを解体し、新たに構築し直すこと。破壊し解体した枠組みの中から要素を取り出し直して新たな枠組みを構築すること。

デコンストラクションは、もともとは20世紀の哲学者ジャック・デリダ(Jacques Derrida)が哲学的思考の営みとして掲げた用語である。哲学用語としては「脱構築」が定訳となっている。カタカナ表記における「デコンストラクション」は、ビジネス戦略における変革の試みを指す語として用いられることが多い。

2015年3月25日水曜日

オンデンザメ「Pacific Sleeper Shark」隠田鮫,Somniosus pacificus

ツノザメ目に分類される大型のサメ。成体は体長3~4メートルほどに成長する。ややずんぐりとした体型。太平洋の北側に棲息し、深海性。漁船が捕獲することはままあるが、飼育された例はこれまでなかった。2015年に沼津港深海水族館が2メートル未満の生きた個体の展示を開始した。生きたオンデンザメの展示は世界でも他に例がないという。

保活【ほかつ】

児童保育にかんする活動、特に自分の子供を保育所に入所させるための一連の活動の通称。待機児童の増加が深刻化しつつある状況を背景とし、「就活」や「婚活」をもじった形で登場したキーワード。

2015年3月24日火曜日

クズ鉄【クズてつ】くず鉄,屑鉄

(1)使えない、役立たずの鉄。金属加工の過程において生じる切り屑、あるいは、利用不能なほど損壊した鉄製品などを指す語。鉄屑、スクラップなどとも言う。
(2)鉄道マニア(「鉄」)のうち、モラルに欠けた自己中心的な振る舞いによって周囲に迷惑をかけるタイプの鉄を意味する俗な呼び名。人間のクズと表現しうる鉄。ベストポジションを得たいがために列車の運行や乗客の安全を脅かす撮り鉄などがおり非難の対象となっている。

バリ鉄【バリてつ】

鉄道マニアの中でもとりわけマニアックな者を指す俗な呼称。知識が豊富、活動が旺盛といったニュアンスがある。

バリ鉄の語は「バリバリの鉄」を略した語と説明されるが、いわゆる(博多ラーメンの)「バリカタ」のような強調表現にも相通じる語といえる。

我が軍【わがぐん】わが軍

自分が所属する軍団、自国の軍隊、などの意味の表現。

2015年3月23日月曜日

おわハラ,オワハラ,終わハラ

新卒生の就職活動において企業側から就活を終わらせるようにと促されること、内定を出す代わりに確実に入社するするようにと要求すること。「就活終われハラスメント」の略。

小学館「NEWSポストセブン」の2015年3月22日付オンライン版記事などが最新の就活キーワードのひとつとして「おわハラ」を挙げ、その実態を紹介している。

製品特性【せいひんとくせい】「product characteristics」

製品がそれぞれ持っている、特有の性質、特徴的な性質のこと。