2014年4月23日水曜日

サバゲ

「サバイバルゲーム」の略。主に、エアガンを使用して野外で行われる銃撃戦を模した遊びを指す。あるいは「生き残りを賭けた争い」といった意味合いで用いられる場合もある。

ホテイエソ

ワニトカゲギス目に分類される深海魚。真っ黒い体、突き出た下顎、鋭い歯、および発光器官のついたヒゲなどを特徴とする。太平洋の水深数百メートル程度の深さに生息しており、その生態はよくわかっていないとされる。

2014年4月22日火曜日

クリパ

クリスマスパーティー「Christmas party」を省略した語。

増備【ぞうび】

設備を増やすこと、特に鉄道関連では車両を増やすために購入することなども意味する語。

再履【さいり】

「最履修」の略で、主に大学などで一度取得できなかった単位を再び履修すること。

仕事を選ばない【しごとをえらばない】

仕事のオファーが来れば、どのような内容でも引き受けてしまうさまを意味する語。

粘投【ねんとう】

野球において「粘り強い投球」「幾度ものピンチをしのぎつつ奮闘を見せたピッチング」といった意味で用いられる表現。

巡礼【じゅんれい】

宗教上重要と見なされる土地や建造物のある場所を、信者が訪ねることを意味する語。転じて、アニメやドラマなど創作物で取り上げられた土地をファンが訪ねることをも意味することがある。

聖地巡礼【せいちじゅんれい】

宗教上神聖と見なされる土地や建造物のある場所を、信者が訪ねることを意味する語。転じて、アニメやドラマなど創作物で取り上げられた土地をファンが訪ねることをも意味することがある。

巡礼地【じゅんれいち】

宗教上神聖と見なされる土地や建造物のある場所を意味する語。転じて、アニメやドラマなど創作物で取り上げられた土地であり、頻繁にファンが訪ねる土地をも意味することがある。

メタい

主に物語の登場人物が読者の視点で発言するなど、「メタ」要素が存在するさまを形容する語。名詞である「メタ」を形容詞化した造語である。

メタ

ある事象に対しての高次の視点や立場を意味する語。例えば自己に対する自身の認知を、更に高次の視点から俯瞰して認知することを「メタ認知」と呼んだり、ある物語の登場人物が読者の視点で語ることを「メタ発言」と呼ぶ。